【店舗開業】店舗デザインで理想の雰囲気のお店を作るコツとは

営業許可証など飲食店の開業で必要な許可 店舗テナント契約時のポイント

これから開業を考えている方は、店舗デザインをどのようにするかは決められましたか?

店舗デザインは、店舗のコンセプトを伝える大切な要素です。店舗の雰囲気を最大限に生かしたデザインに仕上げたいと、頭を悩ませているのではないでしょうか。

店舗デザインを決める上で大切にしたいのが、理想とする雰囲気です。コンセプトが決まっていたら、それに沿ってデザインを決めるといいでしょう。

この記事では、店舗の雰囲気はどのように決めたらいいのか、もっとも基本的な5つのポイントに絞って、わかりやすくシンプルにご紹介します。店舗のコンセプトに合わせながら雰囲気を作り上げてください。

店舗デザインとは

店舗デザインとは何か

簡単に店舗デザインについて説明します。店舗デザインとは、デザイナーが手掛ける店舗の設計のことです。

デザイナーは店舗が希望する雰囲気を出すために、素材や什器のレイアウトなどを設計図に落とし込みます。この設計図を元に施工会社が工事を着工します。

店舗デザインは店舗のコンセプトを取り入れて設計されるため、とても重要な作業です。また周辺の環境や客層なども考慮しているため、こだわったデザインの店舗は集客がうなぎ登りというということも。

店舗デザインを決めるときは入念な打ち合わせをし、想いがデザイナーに伝わるようにしてください。

集客も狙える!店舗の雰囲気を決めるポイント5選

雰囲気のある店舗デザイン

それでは店舗の雰囲気を決めるポイントを順番に紹介します。それぞれのポイントは、どのコンセプトでも応用できるものばかり。店舗のコンセプトに合わせて趣向を凝らしてみてください。

想定する客層を決めておく

店舗の雰囲気を決める上で重要なのが、想定する客層です。若者にたくさん来店してもらいたい、落ち着いたシニア層をターゲットにしないなど、客層によってお客様が求める雰囲気はまったく違います。

店舗デザインを決める前に、客層(ターゲット)を細かく想定してみましょう

外観で全体の雰囲気を出す

店舗デザインは客層を決めることが大切

集客を狙うなら、新規客の目を引くようなデザインにしなければいけません。新規客が真っ先に目にするのは、店舗の外観です。いわば店舗の顔ともいうべき外観は、コンセプトを全面に出す雰囲気を心がけましょう

また、初めて入る店舗は勇気がいるもの。屋外から店内が見えるようなデザインを意識すると、お客様もイメージが湧き入店しやすくなります。

内装は素材や形状をうまく使う

外観と内装で雰囲気がズレているとお客様も落ち着きません。内装でもコンセプトを最大限に生かした雰囲気づくりを徹底しましょう。

内装の雰囲気を大きく左右するのが、素材や形状です

素材は天然素材と人工素材にわかれているため、コンセプトに合わせて素材を使い分けてください。一般的には質感が感じられる天然素材の方がお客様の記憶に残りやすいといわれています。

また形状ですが、直線と曲線にわけて考えるとわかりやすいです。直線の場合はクールでかっこいいイメージに、反対に曲線は柔らかく女性的なイメージに仕上がります。

客席の配置はお客様の目線に配慮する

素材を工夫した店舗デザイン

多くの集客を狙って客席をガチガチに詰めている店舗を見かけますが、これはあまりおすすめできません。客席の感覚が近いとお客様は落ち着けず、再来店につながらない可能性が高くなります。

客席の間隔はゆとりを持たせ、お客様同士の目線が合わないような配置にするのがベスト。合わせてスタッフの移動のしやすさや、ホールから客席が見渡せるような配置にするとより良いでしょう。

インテリア選びは慎重にする

店舗のセンスが光るインテリアは、慎重に選びましょう。店舗デザインと合っていないインテリアを使うと、それだけでイメージダウンになります。

椅子の硬さや高さ、テーブルの素材といった家具も店舗の雰囲気を醸し出してくれます。

まとめ

店舗デザインは、店舗のコンセプトを視覚で伝える唯一の手段です。そのため、デザイナーとの打ち合わせはとても重要です。コンセプトが崩れないよう、店舗デザインで理想の雰囲気を作り上げましょう。

今回の記事では、わかりやすくシンプルに店舗の雰囲気を決める特徴をご紹介しました。店舗デザインでお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました