飲食店の厨房のレイアウトは重要ポイント!適切な配置をして料理の提供をスムーズにしましょう。

個性のある焼鳥屋の店内レイアウトデザイン 店舗内装デザイン設計のポイント
「飲食店を内装を決める上で、厨房のレイアウトは考えた方がいいのかな」
「厨房のレイアウトを考える際、なにを意識すればいいんだろう」

このように、飲食店の開業にあたり、厨房のレイアウトについて、悩まれているオーナーの方は、多いのではないでしょうか。厨房のレイアウトは、料理の提供をスムーズにするための重要ポイントです。

厨房のレイアウトを失敗してしまうと、料理の提供が遅くなることに加え、料理を作る際にストレスが溜まる可能性があります。

そこで、この記事では、料理の提供をスムーズにする、飲食店の厨房レイアウトのポイントを解説していきます。ぜひ最後までお読みください。

見せる厨房か見せない厨房か

厨房レイアウトのポイント

飲食店の内装で厨房を決める際、見せる厨房(オープンキッチン)にするか、見せない厨房(クローズドキッチン)にするかを決める必要があります。

2種類それぞれにメリット・デメリットがあるため、どちらが目指している飲食店に適しているかを見極めて、選んでみてください。

見せる厨房(オープンキッチン)

見せる厨房(オープンキッチン)

集客やリピーターを増やすのに向いているのが、見せる厨房。寿司屋や焼き鳥屋、ラーメン屋などで多く取り入れられている厨房です。

見せる厨房(オープンキッチン)のメリット

メリット
お客さまとコミュニケーションがとりやすい
料理の工程をお客さまに見せることができる
活気のある雰囲気を演出しやすい
料理をカウンター越しにすぐ提供できる

見せる厨房の最大のメリットは、お客さまと会話をすることができること。お客さまと頻繁にコミュニケーションを取ることができるため、リピーターを増やしやすいとされています。

また、料理を作る工程をお客さまに見せることができます。ショーのような感覚で、お客さまを楽しませることができるのも、見せる厨房のメリットです。

見せる厨房(オープンキッチン)のデメリット

デメリット
厨房内のディスプレイもこだわらないといけない
油のはねや煙が客席に行かないよう注意しなければならない

見せる厨房は、厨房の中のディスプレイに気をつかう必要があるため、内装費用が高くついてしまう可能性があります。また、客席に煙が流れないよう、換気設備を強化するなどの工夫もしなければなりません。

採用する際は、設計事務所や内装業者と綿密に相談しましょう。

こちらの記事では、オープンキッチンで設置するカウンターについて解説しています。ぜひこちらもご参照ください。
【業種別】飲食店のカウンターの高さの平均を徹底解説!居心地のいいカウンターのポイントとは

見せない厨房(クローズドキッチン)

見せない厨房(クローズドキッチン)

料理を早く提供するのに向いているのが、見せない厨房です。特に大型のレストランや焼肉屋で多く取り入れられている厨房です。

見せない厨房(クローズドキッチン)のメリット

メリット
料理を作ることに集中できる
調理場と客席の明るさを変えることができる
厨房の内装をスタッフが働きやすいように設計できる

料理を作ることに集中できるため、大量の注文が入ったときでも、スムーズに料理を提供できます。

また、お客さまの目線を気にしなくていいので、料理をスムーズに作れる動線を意識した、厨房の内装を設計することができます。

見せない厨房(クローズドキッチン)のデメリット

デメリット
料理ができてから、お客さまに提供するまでに時間がかかる
衛生面がおろそかになりやすい

見せない厨房は料理ができ上がり次第すぐに運べるよう、導線を設計し、ホールスタッフと息を合わせることが重要です。

また、厨房をお客さまに見られることがないため、掃除などの衛生面がおろそかなりがちです。清潔感を保った厨房にするためにも、日々掃除の時間を設けるなど、衛生面の管理を徹底しましょう。

飲食店の厨房の中で意識すべきレイアウトのポイントとは

飲食店の厨房レイアウト

厨房の中のレイアウトで意識すべきポイントは以下の4つです。

  • 料理を提供するまでの導線を意識
  • 片づけの導線を意識
  • インフラの事前チェックを
  • 掃除のしやすさを意識

上記4つのポイントを意識することで、スムーズな料理の提供や清潔感のある厨房の維持、内装費用を抑えることができます。

①料理を提供するまでの動線を意識

厨房のレイアウトを決めるポイントの一つは、料理を提供するまでの動線を考えること。冷蔵庫の素材を取り出すところから、料理を作り上げるまでの動線を意識するといいでしょう。

料理工程に無駄な時間を要さないよう、厨房機器を配置することで、料理をスムーズに提供することができます。また、料理人もストレスなく料理を作ることに専念できるでしょう。

動線の無駄を無くすには、万歩計を使用して歩数を測ってみてください。歩数を基に、厨房のレイアウトを決めることで、無駄のない厨房のレイアウトを決めることができます。

②片づけの動線を意識

厨房の中のレイアウトでは、片づけの動線にも目を向けるといいでしょう。

片づけの動線を意識しないで厨房のレイアウトをすると「片づけをする人と料理を運ぶ人がぶつかる」「片付ける人が料理を作る工程の邪魔をしてしまう」などを引き起こす場合があります。

また、料理を提供するまでの動線と被らないように注意しましょう。

③インフラの位置を事前にチェック

インフラの位置を事前にチェックすることも重要です。水道・ガス・電気・ダクトの使用できる位置を事前に確認しておくことで、冷蔵庫や洗い場、ガスを使用する調理場の位置をある程度決めることができます。

インフラの確認作業を怠ってしまうと、厨房区画を移動しないといけない、ダクトを伸ばさないといけないなど、内装工事の費用が高くつく可能性があるでしょう。

④掃除のしやすさを意識

厨房を清潔に保つには、厨房の掃除のしやすさを考えたレイアウトにする必要があります。ポイントとしては、厨房機器や調理器具の収納スペースを隙間なく配置すること。

隙間のない配置をすることで、ゴミやホコリが入りにくくなり、掃除が容易になります。毎日の掃除がスムーズにできると、清潔感のある厨房を保つことができます。

客席スペースを活用することで厨房を広く使うことも可能です。ぜひこちらの記事もご参照ください。
【店舗デザインのコツ】客席スペースを活用してスッキリ収納!スムーズな動線をつくるテクニックをまとめました

まとめ

キッチンの導線

この記事では、料理の提供をスムーズにする、飲食店の厨房レイアウトのポイントを解説してきました。この記事の重要ポイントは以下です。

  • 飲食店の内装を決める際は、見せる厨房にするか、見せない厨房にするかを決める必要がある
  • 見せる厨房は、集客・リピーターを増やすことに向いている
  • 見せない厨房は、大量の料理をスムーズに提供することに向いている
  • 厨房の中のレイアウトを決める際は、「料理を提供するまでの導線」「片づけの導線」 「インフラの事前チェック」「掃除のしやすさ」の4つを意識する必要がある

飲食店の厨房は、お店がオープンしてから変更することが難しいです。内装のデザインを決める段階で、重要ポイントを意識したレイアウトを設計しましょう。

デザイン事務所と相談して店内レイアウトを決めたい場合は、どの様なデザイン事務所を選んだら良いのでしょうか。こちらの記事で解説しておりますので、ぜひご参照ください。
【知らないと損する】デザイン設計事務所の選び方!ポイントを抑えて適切なデザイン設計事務所を選びましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました