持続可能なお店づくりを一緒に考えましょう

コロナ禍で「続けていける店」と「閉店する店」の2極化が進み、街は変わりました。いま、店舗デザインは変革期を迎えています。これまでの「売れる」のみを目的としてきた店づくりから、「在り方」を考え、持続可能を目指す店づくりに変わってきています。私たちは、一過性の流行にとらわれない、長く続けていける店づくりを施主様と共に徹底的に考え抜きます。

TOのお店づくりの詳細はこちら
コロナ禍の新規出店店舗内装デザイン設計のポイント飲食店のデザイン

パーテーションを導入してコロナ対策万全な店舗を目指しましょう!パーテーションの種類やデザインをご紹介いたします!

パーテーション コロナ禍の新規出店
この記事は約3分で読めます。

近年のコロナ渦の中での内装工事改装の計画では、“コロナ対策として新規でパーティションを取り付けたい!”“個室感をだしてプライベート空間を味わえる空間をつくりたい!”とお考えのオーナー様が増えています。

今回は簡単に取り入れることが出来るパーテーションからオススメの種類とデザインの特徴、魅せ方についてご紹介していきます。是非、現在パーテーションの導入をお考えのオーナー様は最後までご覧ください!

パーティションの種類とデザインの特徴を5つご紹介!

1.ロールスクリーンでしっかり隣の席と区画する。

ロールスクリーンはカーテンの要素として、日差しを遮る為に用いられることはもちろん、店内では空間を区画するパーテーションとしても用いられることも多くあります。シンプルなものからすだれ調なものまで数多くの種類やカラー、デザインを取り揃えているのが特徴的です。

ロールスクリーンを使用すると遮光性に特化しているものであるため透け感はなく、しっかりと隣の席同士を遮ることができます。上げ下げも可能なためシチュエーションに合わせて利用可能となるのがメリットです。ロールスクリーンで内装工事をお考えの場合は取り付けるために鴨居(かもい)をあらかじめお願いしておくと簡単にオーナー様でも取り付けることができます。

2.和モダン空間にはすだれを取り入れてみましょう!

和モダンテイストの空間にはすだれがオススメです!すだれは透け感もあるので圧迫感なく活用することができます。すだれのデザインやカラーによって印象が変わります。こちらもロールスクリーンと同様に上げ下げ可能なためお客様に合わせて使い分けることもできます。

また、工事の際は鴨居を取り付けておくと簡単にオーナー様でもすだれを設置することができます。前もって依頼しておきましょう!

3.店内を明るく上品にしたい場合はガラスパーティションがオススメです!

ガラスパーテーション

ガラスを用いたパーテーションは見通しがよく透け感のある空間に仕上げることができます。従業員やお客様の動きを遮ることがないため、レイアウトで気にかけてるオーナー様にはオススメなパーテーションです。

エッチング加工ブラスト加工などのガラス加工のデザインにひと工夫加えることで一気に品のある空間に仕上がります。また、価格を抑える場合はグラデーションシートを用いることで簡単にガラス加工に似せることも可能です!

4.腰壁で個室感を演出しましょう!

腰壁パーテーション

腰壁は間仕切りの壁に比べて少し低い高さの壁のことです。天井まで壁にするよりも上部が空いてるため空間に圧迫感を与えず個室感を演出することができます。

りごたつ席などに取り入れることも多いです。素材はポリ合板を使用することが多いです。木目調なものからカラーのものまで種類が豊富な為様々な空間に取り入れることが可能となっています。

5.万能な暖簾を使って柔らかな空間にしましょう!

暖簾

実は和風に見える暖簾は色々なテイストに万能で簡単に取り入れることができます。素材やカラーも豊富なので、空間に合ったものを選定することができます。暖簾にお店のロゴなどを入れてオリジナルの暖簾を取り入れることも可能です。布や麻素材なため柔らかい印象にもつながります。

まとめ

コロナ渦パーテーション

今回はパーテーションの種類やデザインについて5つご紹介していきました。コロナ渦での店舗選びでは間仕切りを用いた個室感があることにより、お客様にとって安心感につながります。是非本記事を参考に店内にパーテーションを新規で取り入れることも検討していただければと思います。

株式会社TOは、飲食店やオフィスなど、商業施設の店舗デザインを得意とするデザイン設計事務所です。役に立つデザイン設計事務所をモットーにお客様にとって「心地よい空間とはなにか」という問いに対して真摯に向き合い、お客様に最適なプランニングをしております。

何かお困りの際はお気軽にご相談ください。皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました