店舗テナント契約時のポイント店舗内装デザイン設計のポイント店舗外装デザイン設計のポイント建築デザイン設計事務所の選び方建築工事の基礎知識

店舗設計の流れを徹底解説!設計事務所選びからアフターフォローまでの基本的な流れをわかりやすく解説します。

店舗の壁紙選び 店舗テナント契約時のポイント
この記事は約4分で読めます。

初めて店舗設計をする場合、どのような流れでどのくらい時間がかかるのでしょうか。わからないことがたくさんあると思います。今回は設計と施工を分離発注する場合の設計事務所選びから店舗が完成したあとのアフターフォローまでの一連の流れとして解説していきます。

また、店舗テナント契約の流れに関してはこちらの記事で詳しく解説しています。ぜひこちらも合わせてご参照ください。

店舗設計の流れ

1.デザイン設計事務所選び・相談

店舗設計の流れ

まずはデザイン設計事務所に相談することから始めましょう。たくさんのデザイン設計事務所がある中で、いきなり1つに決めるのは難しいことです。設計事務所にはそれぞれ得意な分野がありますし、デザインや金額的な面など専門の人に話していくことで具体的に決まっていくこともあります。

それぞれの要望や店舗のコンセプト、どんなお店にしていきたいのかを相談しながら最適なプランを作っていきましょう。すでに物件や出店場所が決まっている場合には、相談の際に資料があるとスムーズです。

もちろん、私たち株式会社TOにぜひお気軽にご相談ください。店舗開業の最初期段階の、事業計画作成、物件選びから資金調達まで幅広く施主をサポートさせていたくパートナーとして関わらせていただいております。

私たちの手掛けた店舗デザインに関しましてはこちらの一覧ページをご参照ください。気になるデザインがございましたら、お気軽にお問い合わせください

2.現地調査

現地調査

相談を重ねて、合意したあとは、設計事務所所属のデザイナーと一緒に、購入予定の物件を実際に見て状況を確認します。現地調査では、排水設備や配線の状況、寸法なども細かく調べます。また、店舗の立地や周辺の状況も一緒に確認していきます。物件は今後の店舗運営を大きく左右する要素のため、入念に、妥協せずに選ぶことが重要です。

3.契約

重要事項説明と設計の契約

物件が決まったあとは、重要事項の説明を経て、設計事務所と正式に契約を行います。重要事項説明は、建築士法第24条で設計事務所に義務付けられているものです。具体的には、受託業務の内容や設計報酬についてをここで決めます。

4.設計・プランニング

プランニング

設計事務所のデザイナーは、現地調査の内容と施主の要望を踏まえて、設計・プランニングを行います。店鋪のコンセプトからレイアウトを細かく決めていき、内装や外装の素材も決めていきます。出来上がった内容をもとにCGパースを使い、より具体的な案を作成します。

“パース“とは、建築物などを立体的に表現した図のことです。住宅や商業施設、工業製品などの完成イメージを、簡単に共有できるように作成します。
“CGパース“は、パソコンソフトを使い、床や壁などの素材や質感も再現できます。建築のプロでない人ともより店舗の完成イメージを明確に共有することが可能になります。

5.施工会社に見積もり

見積り

完成した図面をもとに、デザイナーは施工会社に見積りを出します。見積もりの内容を施主に共有し、施工会社が決定した後は、施主、デザイナー、施工業者の3者にて、工事費の調整を行います。なお、工事請負契約は、施主と施工業者の間で交わされます。デザイン事務所は監理者として立会をいたします。

6.着工準備

着工準備

工事費の調整が完了したあとは、工事日程を組んでいきます。その工事日程に基づき、工事の準備をはじめます。着工後にスケジュールが変わることが無いように、着工前に、施主、デザイン事務所、施工会社の3者で入念に打ち合わせを行っていきます。そのほか、近所のあいさつ回りや地鎮祭なども行います。

7.着工→施工

竣工

事前準備を終えたあとは、いよいよ着工です。工事中(施工中)は、決められた日程通りに工事が進んでいるか、計画した設計図通りにできているかなどを確認しながら進めていきます。竣工(完成)までは、店舗の規模にも寄りますが、内装工事のみの場合、約4週間から8週間です。新築の工事の場合は半年程度かかると思っておくと妥当です。

⒏竣工→アフターフォロー

アフターフォロー

工事が完了したあとは、竣工検査を行います。そこで問題なければ、店舗を引き渡し、工事は完了です。プレオープン等で接客オペレーションを調整したのち、いよいよオープンです。

店舗をオープンしたあとも、店舗をより良くするため、定期的に店舗の機能、内装などを見直していきましょう。オープンした店舗を長く続けていくためには、このような店舗完成後のアフタフォローにも、親身に対応してくれるデザイナーを選ぶことも、とても重要です。

ウィズコロナ時代の店舗改装リニューアルや新規出店の記事はこちらでまとめています。ぜひ合わせてご参照ください。

まとめ

店舗設計から店舗を営業できるまでの期間

いかがでしょうか。上記の流れで、店舗設計から店舗を営業できるまでの期間は、最短で2.5ヶ月〜と考えておきましょう。新築の場合は1年かかる場合もあります。余裕をもったスケジュール管理で、物件選びや店舗のデザインなど納得がいくまでしっかりと決めていきましょう。

その他、店舗設計の流れについてわからないことがあれば、私たちTOにお気軽にお問い合わせください。店舗開業時の行政手続きはこちらのカテゴリーで詳しく解説しています。ぜひこちらも合わせてご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました