【リピーター増加&常連さま獲得】 また足を運びたい!と思う店舗デザインの特徴5選!

飲食店のファサードと看板と照明のデザイン 店舗リニューアルのポイント

飲食店を営むためにリピーター(常連さま)はなくてはならない存在です。店舗デザインは、リピーターの獲得に大きく繋がります。

今回は、リピーターが続出する店舗デザインの特徴についてご紹介していきます。沢山の方に来店され、また足を運びたいと思ってもらえる店舗を作りましょう!

こちらの記事で掲載している店舗の画像は、すべて私たち株式会社TOでデザインいたしました。気になるデザインがございましたら、お気軽にお問い合わせください!

飲食店のリピーターの重要性

飲食店のリピーターが増えるデザイン

お店に誰もお客さんがいない…
入ったものの店員さんも気づいてもらえない…
お店がやっているのか不安になり入りずらいと感じる

このような経験をしたことがありませんか?そんな時、リピーターのお客様がいることでノーゲスの時間を回避することができ、常に賑わった状態になります。

そうなることで、おのずと他のお客さんが入りやすい環境につながります。さらに店員とお客さんコミュニケーションも増え、よいお店づくりになっていくことでしょう。

では、リピーターが選ぶ店舗デザインとは実際どのようなものなのでしょうか。次は、また足を運びたいと思う店舗デザインについて紹介していきます。

また足を運びたいと思う店舗デザインの特徴5選

リピーターを呼ぶ店舗デザイン

また足を運びたいと思うお店は、居心地の良さが必要となります。居心地の良さを実現させるため以下の5つの特徴をご紹介していきます。

・コンセプト
・空間の距離感
・照明
・店舗内装の壁や家具の素材
・席

店舗のコンセプト

リピーターが増える店舗のコンセプト

コンセプトはお店を開業からその後までの大きな軸となります。お店のコンセプトに合わせて内装をデザインすることにより、統一感が生まれます。ずっとこの空間に居たいと思われるデザインと思ってもらえる店舗を目指しましょう!

空間の距離感

空間の距離感を意識したデザイン

人はパーソナルスペース(個人空間)というものがあります。お客様の中には、

・店員さんとの距離感遠いと呼びにくい
・近いと店員さんに見られている感じがする
・席同士が近くて気になる

このように、他人との距離感に不快に思うことがあります。この動作空間にゆとりを持たせ距離がうまくとれていることで、快適に食事を楽しむことができます。

自然とコミュニケーションが取りやすいレイアウトを心がけましょう!

照明

落ち着く店舗内装の照明

照明はお店の雰囲気を変化させる役割を果たします。特に電球色はオレンジ色で温かみがうまれ、落ち着く空間に仕上がります。また、間接照明を用いることで居心地の良さを演出することができます。

店舗内装の壁や家具の素材

店舗内装の壁や家具の素材

居心地が良いと感じるお店には共通して木材の利用が多くみられます。木材の使い方は様々なので、工夫して設計すると今までにはない空間を作り出すことが可能となります。積極的に内装素材に木材を取り入れてみましょう!

リピーターの方が好む内装

リピーターの方はよく席を指定して来ることが多いです。女性の方はよくソファー席を好みます。作業をする人にはカウンターやテーブル席が好まれます。角の席が落ち着くといった人もいます。

このように人それぞれ好みや場面に応じて座りたい席が異なります。席の種類はカウンター席、ソファー席、テーブル席、座敷、個室など様々あります。お店のターゲットに合わせた席の設計を心がけましょう!

まとめ

リピーターを獲得する店舗デザインの特徴

今回はリピーターを獲得する店舗デザインの特徴についてご紹介致しました。このように店舗デザインを工夫することは、リピーターの獲得に繋がります。居心地の良さを演出する空間を一緒に実現させましょう!

弊社TO(ティーオー)は、店舗の内装を得意とするデザイン事務所です。「内装にこだわったお店をつくりたい!」などとお考えのお客様はぜひお気軽にご相談ください!

皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました