【徹底解説】バーの内装デザインの重要ポイント!オシャレな内装にして集客を増やしましょう!

愛知県のワインバー・酒バーのデザイン 店舗内装デザイン設計のポイント
「独立してバーを開業したいけど、内装デザインはどうやって決めればいいんだろう」
「バーの内装デザインで、抑えておくべきポイントはあるのかな」

雰囲気作りを失敗してしまうと、新規のお客さまが増えない、リピーターに繋がらない、なんてこともありえます。

そこで、この記事では、バーの内装デザインを決める際の重要ポイントを解説していきます。ぜひ最後までお読みください。

バーのコンセプトを明確化する

バーのコンセプト

バーの内装デザインを決める際、まず初めに、バーのコンセプトを決めましょう。バーのコンセプトを明確化することで、スムーズに内装デザインを決めることができます。

コンセプト決めは、内装デザインを決める柱になるため、細かく具体的に決めてください。

ターゲット層を決める

バーの内装デザイン

バーのコンセプトを決める上で、一番重要なのは、ターゲットとする客層を決めること。ターゲットの層を明確にすることで、どのようなバーにするか、どのような内装にすべきかが決まります。

例えば、ターゲットをハイクラスの人にする場合、店舗に高級感のある、落ち着いた雰囲気を作り出す内装デザインにするなどです。

ターゲットの層を決めることは、内装デザインの方向性を決めるため、コンセプトを決める最初の段階で決めましょう。

バーの種類を決める

バーの種類を決めることも、コンセプトを考える中で決めなければならないポイント。バーといっても、さまざまな種類があるため、ターゲットの層に合ったバーにすることを意識しましょう。

代表的なバーの種類は、以下の7つです。

オーセンティックバー
多くの人がイメージする本格的なバー。熟練の技術を持ったバーテンダーが、お酒を提供する場合が多いです
ショットバー
→ボトル単位ではなく、1杯ずつ注文するのが、ショットバーの特徴。滞在時間が短いため、回転率で勝負する必要があります。
ダイニングバー
カジュアルテイストのバーで、お酒だけでなく、食事の種類も豊富なのが特徴。調理が必要になるため、キッチンの内装も細かく決める必要があります。
ミュージックバー
ロックやジャズ、ピアノなど特定の音楽ジャンルに特化した空間を作り出すのが、ミュージックバー。スタッフとお客さまが好きな音楽ジャンルで盛り上がれるため、リピーター客がつきやすいです。
スタンディングバー
他のバーと違い、立ち飲みでお酒を嗜むスタイルのバーです。回転率重視になるため、価格設定を他のバーより安くするなど、工夫が必要です。
アミューズメントバー
ダーツやビリヤード、ボードゲームなどをお酒と一緒に楽しむことができるバー。長期滞在になる場合が多いため、お酒を多く頼んでもらえるよう、工夫を凝らすことが重要です。
スポーツバー
野球やサッカーなどのスポーツ見ながら、お酒を楽しむスタイルのバー。チームに特化したバーにすると、リピーターがつきやすいです。

提供する価格帯

内装デザインを決める前に、提供するお酒や料理の価格帯を、ある程度決めておくことも必要です。内装デザインの雰囲気と価格帯があっていないと、怪しいバーのイメージになってしまい、集客が上手くいかない場合があります。

例えば、バーがカジュアル感のある内装にもかかわらず、価格帯が高い場合、新規のお客さまは、不安感や不信感を抱いてしまいます。新規のお客さまに不安を抱かさないためにも、価格帯と内装デザインは必ず一致させましょう。

バーの内装デザインで重要なポイント

バー内装のポイント

バーの内装デザインで重要視すべきポイントは以下3つです。

  1. カウンター
  2. バックバー
  3. 照明

3つのポイントが、バーのオシャレさを左右すると言っても過言ではありません。バーのコンセプトに、内装デザインで重要な3つのポイントを加えることで、集客が見込めるオシャレなバーを作ることができます。

①バーのカウンター

カウンターの高さ

カウンターは、高さと素材の2つをこだわる必要があります。ターゲットの層やバーの種類に合わせ、カウンターの高さと素材を変えるといいでしょう。2つのポイントをこだわることで、バーの内装デザインのランクがグッと上がります。

カウンターの高さ

カウンターの高さは大きく分けて3つ。「ハイカウンター」「ミドルカウンター」「ローカウンター」です。それぞれ以下の特徴を持っています。

  • ハイカウンター
    メリット→お客さまとスタッフの目線が一緒。
    デメリット→長時間座ったり、喫食にはあまり適さない。
  • ミドルカウンター
    メリット→喫食もできる、カジュアルな雰囲気に適している
    デメリット→対応しているイスの種類が少ない(オーダメイドが必要な場合も)
  • ローカウンター
    メリット→足が床につくため座り心地が良い。年配の方でも安心して過ごせる
    デメリット→スタッフがお客さまを見下ろす高さになるので工夫が必要

バーのコンセプトに合ったカウンターの高さを選びましょう

バックバー

バックバーのポイント

バーの内装デザインを決める上で、カウンターと同等に重要なポイントがバックバー。カウンターと同様に、バーの柱となる部分です。バックバーを作る際、2つのポイントを抑えておきましょう。

見栄えを意識

バーでお客さまの視界にインパクトを残すなら、バックバーの見栄えを意識しましょう。バックバーの見栄えをよくするには「棚にこだわる」「ボトルの並べ方」がポイントになります。

棚は、カウンターと素材や色を合わせるといいでしょう。統一感が生まれ、高級感やオシャレ度が増します。ボトルの並べ方は、メーカーの種類ごとに、適切な間隔を取って並べてみてください。

お店の印象に関わる部分なので、手を抜かず取り組みましょう。

機能性を意識

見栄えに加えて、意識すべきは機能性の意識です。お客さまの注文に対して、即座に対応できる位置にボトルを配置しましょう。

見栄えを気にしすぎて、取りにくい位置にボトルを配置してしまうと、お客さまに提供する時間が遅くなります。

また、スタッフもストレスを抱きやすくなります。お客さまとスタッフの双方が、快適になる空間を作るために、バックバーの機能性を考え、ボトルの配置をしてください。

照明

照明は、お客さまの居心地を左右するポイントです。バーの内装デザインで考えるべきは、照明の「明るさ」と「色」の2つになります。

落ち着いた雰囲気のバーであれば、明るさを抑えめにして、電球色(オレンジががった色味)を使用するといいでしょう。

音楽やスポーツバーなどの場合は、照明を少し明るめにし、LEDなどを用いるといいでしょう。バーのコンセプトに合わせて、照明の明るさと色を調整してみてください。

まとめ

バーの店舗デザイン

この記事では、バーの内装デザインを決める際の重要ポイントを解説してきました。この記事の重要ポイントは以下です。

  • バーの内装デザインを決める際はコンセプトを事前に決めておく
  • バーのカウンターは、高さと素材をコンセプトに合わせて決める
  • バーのカウンターの素材は、お店の雰囲気を変える
  • バックバーは「見栄え」と「機能性」に焦点を当てて作る
  • 照明は「明るさ」と「色」をバーの種類に合わせて使い分ける

バーの内装デザインは、コンセプトを明確にしてから決めることが重要です。上記のポイント抑えて、オシャレな内装デザインを作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました