店舗の内装工事は複数見積もりをするべき?相見積もりをする時に気をつけるポイント3選

デザイン事務所に相見積もりをする時に気をつけること 店舗テナント契約時のポイント

店舗の内装工事をお願いするときは、どの業者に頼んだらいいのか迷いますよね?

まずは工事業者に見積もりをお願いすると思いますが、複数の業者に依頼する「相見積もり」はどうなのでしょうか?

複数業者にお願いするときはどのような点に気を付けたらいいのか、この記事で解説していきますので参考にしていただければ幸いです。

相見積もりとはどういうもの?

合い見積もりとは

業者に工事をお願いするときに使われるのが相見積もりです。相見積もりとは、複数の業者に同様の内容で見積もりを取り比較する手段のこと

相見積もりはよく使われる見積もり手段で「あいみつ」という名称で呼ばれています。初めて店舗を構える方は、相見積もりのメリット・デメリットも把握しておくと便利です。

相見積もりを使うメリット

相見積もりのメリットは内装工事費の相場がわかりやすいことです。同一要件で見積もりを出してもらうため比較しやすいのが特徴。また費用面だけでなく業者の接客態度も同時に比較できるのも大きな利点です。

相見積もりを使うデメリット

相見積もりのデメリットは注文する業者によっては不信感を感じてしまう業者が出ることです。相見積もりはあくまでも見積もり。書類上だけで判断されることに難色を示す業者にあたる可能性があります。

内装工事で相見積もりを注文するときの注意点3選

内装解体工事の合い見積もり

相見積もりのメリット・デメリットを踏まえて、内装工事でお願いするときの注意するポイントを3つ紹介します。

※相見積もりは単に見積もりをお願いすればいいというものではありません。ルールやマナーを守って依頼しましょう。

相見積もりは同一要件でお願いする

相見積もりのルールとして、どの業者にも同一要件でお願いしなければいけません。同一要件でお願いしなければ比較することが難しくなります。

相見積もりの目的は各業者の比較です。店舗の開店時期や予算、納期などもしっかり伝えて見積もりを出してもらいましょう。

相見積もりはマナーに注意する

店舗コンセプト

相見積もりのデメリットでも説明しましたが、業者によっては相見積もりをよく思っていないところもあります。

業者にお願いするときは必ず相見積もりだということを伝えましょう。相見積もりだということを伝えず見積もり依頼すると、トラブルも起こりがちです。譲れない要件があれば、それも伝えておくとベスト。

相見積もりは複数業者に依頼する手段ですが、たくさんの業者にお願いすればいいという訳ではありません。

あまり多いと比較するのも大変ですし、これから説明する断りの連絡も労力がかかります。依頼業者の目安は3社ぐらいにとどめておくと良いでしょう。

相見積もりの断り方も知っておく

相見積もりは複数業者に依頼しているため、選んだ業者以外は断りの連絡を入れなければいけません。

まれに断りの連絡を怠る方がいらっしゃいますが、これはマナー違反。業者も相見積もりということをわかって見積もりしてくれてますので、丁寧な対応を心がけてください。

先ほどたくさんの業者にお願いしない方がいいと説明したのは、断りの連絡が大変になるからです。

内装工事の相見積もりでチェックする項目

内装工事の合い見積もり

相見積もりは各業者の比較ができます。費用ばかりに注目してしまいがちですが、ほかにもチェックするべき項目があるので、そちらも合わせてチェックしてみてください。

納期

希望する納期内に作業が終わるよう見積もられているか確認しましょう。費用も大切ですが、店舗を開業するにあたって納期は譲れません。

接客

見積もりをお願いするとき、意外に気にしていないのが業者の接客態度です。相見積もりの業者から正式に依頼すると、何度も打ち合わせや立ち会いなど密な連絡が必要になります。

接客態度の悪い業者に依頼すると、今後の工程も不安になりますよね。トラブルの原因にもなりかねませんので、相見積もりするときは接客態度も視野に入れておきましょう。

まとめ

業者とトラブルにならないために

内装工事の見積もりを依頼するとき、相見積もりと伝えず複数業者にお願いすることがあると思いますがこれは要注意。お互いの関係を良い状態に保つためにも、必ず相見積もりであることを伝えましょう。

見積もりが提出されたら費用以外にもチェックするポイントがあります。総合的に判断して最良の業者を見つけてみてください。

タイトルとURLをコピーしました