一緒に働く仲間を募集しています!

TOでは空間のデザイン設計及びそれに関わる業務スタッフを募集しています。デザイン設計+学びたいこと、吸収したいことがある人に来ていただけたら嬉しいです。在宅勤務がベースで、出社、在宅オンライン勤務どちらでも可能です。

求人情報の詳細はこちら
店舗設計・運営に関する補助金飲食店のデザイン

【これが知りたかった】飲食店の開業資金の平均相場はどれくらい?店舗デザイン会社が徹底解説します。

イタリアンの飲食店の店舗デザイン事例 店舗設計・運営に関する補助金
この記事は約7分で読めます。

飲食店を開業するためには、どれくらいの資金が必要なのでしょう?店舗貸借費や工事内装費、調理機器などのさまざまな資金が必要となります。

本記事は、飲食店の開業資金の平均相場について徹底解説します。店舗デザイン設計の経験を活かし、開業資金の調達方法やコスト削減のコツなども解説し、これから開業される方々の手助けになれれば幸いです。

また、私たち株式会社TO(ティーオー)は、お客様に寄り添い続けるパートナーとしてデザイン設計を行っています。お店の構想段階からご相談に乗り、持続可能なお店づくりをサポートしていきますので、お気軽にご相談ください。

飲食店の開業資金の平均相場

2021年度の開業資金

日本政策金融公庫という金融機関が新規開業実態調査しており、2021年度の調査結果を発表しました。調査結果によると、平均開業資金は941万円になっており、開業時の平均資金調達額は1,177万円でした。どちらも過去最少額とされており、開業に必要な額は減っているため比較的開業しやすくなっていると言えるでしょう。

また、資金調達の平均金額として、自己資金が282万円、金融機関からの融資が803万円となっています。詳細については、日本政策金融公庫の2021年度新規開業実態調査を下記リンクからご参照ください。

参考:日本政策金融公庫2021年度新規開業実態調査

飲食店開業資金の内訳

飲食店開業資金の内訳

飲食店開業資金の基本的な内訳に関しては、日本政策金融公庫が2012年に発表している「創業の手引き+」が紹介しています。内訳として全体の約40%が「内外装工事費」、約20%が「機械・什器・備品費」、約20%が「運転資金」、約17%が「テナント貸借費」となっています。

しかし、テナント貸借費のうち、敷金や礼金によって割合はかなり変動するでしょう。その中でも「保証金」は高額となっており、管理会社によって異なりますが、相場として家賃の6~10ヶ月分必要とされるので事前の確認が必要です。詳細については日本政策金融公庫の「創業の手引き+」を下記リンクからご参照ください。

参考:日本政策金融公庫|創業の手引き+

資金調達方法は3種類

飲食店の開業資金の調達方法をご紹介します。

  • 親族や友人から借りる
  • 日本政策金融公庫から融資を受ける
  • 補助金や助成金を活用する

飲食店に限らず開業するためには、必ず必要となるのが資金です。今回ご紹介する3つの方法を参考に、資金調達計画を立ててみてください。

親族や友人から借りる

飲食店の開業資金調達の1つとして親族や友人から借りる方法です。金融機関と違い、審査が必要ないため、親族や友人からの方が借りやすいといえるでしょう。この際、いつまでに返すかなど詳しく決めましょう。場合によっては公的な書類を作成するとより安心です。ただし、親族や友人から借りる場合は、あまり高金額を借りることは難しいため、他の資金調達と一緒に行う必要があります。

日本政策金融公庫から融資を受ける

日本政策金融公庫は、飲食店の開業資金の一部を融資する制度を行っています。「新規開業資金」や「女性、若者/シニア起業家支援資金」など、さまざまな種類の融資制度を行っています。また、融資制度の種類によって融資限度額や利用できる権利などがそれぞれ異なるため、自分に当てはまる融資を受けましょう。日本政策金融公庫の融資制度については、下記のリンクからご参照ください。

参考:日本政策金融公庫|融資制度

補助金や助成金を活用する

補助金や助成金を活用する方法も、開業資金を集める1つの方法です。補助金や助成金は、各自治体によってサービスが異なり、条件やもらえる限度額が異なります。例えば、名古屋市であれば「名古屋市スタートアップ企業支援補助金」が利用でき、補助退職経費の3分の1で最大100万円の補助が得られます。

名古屋市での新事業や中小企業限定などの条件がありますが、個人事業での受付も行っているため、比較的申請は行いやすいです。しかし、厳正な審査が行われ、申請が通ってから一定期間にしてからの需給となるため注意が必要です。

また、TO(ティーオー)では、補助金や助成金申請サポートも行っています。補助金や助成金についてや取得方法などの疑問やご相談がありましたら、お気軽にご連絡ください。補助金取得の流れや過去の採択事例に関してはこちらのページをご参照ください。

開業資金を抑える3つのコツ

開業資金を抑える3つのコツ

ここでは、開業資金を抑えるコツをご紹介します。

  • 家賃交渉を行う
  • ランニングコストを見直す
  • 事業計画を見直す

さまざまな開業資金を抑えるコツがありますが、その中でも比較的にコストを抑えやすい3つをご紹介します。

家賃の交渉を行う

飲食店を経営するうえで、店舗の家賃は毎月必要となります。もし家賃を抑えられると、毎月の出費を抑えられ、経営の負担が大幅に減らせます。抑えるためには、物件のオーナーに交渉してみましょう。家賃の前払いや長期間の契約などで、物件オーナーの信頼を得て家賃交渉を行いましょう。

ランニングコストを見直す

ランニングコストは、事業を経営する際に資金を抑えやすい部分です。ランニングコストとは、水道代や光熱費、人件費などの毎月に固定で出費が決まっているコストを指します。ランニングコストを削減する方法として、契約している電気やガスなどのそれぞれの会社を安い会社に変更するなどがあります。また、人件費の場合はシフトや給料の見直しを行ったりしてみると良いでしょう。

事業計画見直す

飲食店の開業資金を抑えるためには、事業計画を見直しましょう。開業する際に適切な事業計画ができていなければ、開業時の出費が多くなってしまいます。一通り事業計画書ができたら、削減できる部分と必要な部分を再確認をおすすめします。

また、自分では分からない場合は、信頼できる第3者に見てもらうのも良いでしょう。TOでは、お店作りの構想段階からご相談を受け付けています。事業計画や資金計画について、お客様に寄り添ったサポートを行っています。もし、飲食店開業についてご相談がありましたら、お気軽にご相談ください。

飲食店開業までの4ステップ

飲食店開業までの4ステップ

飲食店開業までの流れを4ステップに分けてご紹介します。

  1. 事業計画や必要資金を確定させる
  2. 資金を調達する
  3. 物件を探す
  4. 資格を取得する

これからご紹介する4つのステップは、最低限飲食店の開業に必要な準備の流れです。備品の準備や労働者の雇用などもあれば合わせて行いましょう。

コンセプトや必要資金を確定させる

まず飲食店を開業するには、コンセプトと必要資金を確定させましょう。事業計画は飲食事業を経営する際の基盤となります。事業計画に沿って必要資金が決まるため、明確で現実的な計画を設定する必要があります。また、補助金や助成金の融資を受けるには、事業計画書が必要となります。内容によっては、融資を断られる場合があるため、適切な事業計画を立てましょう。

資金を調達する

事業計画と必要資金を決めたら、資金の調達を行います。良いアイディアの事業計画ができても、資金を調達できなければ事業を開始できません。資金調達の相場は、約1,000万円以上とされています。資金調達方法は、さきほどご紹介したように主に3つの方法がおすすめです。特に補助金や助成金は、開業する自治体によって異なるため、最新の情報を事前の確認をしておきましょう。

物件を探す

資金を調達できたら、開業するための物件を探しましょう。物件を探す際に重要となるのが、事業計画に沿った物件を決められるかです。営業時間内で何時ごろが一番通行人が多いか、ターゲットの客層がどれくらい集まっているか、などを考えながら決めましょう。

資格を取得する

飲食店を開業するためには、資格の取得が必要です。飲食店を経営するには、主に「食品衛生責任者」と「防火管理者」の2つの資格の取得が必要となります。食品衛生責任者は、食品衛生法に基づき、全ての飲食店に必要となります。各都道府県にある食品衛生協会の1日の講習会で取得が可能です。

防火管理者は、従業員も含めた30名以上の収容数の飲食店を開業するために必要となります。甲種と乙種に分かれますが、開業する物件の広さによって変わるため、物件面積をオーナーに確認しておきましょう。ちなみに、業種によっては他にも取得しておいた方が良い資格があるため、あらかじめの確認をおすすめします。

資金を集めて飲食店を開業しよう

飲食店を開業しよう

飲食店の経営を始めるには、内外装工事費やテナント貸借費として開業資金が必要です。本記事では、開業資金の調達方法やコスト削減のコツなどを解説していきました。資金調達には、日本政策金融公庫の融資制度などもありますが、自己資金も必要となるため少しずつ計画を立てて貯めて開業に繋げましょう。

株式会社TO(ティーオー)は、店舗デザイン設計を行っています。飲食店の店舗デザインはもちろん、事業計画や資金調達のお手伝いも行っているため、お気軽なご相談お待ちしております。

私たちが選ばれている強みについては、下記のリンクにありますので、ぜひそちらも一緒にご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました