【新規顧客爆増】入りやすいお店の特徴3選!ここだけは抑えておきたい!というポイントをまとめました。

名古屋の繁盛店の焼鳥屋 店舗外装デザイン設計のポイント

通行人などの流動客や、見込み客など、新規のお客様を増やすためには、まずは入りやすい店であることが重要です。そこで今回は、入りやすいお店の特徴のなかでも、ここだけは抑えておきたい!という代表的なポイントをご紹介します。

目的客と流動客
ただし、店舗の外観デザインは、店舗のターゲット設定に非常にかかわってきます。目的客をターゲットとする店舗と、流動客をターゲットとする店舗で外観の作り方や看板の出し方が変わります。今回は、流動客をターゲットとする店舗の外観およびサインなどについてお話ししたいと思います。

初めてのお店に対して入りにくいと感じる要因

入りやすいお店を考える前に、まずは、お客様がお店に対して入りにくいと感じる要因をみてみましょう。その要因の多くは、以下に当てはまるお店だと言われています。

・価格帯がわからないお店
・高級そうなお店
・清潔感がなさそうなお店
・店内の様子がよくわからないお店
・常連客が多そうなお店

ただし、中には、少し小汚いお店でも味が良くて人気だったり、あえて店内を分かりにくくして非日常が味わえるお店や常連さんで常ににぎわうお店などもたくさんあります。

一概にも上記の特徴を避けたほうが良いとは言いきれませんが、なにか特別なコンセプトがない場合は、まずは上記のようなお店になることを避けたほうがよいでしょう。

初めてでも入りやすいお店の条件と特徴

先ほど上げた要因のうち、価格帯と店内の様子は情報を開示することで解決します。高級そうや常連客が多そうはお店に親近感を持ってもらえるかどうかで変わります。

清潔感については、常に店舗を清潔にしておくことが必要です。つまり、以下の3つが入りやすいお店の条件になると言えるでしょう。

・情報を開示する
・親近感を持ってもらう
・清潔感がある

お店の商品や価格の情報開示がされている

入りやすいお店の特徴

まずは、通りかかった人に認識してもらえるような看板や外観であるかがポイントです。看板などで商品や価格を積極的に紹介しましょう。お店の商品やサービス、価格帯を提示することで一気に入りやすいお店になります。

ここで大切なのは、すべての商品と価格を紹介する必要はありません。お店の定番商品の価格がわかれば、それ以外の商品の価格についてもイメージできるので大丈夫です。

お店の入口と看板

特に情報の開示の点では、お店の入り口や看板、ブラックボード、のれん、電子看板などのディスプレイを使った告知がよく用いられます。

ここで注意いただきたいことが、時間帯によって人の流れが変わる場合には、その時間によって掲示する内容や向きを変えることも大切です。さらに、ディスプレイの文字を通る人の目線の高さに合わせることで、より高いPR効果を発揮しています。

また、ビルの中にあり、階段を上って入る店舗などは、誘導看板を使用しましょう。「入口はこちら」などと書かれた矢印付き看板などをうまく活用して入口を分かりやすくしましょう。

通りすがりの人たちがお店を見るのは一瞬ですので、お店の情報をシンプルに伝えられるように心がけましょう。

お店に対する親近感がある

外から店内が見えるデザイン

どのようなポイントに気を付けると、親近感を持ってもらえるでしょうか。3つの項目に分けて紹介します。

お店のドア

お客様がお店の出入りに必ず通るドアは、明るさや温かみを感じられるデザインにすると親近感が湧いて良いです。木やガラスを使った明るく温かな印象のドアをおすすめします。

お店の照明

お店の雰囲気に合わせて、照明の色や明るさを調節するなどの工夫でも親近感が得られます。照明の色や明るさ、ダウンライトなどを効果的に使用しましょう。

外から店内が見えるデザイン

よく窓際の席からお客様をご案内するのは、外から見て店内がにぎわっているか、繁盛しているかなどを視覚に訴えることができるからです。

路面側がガラス張りであったり、お店に窓がある場合などは、店内の活気や人の様子が見られるように演出するのも効果的です。外から店内の様子がわかると、先ほど紹介した、商品などのお客様が知りたい情報を開示することにもつながります。

外から店内を見てもらうために、ガラスを多く用いることで入りやすさを演出する方法がよく用いられます。ガラスを用いたデザインについては詳しくはこちらをご参照ください。
ガラスを用いた店舗デザインで個性を出しましょう!店舗に使われるガラスの種類を徹底解説!

親近感のある店員

店舗デザインから少し離れますが、今まで紹介した以外にも、接客で親近感を持ってもらうこともできます。お店の雰囲気に合わせて、明るい接客、フランクな接客、落ち着いた接客などで親近感を持ってもらいましょう。

店頭でメニューを見ているお客様がいたら、一声お声がけすることもお店に入ってもらえるきっかけになりますので、とても大切です。

お店に清潔感がある

清潔感があるお店のデザイン

まずは、掃除を欠かさないことです。入り口付近や店内にゴミが落ちていると、店の印象は悪くなります。お店の外壁の塗装がはげていたり、汚れていたり、落書きなども印象を下げてしまいます。

開店前や閉店後だけでなく、隙間時間を利用して点検しこまめに掃除をしましょう。清潔なお手洗いもお店の好感度があがるポイントの1つです。

また、ドアやマット、テーブルや椅子などの汚れや破損もチェックしましょう。さらに、通路には余計なものは置かず、通行の邪魔にならないように気を付けましょう。お店の中がきれいに整頓されているだけで、清潔感がぐっと増します。

入りやすいお店作りで気を付けること

入りやすいお店作り

入りやすいお店の特徴についてご紹介しましたが、最後は入りやすいお店作りで気を付けておきたいポイントを紹介します。

お客様の目線に合わせた店舗作り

入りやすいお店を考える時には、外観、内装、メニューなどすべでお客様の目線になって考えることが大切です。経営者の好みや感性だけで決めてしまい、お客様がついてこれないというケースがあります。

店主のこだわりが他店舗との差別化になることは大いにありますが、お店の様子やメニューを見てから入ろうと決めるお客様はたくさんいます。

お客様の目線を意識した方が、様々な面で集客効果に繋がりやすいです。そのため、お客様の立場で一歩引いてみて最終的なお店のデザインやメニューなどを決めていきましょう。

この時、お店を利用するのは男性なのか女性なのか、1人なのかグループなのか、どのようなシチュエーションで利用してくれるのかなど、ターゲットを考えることでより良いお店作りができます。

他店舗と比較する

また、近くの競合店舗と比較してみることも大切です。新規のお客様を増やすには、まず注目を集めなければなりません。そのためには、近隣に店舗がある中でも自分の店舗に存在感がある必要があります。

いくら内装のデザインやメニューにこだわっても、それが他店舗と同じようなものであれば意味がありません。自分の店舗は単独で考えるのではなく、近隣の店舗や景観も考慮に入れながら、お客様からどのように見えるのかを意識して考えることが大切です。

まとめ

入りやすい店の条件

繰り返しとなりますが、入りやすいお店の特徴は、

・商品や価格などの情報がわかりやすく示されているお店
・親近感が持てるお店
・清潔感があるお店

の3点です。具体的には、店の入口に看板を設置したり、暖かい色味の照明にしてみたり、お店の店内だけでなく外の周りも綺麗にしておくことなどが効果的です。

株式会社TOは店舗デザインに自身のある建築デザイン会社です。新規客を増やしたいとお悩みの方は、ぜひお気軽にお問い合わせいただけますと幸いです。

新規顧客を増やすだけではなく、お店を気に入ってもらいリピーターになっていただくことも非常に重要です。こちらの記事も合わせてぜひご参照ください。
店舗の雰囲気を決めるポイント5選!店舗デザインで理想の雰囲気に近づけていきましょう
店舗外装デザイン設計のポイント
私たち株式会社TOについて

株式会社TOは、愛知県名古屋市に拠点を構えるデザイン設計事務所です。主に店舗やオフィスなど、商業施設の空間デザインを承っております。

当社は企画から施工までを一貫して請け負うことができる建築設計事務所です。施工については、私たちの信頼するパートナー企業や他の施工会社に責任を持って発注代行いたします。

デザイン設計事業だけではなく、店舗の開業や出店に関するご相談もお受けしております。ご相談は無料で対応させていただいておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

経験豊富で情熱あふれるデザイナーが、誰よりもお客様に寄り添ったお仕事をお約束します。

名古屋市の建築デザイン設計事務所株式会社TOのスタッフブログ
タイトルとURLをコピーしました