【高級感】飲食店の内装をワンランク上げる方法を徹底解説します!

高級感のある飲食店の内装をつくるコツ 店舗内装デザイン設計のポイント
「飲食店の高級感ってどうやって出せばいいんだろう」
「飲食店で簡単に高級感を演出できる方法はなにかあるのかな」

このように、飲食店の高級感を出す内装の方法に悩んでいるオーナーの方は、多いのではないでしょうか。そこで、この記事では、高級感のある飲食店の内装を作るポイントを、詳しく解説していきます。ぜひ最後までお読みください。

こちらの記事で掲載している店舗の画像は、すべて私たち株式会社TOでデザインいたしました。気になるデザインがございましたら、お気軽にお問い合わせください

高級感のある飲食店の特徴とは

高級感のある飲食店の特徴

高級感のある飲食店の主な特徴は以下の5つです。

  1. 開放感あるレイアウト
  2. 質のいいインテリア
  3. 柔らかい照明の明るさ
  4. 統一された配色
  5. 凝った壁や床の素材

高級感のある飲食店にするポイント

先程ご紹介した5つの特徴をそれぞれ詳しく解説していきます。また、上記5つの特徴は、お客さまが来店したと同時に目に入る部分でもあります。お客さまに高級感のある空間と思わせるには、第一印象も非常に重要です。

①幅を広く取るレイアウトの意識

高級感のある飲食店のデザイン

高級感のあるお店にするには、広々とした空間を作ることが重要。お客さまがリラックスでき、開放感のある空間を作ることで、必然的に高級感が生まれます。

人は、視覚で広々とした空間を捉えると、特別感を感じます。人が感じる特別感を利用し、客席同士の幅や通路の幅を、広く取るレイアウトをすることで、高級感のあるお店の内装を作ることができます。

②お店にあった質のいいインテリアの選択

高級感のインテリア

インテリアに力を入れることも高級感のあるお店にする上で重要なポイントの一つです。インテリアを選ぶ際、「理想の店舗内装と合っているか」と「なんの素材からできているか」の2つを必ず確認しましょう。

高級感の雰囲気を出せるインテリアを見つけても、理想のお店の内装にマッチしないと、意味がありません。また、インテリアの素材に着目することも重要なポイントの一つ。

インテリアの素材は、種類が豊富で高価なものから、安価なものまであります。高級感を出すのであれば「無垢木材」「石類」「ガラス類」がおすすめです。

素材を意識して、理想の店舗内装に合うインテリアを選んでみてください。

③照明の明るさ・暗さの調整

照明は、明るすぎず暗すぎずを意識することが重要。照明が明るすぎると、人の集中力を上げるため、リラックス効果が薄れます。

反対に、照明が暗すぎると不安感が増したり、料理が見えづらくなります。高級感を出す照明にするには、「間接照明」と「部分照明」の2つを使用するといいでしょう。

間接照明

高級感のある飲食店の間接照明

高級ホテルや空港のラウンジ、高級レストランでよく使用されているが間接照明。壁や床に光を当て、反射した光を利用して明かりを作り出します。

直接光を当てるよりも、柔らかい光を作り出すことができるのが特徴です。リラックスできる空間を提供するのに、向いている照明になります。

部分照明

ホテルの客室や薄暗いバーなどでよく使用されているのが、部分照明。部分的に明かりを灯し、人に柔らかな温かみを与えることができます。

飲食店の部分照明でよく見られる使用方法が、ローソクなどをテーブルの中央に置くこと。薄暗い店内に対し、客席のテーブルが柔らかい明かりで灯されると、おしゃれかつ高級感のある雰囲気を、作り出すことができます。

ローソクの他にも、さまざまな種類の部分照明があるので、お店の雰囲気に合う部分照明を取り入れてみてください。

④内装に使用する色を意識

アールデザイン天井

高級感を出すためには、色に統一感を持たせることを意識しましょう。ポイントとしては、内装に使用する色を抑えることです。色を多く使いすぎてしまうと、統一感がなくなり、カジュアルな印象を与えてしまいます。

高級感を出す配色は、深みのある色合いを混ぜた配色がいいでしょう。内装に適切な色を使用することで、高級感のある空間を作り出すことができます。

⑤壁や床に使用する素材を意識

壁や床に使用する素材は、「無垢木材」「タイル類」「レンガ類」「石類」の4つの中から選ぶと、高級感のある雰囲気を出すことができます。こだわりを持ち、壁や床に使用する素材を選びましょう。

高級感のある飲食店にする際の注意ポイント

高級感のある飲食店作りで失敗しないためには、注意すべきポイントが2つあります。「提供する料理の価格と内装の雰囲気を同等にすること」と「お客さまの居心地を考えること」です。

集客やリピーターの増加に繋がるため、2つのポイントをしっかり抑えておいてください。

①提供する料理の価格と同等にする

高級感のある飲食店

高級感のある内装にしても、提供する料理の価格とマッチしていないと、お客さまは違和感を感じます。

例えば、高級感ある内装の焼肉店が、3,000円で食べ放題のメニューを一番の売りにしていたら、違和感を感じますよね。

このように、内装の雰囲気と料理の価格帯が釣り合っていないと、お客さまの心理に悪影響を及ぼす可能性があります。

②お客さまの居心地を考える

高級感のある空間を作り出すにも、第一優先で考えるべきは、お客さまの居心地です。

高級感のある素材を使用したテーブルや椅子でも、座り心地が悪く、テーブルと椅子の高さが合っていないと、お客さまはストレスを感じます。

素材にこだわるだけではなく、適切な設計とレイアウトで、お客さまに喜ばれる、リピーターに繋がる空間作りを達成しましょう。

まとめ

内装を作るポイント

この記事では、高級感のある飲食店の内装を作るポイントについて解説してきました。この記事の重要ポイントは以下です。

  • 高級感のある飲食店の特徴は、「開放感あるレイアウト」「質のいいインテリア」「柔らかい照明の明るさ」「統一された配色」「凝った壁や床の素材」の5つ
  • インテリアを選ぶ際は、理想の店舗内装と合っているかと素材を重要視する
  • 照明は間接照明と部分照明を使用すると高級感を出せる
  • 内装の色は抑え、統一感を出す
  • 壁や床に使用する素材は、「無垢木材」「タイル類」「レンガ類」「石類」がおすすめ
  • 「提供する料理の価格と同等にする」「お客さまの居心地を考える」の2つを注意して高 級感のある内装作りをする

上記の重要ポイントを意識して、高級感のある内装作りを成功させましょう。

タイトルとURLをコピーしました