【居酒屋】人がどんどん集まってくる人気店の店舗デザインの共通点とは?

店舗のファサードデザイン 店舗外装デザイン設計のポイント

近年、繁華街を中心に建ち並ぶ居酒屋は多様化し、さまざまなコンセプトのお店が溢れています。

コロナ禍で飲食店の経営が大変な中、お客さまが絶えない居酒屋もあります。このような居酒屋が人を惹きつけるのは、味やサービスはもちろんのこと、店舗デザインにその理由の一端があるのです。

今回は、居酒屋の店舗デザインのポイントを解説します。

目的客と流動客
店舗デザインは、店舗のターゲット設定に非常にかかわってきます。目的客をターゲットとする店舗と、流動客をターゲットとする店舗で外観の作り方や看板の出し方が変わります。今回は、流動客をターゲットとする店舗の外観およびサインなどについてお話ししたいと思います。

人気のある居酒屋の店舗デザインの共通点

居酒屋の店舗デザイン

実は、流動客や見込み客がどんどん入ってくるくる居酒屋や飲食店舗には、ある程度共通している店舗デザインの特徴があります。

これらの共通点を紐解けば、お客さまがついつい入りたくなるポイントがたくさんあることが分かります。店舗デザインの観点から、一つずつ紐解いていきましょう。

「入りやすい」外観デザイン

居酒屋の店舗デザイン

お客様の中には、日頃から居酒屋の新規開拓している人も少なくありません。そんな人達がいちばん興味を持ちやすいのがお店の外観です。人気店の居酒屋に共通しているのは、入りやすい外観デザインです。

具体的には、清潔感・情報の表示・安心感の3つの特徴を持っています。店舗の外観デザインを設計する際は、以下の点を汲み取っておきましょう。

清潔感

店舗の入口や外観を清潔に保つことで、お客さまのお店に入る心理的ハードルを下げることに繋がります。清潔感があると、それだけで「このお店、雰囲気が良さそうだな」と連想するためです。

情報の表示

お店の情報は、お客さまに安心感を提供することができる重要なポイントです。料理や価格帯を想起させるデザインやディスプレイを設置し、情報を提示しましょう。

安心感

人に安心感を与える色は、オレンジ色や緑色とされています。外観や窓の中から見える内装の配色にオレンジ色や緑色を組みこむことで、お客さまに安心感を提供することができます。

流動客、見込み客をターゲットとした入りやすい外観の特徴は、こちらの記事で詳しくまとめています。ぜひこちらの記事も合わせてご参照ください。
【徹底解説】入りやすいお店の特徴まとめ|ウォークインを増やす入り口と外観とは

「お店のコンセプト」が分かりやすい

入りやすい居酒屋の外観デザイン

外観に惹かれたお客さまは、店内に入ってきたときに大切なことが、外観のイメージと合っている内装コンセプトにしていることです。あまりにも外観と内装がかけ離れているとお客さまは落ち着きません。

人気店は外観から内装までのコンセプトが統一されています。外観通りのイメージが、そのまま内装につながっているため、お客さまも居心地がよくリピーターが増えていきます。

統一されたコンセプトのつくりかたは、こちらの記事で詳しくまとめています。ぜひこちらの記事も合わせてご参照ください。
これで伝わる!店舗デザインイメージの伝え方とコツ!

「食事のテーマ」に合わせた内装デザイン

イメージが統一された居酒屋

一口に居酒屋といっても種類はさまざま。大衆居酒屋なのか、洋風居酒屋なのか、提供する料理や値段によって内装デザインも変わってきます。

人気のある居酒屋は、これらの食事に合わせた内装デザインもうまく取り入れています。お店のコンセプトを決め、内装デザインを設計する際は、食事の内容に焦点をあてて、デザインをイメージしましょう。

「ターゲット層」に合わせたデザイン

食事の種類によるデザイン選びと同じくらい重要なのが、ターゲット層にわせたデザインです。どんな人に向けた店舗なのか、まずはそこを突き詰めてメインとなるターゲット層を選定しましょう。

大衆的な居酒屋でも、ターゲットが、サラリーマン向けか、家族でも入りやすい店舗か、女性客に人気のお店なのか、などメインとなるターゲット層によって、デザインの嗜好が変わってきます。

動線を考えたレイアウト

店内のレイアウトも大切なポイントです。お客さまの動線はもちろん、スタッフの動線も視野に入れたレイアウトを心がけてください。

スタッフの動線がよいことで効率が上がり、結果として顧客満足度もアップ。リピーターをつくるうえでも大切な要素になります。

スムーズな動線をつくるコツは以下の記事で詳しく解説しています。ぜひこちらもご参照ください。
【店舗デザインのコツ】スムーズな動線をつくるテクニックをまとめました

まとめ

突き出し看板があると目立つ

人気のある居酒屋は、外観から内装、インテリアに至るまでコンセプトを大切にデザインされています。居酒屋の種類によってデザインは違うものの、共通しているのはお客さまの居心地の良さを大切にしていること

お店のコンセプトとターゲットがはっきり決まっていれば、店舗デザインも自然にイメージされます。ステキな店舗デザインで新規顧客を増やして、リピーター率を上げていきましょう。

以下の記事ではリピーターを増やすコツを具体的に詳しく解説しています。ぜひこちらもご参照ください。
【リピーター増加&常連さま獲得】 また足を運びたい!と思う店舗デザインの特徴5選!
タイトルとURLをコピーしました