【徹底解説】入りやすいお店の特徴まとめ ウォークインを増やす入り口と外観を解説します。

内装工事のポイント

飲食店を運営しているあなたは、売上をあげるために「潜在顧客や見込み客の来店を増やす方法はないだろうか」と考えたことが、一度はあるのではないでしょうか。

潜在顧客の来店が増えると、売上があがることはもちろん、多くの人にお店の良さを知ってもらうことができます。そこで、今回は、入りやすいお店の特徴を紹介し、ウォークインの来店を増やす入口と外観を解説していきます。

通行人の注意を引くテクニック

通行人の注意を引くテクニック

ウォークインを増やすためには、まず、通行人の注意をひく必要があります。通行人の注意を引けないと、いくら入りやすいお店を作ったとしても、ウォークインは増えません。

そこで活用すべきなのが、看板や商品サンプル、お得な情報などです。まずは、看板や商品サンプル、お得な情報を使い通行人の注意を引くテクニックから解説していきます。

看板や商品サンプル

看板や商品サンプル

看板や商品サンプルを活用し「うちのお店はこんなことやってますよ」とアピールするのがいいでしょう。「どんなお店なのか」「何を提供しているのか」など、お店の内容がわかる情報を取り入れることで、通行人が興味を持ってくれます。

また、看板の色やデザインを近隣のお店と被らないように工夫し、差をつけることで、通行人の記憶に残りやすくなります。2階以上のお店の場合、路面店と比べて店内が見えづらいため、目立つ看板などを使用し、注目させるのもいいでしょう。

お得な情報

お得な情報

看板と一緒にお得な情報を載せると、集客効果が上がります。例えば「19時まではドリンク半額」などの料金のお得情報や、「美味しい料理を食べたい人しか入ってはいけません」など、人の心理をくすぐる限定的な情報を活用するのも良いでしょう。

ウォークインを増やす上で、考えるべきことは、第一にお店に興味を持ってもらうことです。お得な情報を一時的に提示するなど、通行人にインパクトを与える方法を考えてみてください。

入りやすいお店の特徴とは

入りやすいお店の特徴とは

ウォークインを増やす上で、「通行人の注意を引くことができた」次のステップが、お店の入りやすさです。「入りやすいお店・入りにくいお店」の違いは、飲食店の前を通ったことのある人なら、誰でもイメージできると思います。

その中で、多くの人が入りやすいと感じるお店は、主に清潔感・情報の表示・安心感の3つの特徴を持っています。

清潔感

清潔感のあるお店は、「このお店で料理を食べてみたい」という意欲をかき立てます。お店に清潔感があると、「このお店、雰囲気が良さそうだな」と連想するからです。

例えば、オープン仕立ての飲食店の前を通ると「このお店に行ってみたいな」と思ったことはありませんでしょうか。これは、オープン当初の珍しさもありますが、清潔感のある綺麗な入口や外観が、そのお店の雰囲気の良さを連想させるからです。

入口や外観を清潔に保つことは、新規のお客さまのお店に入る心理的ハードルを、下げることに繋がります。

情報の表示

「なにかしらの情報がわかるお店」と「なんの情報もないお店」初めて入るお店の場合、あなたは、どちらのお店が入りやすいでしょうか。

多くの方が、「なにかしらの情報がわかるお店」を選ぶと思います。情報があることにより、お店に対して安心感を得ることができるからです。

お店の情報は、お客さまに安心感を提供することができる重要なツールです。お客さまが気軽にお店に入れるよう、しっかりと情報を提供しましょう。

安心感

入りやすいお店に必要な要素として、安心感が挙げられます。パッとお店を見たとき、心が落ち着く入口や外観をしていたら、お店に入る際の緊張感がなくなるからです。

人は心理的に、初めて入るお店に対して、不安などから入りにくさを感じてしまいます。そのとき、人の視覚を通し、安心感をあたえることで、お店に対する不安を取り除いてあげることができます。

「入りにくい」を「入りやすい」に変えるには、安心感がキーポイントになるため、安心感を意識して入口や外観を作りましょう。

ウォークインを増やす入口・外観のポイント

ウォークインを増やす入口・外観のポイント

最後に、入りやすいお店の特徴である「清潔感・情報の提示・安心感」の観点から、ウォークインを増やすポイントを入口・外観に分けて紹介していきます。ポイントを取り入れて、ウォークインの集客を増やしましょう。

入口

入口の清潔感

入口の清潔感

入口の清潔感を考えると、ドアの汚れや破損、お店の前のゴミなどがあげられます。入口は、お客さまが店内に入る一歩目となります。毎日綺麗にすることを意識し、掃除に取り組んでください。

また、ドアの破損や塗装のハゲがある場合は、小さな部分でも素早く、修繕の対応をしましょう。

入口の情報の表示

入口に、「どんな雰囲気なのか」「価格帯はどのくらい」などのお店の情報を表示しましょう。お客さまは、お店の雰囲気や価格帯が分からないと、入るのをためらってしまいます。また、なんのお店か分からないと、不気味で通り過ぎていってしまうだけです。

そこで、ブラックボードや商品サンプルなどを使って、「売りの商品や定番商品」「標準となる価格帯」を表示しましょう。お店の情報を表示することで、お客様がお店へ入りにくいと感じる心理的ハードルを下げることができます。

入口の安心感

「明るい色」や「木を基調」としたドアは、お客さまに安心感を与えることができます。「明るい色・木」は、「暗い色・金属」と比べて、明るいお店と想像させることができるからです。逆に「暗い色・金属」は、重たい雰囲気のお店を連想させてしまいます。

例えば、ラーメン屋を選んでいるとき、「明るい色・木」で作られたドアのラーメン屋は、「暗い色・金属」で作られたドアのラーメン屋に比べて入りやすく感じます。これが、ドアの素材と色が人に与える安心の効果です。

このように、入口のドアの素材や色を適切に選ぶことで、お客さまに安心感を与えることができ、お店の入りやすさに繋がります。

外観

入口のドアの素材や色を適切に選ぶこと

外観の清潔感

壁やガラスの剥げやキズを補修し、汚れを綺麗に拭き取りましょう。「お店の壁が剥げている」「ガラスに傷が多くついている」と、お客さまは、お店に対して汚いイメージを抱いてしまう可能性が高いです。

汚いイメージは、お店に入る意欲を損ねる原因となります。そこで、ウォークインを増やすためには、綺麗な清潔感のある外観にする必要があります。

綺麗な外観を維持するのは難しいですが、定期的に剥げやキズをチェックし、細かい部分についても補修しましょう。しっかりお手入れすることで、清潔感のある外観を作ることができます。

外観の情報の表示

お店の中が見える外観にしましょう。お店の中が見えないと、どんなお店なのか検討がつきません。お店のイメージができないと、お客さまは、「失敗したらどうしよう」という恐怖心から、入店するのをためらってしまいます。

入店を促すためには、お店の内装や商品、従業員が見える外観にする必要があります。例えば、路面店の場合、全面ガラス張りにし、外から店内を見やすくする。もしくは、窓を複数設置して、外からのぞきやすくする工夫を施すなどです。

お店の中が見える外観にすることで、道を歩いていた人が、ふらっと寄ってくれる可能性が上がります。

外観の安心感

外観の安心感は入口と同様、色合いを意識するといいでしょう。心理学に基づく、人に安心感を与える色は、オレンジ色や緑色です。外観の配色を、オレンジ色や緑色を中心に組み合わせることで、お客さまに、お店の安心感を提供することができます。

しかし、お店のイメージとかけ離れた色合いの外観にするのは、控えましょう。第一に優先すべきは、お店のイメージです。お店のイメージに沿った色を中心に、安心感を与える色の外観に近づけてみてください。

まとめ

ウォークインの来店を増やす入口と外観

この記事では、入りやすいお店の特徴と、ウォークインの来店を増やす入口と外観について解説してきました。

ウォークインの来店を増やすためには、「清潔感」「情報の表示」「安心感」の3つのポイントを意識し、入りやすいお店の入口・外観を作ることが重要です。

3つのポイントは、大掛かりなこともありますが、今からでも取り掛かることができることもあります。入りやすいお店を作るためには、試行錯誤は必要です。来客を増やすためにも、早く動き出すことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました