居酒屋の内装はどこも同じ…ではありません!成功する内装デザインのポイント4つをデザイナーが解説します

愛知県の個性のあるカウンターのデザイン 店舗内装デザイン設計のポイント

日本の食文化にも匹敵する居酒屋。近年では居酒屋の業種も増え、お客様は気分に応じてお店が選べるようになりました。

どの街にもある居酒屋ですが、繁盛しているお店とそうでないお店がありますよね。味や価格はもちろんですが、成功している居酒屋は内装デザインにもこだわっています。

これから居酒屋を開業したいという方は、内装工事も大切なポイントだということを知っておきましょう。この記事では居酒屋の内装デザインのポイントや内装工事の注意点を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

居酒屋の内装工事で押さえておきたいデザインのポイント4選

内装工事ポイント

居酒屋を開業するにあたり、内装デザインはリピーターを呼ぶのに欠かせない部分です。お客様には居心地の良さや安心感を与えなければ、再来店にはつながりません。

居酒屋の内装工事では、これから紹介する4つのポイントを押さえて工事を進めてみましょう。

ターゲットとコンセプトを明確に

居酒屋を開業するためには、ターゲットとコンセプトを決めなければ始まりません。

日本には

  • 大衆居酒屋
  • 高級居酒屋
  • 洋風居酒屋

など、居酒屋一つとっても多種多様。

まずは狙いたい客層を決めていきましょう。この際、年齢や性別まで明確に決めておくとベスト。

ターゲットが決まればお店のコンセプトが自然に決まってきます。提供する料理や価格によってターゲットやコンセプトが変わってくるため、いちばん時間をかけたい部分です。

お店のターゲットに応じた座席数や動線

お店のターゲットやコンセプトに応じた座席配置動線も大切なポイントです。

お店の規模にもよりますが、居酒屋はお一人様~貸し切りまでさまざまな方が利用します。来店するお客様が多い場合は、柔軟に座席配置を変更できるようにするといいでしょう。

また居酒屋はお酒の提供をしていることから、お客様が酔っ払っていることも少なくありません。スムーズな会計が出来るような動線、またお手洗いまでの経路がわかりやすくしているとお客様も安心です。

座席が簡単に配置換えできたり、わかりやすい動線だとお客様も安心感が増しリピーターへとつながります。

大衆居酒屋は回転率がカギ!

大衆居酒屋

近年は「安くてうまい」大衆居酒屋も若い方に人気です。大衆居酒屋の場合、どうしても客単価が低い関係上、回転率で売り上げを伸ばすしかありません。

そのため大衆居酒屋を開業するときは、回転率を考えた座席を用意しましょう。なるべく多くのお客様を集客できるよう、座席数は増やしておくのがおすすめ。

また一人でも気軽に来店してもらえるよう、カウンター席もある程度設けるといいでしょう。

照明や小物でお店のコンセプトをアピール

居心地の良さを提供する材料は、照明小物でも演出できます。

お店のターゲットやコンセプトが決まっていたら、それに応じた照明や小物で雰囲気を出すのがおすすめ。大衆居酒屋であれば、レトロな雰囲気や昭和感のでる小物を使ってみましょう。

高級居酒屋なら、掛け軸や生け花で特別感を出すとお客様も優雅な気分に浸れます。洋風居酒屋なら、スツールを使って海外らしさを全面に出してみるのもいいでしょう。

居酒屋の内装工事で失敗しないための注意点

居酒屋内装工事の注意点

居酒屋の内装工事は、業者との入念な打ち合わせをしないと想像通りの内装デザインには仕上がりません。予算によって妥協する部分もありますが、打ち合わせがとても重要であることは知っておきましょう。

それ以外にも気をつけたいポイントがあります。安心できる業者へ依頼するためにも、以下の点は注意してください。

全体スケジュールを把握する

居酒屋といっても種類によって工期は変わってきます。また内装デザインが決まらなければ、工事に着工することもできません。

一般的にいわれているのが、居酒屋の内装工事だと約20坪で2ヵ月ほど工期がかかります。万が一オープン日が決まっているのなら、遅くとも3ヵ月前には動くようにしましょう。

依頼する施工会社の役割を把握しておく

依頼のポイントを把握

初めて店舗を開業する方は、どんな業者に依頼したらいいのかもわかりませんよね。内装工事には大きくわけて2種類あります。

まずデザイン設計会社です。こちらは内装デザインを手掛ける会社。デザインをメインに活動しているため、施工はほかの会社に依頼することがほとんどです。

デザイン設計会社は、役割がキッチリ分担されているため工期管理がしっかりしているというメリットがあります。

もう一つは設計施工会社です。こちらはデザインも施工も行う会社。すべて同じ会社に任せられるため、打ち合わせ~完了まで一元化されておりスムーズです。ただし、すべて任せきりにするのではなく、依頼主も責任を持って進捗を確認して行きましょう。

まとめ

居酒屋

居酒屋はお酒好きが集まる場所とは限りません。おいしい料理や居心地を求めて来店するお客様も多数です。繁盛している居酒屋は、そのようなニーズもいち早くキャッチし内装デザインに生かしています。

居酒屋の内装デザインは、ターゲットやコンセプトを元に「居心地の良さ」「安心感」を与えられるようなものを考えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました