オフィスデザインはコンセプトが重要!魅力あふれる会社作りに必要な空間設計とは

オフィスをデザインする前のコンセプトの決め方 オフィスのデザイン
オフィスデザインを考える時にとても大切となるのが「コンセプト」です。コンセプトが明確でない状態だと、オフィス空間もただの作業スペースになってしまいます。

コンセプトを明確にしておくことで、オフィス空間が会社の魅力を表し社員にも大きな影響を与えます。そこで、魅力あふれるオフィス、つまり会社を作るために必要となってくる空間設計についてこの記事で解説します。

こちらの記事で掲載している店舗の画像は、すべて私たち株式会社TOでデザインいたしました。気になるデザインがございましたら、お気軽にお問い合わせください

オフィスのコンセプトとは

オフィスのコンセプト

オフィスのコンセプトは単に「高級感」や「落ち着く空間」「自然あふれる感じ」などの見た目だけのイメージではありません。もちろんこれらも大切ですが。オフィスコンセプトで大切なのは、その会社が持っている想いや魅力を伝えるということです。

オフィスのコンセプトを決める時のポイント

事務所のデザイン

オフィスデザインのコンセプトを決める時はただ理想を形にするだけではだめです。会社のため、社員のため、お客様に向けたコンセプトを考えるようにしましょう。

企業理念・事業内容から考える

名古屋のオフィス

オフィスコンセプトが会社の想い・魅力を伝えるための空間であるためには、まず会社がどんな想い・軸を持っているのかを再確認しましょう。オフィス空間が、会社のブランドを作り社風を表すことにも繋がります。

例えば、アパレルブランドやカフェブランドのオフィスであれば実際のお店と同様の色合いや空間にします。IT会社のオフィスであれば作業に集中しやすい落ち着いた空間を作るといいでしょう。

社員のためだけでなく、訪問者にどう感じて欲しいかを考えることも大切です。会社から伝えたいことを表すオフィスコンセプトにしましょう。

問題点を解決できる空間にする

愛知県のオフィスデザイン

オフィスデザインを考えるのが、オフィス移転、またはリニューアルする時であるならばその目的を明らかにしましょう。きっと以前のオフィスに何か問題があるからではないでしょうか。

作業効率の悪さが問題点であれば、椅子や机、照明、騒音、などを改善して作業効率が上がるオフィス空間を作ることが必要です。経費を削減するためであれば、空間をうまく利用してシンプルな空間を作りましょう。

コミュニケーションの活性化を図るためであれば、ミーティングできるスペースを作ったり、カフェスペースや仕事や小休憩に使えるスペースを作るなど気楽にコミュニケーションがとれる場所を増やします。

メインカラーを決める

オフィスのメインカラー

会社のブランドイメージに合わせたカラーを決めることでオフィスに一体感が出ます。カラーは人間の真理に様々な影響を与えます。それぞれのカラーが持つ特性やカラーが生み出す雰囲気などを事前に調べて決めるといいですね。

オフィスデザインがもたらす影響

オフィスのデザイン

オフィスのデザインは特にそこで働く社員に大きな影響をもたらします。生産性の向上、コミュニケーションの活性化、自信などに繋がります。

また、魅力あるオフィスにすることで、会社のブランディングをすることができ、外部の人たちに会社の魅力をアピールできます。このようにオフィスのデザインは自社にはもちろん、外部にも様々な影響をもたらすことが分かります。その際、会社の軸がぶれないようにしっかりコンセプトを明確にしましょう。

より魅力あふれるオフィス作りのために

会社のコンセプトをしっかり反映した、問題点も解決できるデザインも考えた、それでももっと他の会社と差別化を図るためにより魅力あふれるオフィスにしたいと考えている時のオススメポイントを紹介します。

プロジェクターを活用する

オフィスデザインがもたらす影響

会議などのためにプロジェクターを取り入れている会社は多いかもしれませんが、オフィスのデザインの一部としてプロジェクターを取り入れます。例えば、オフィスのエントランスの壁にプロジェクターを使って会社のロゴを映し出すだけでもエントランスに入った途端圧巻されます。

仕事がはかどるオフィスレイアウトにする

オフィスのコンセプト

オフィスのデスク配置によってスペースの効率化に伴い、社員の働きやすさを左右します。仕事の効率を少しでも良くするためにオフィスのレイアウトを工夫しましょう。例えば、背面式のデスク配置にすることで、一人一人のプライバシーが守られて作業に集中しやすくなります。

ブース型レイアウトと言って、パーテーションなどでデスクや椅子までが覆われた、個人専用の作業空間になったオフィスレイアウトにすることでよりより集中しやすい空間を作ることもできます。

今までは多面式にデスクを設置しているオフィスがほとんどだと思われます。デスク同士の間隔を十分に空ける、仕切りを取り入れるなどの対応をしましょう。

まとめ

オフィスデザインを考える時には、オフィス内に置く家具やその設置場所を考えることももちろん大切ですが、一番初めにコンセプトが明らかでないとそのあとの設計に失敗してしまいます。会社のオフィスがより魅力的になるように空間をデザインしましょう。

株式会社TO(ティーオー)は、店舗デザインを得意とするデザイン事務所です。お客様にとって「心地よい空間とはなにか」という問いに対して真摯に向き合い、お客様に最適なプランニングをしております

お客様のご要望にピッタリな空間設計をいたしますので、何かお困りの際はお気軽にご相談くださいませ。皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

デザイン事務所と相談して店内レイアウトを決めたい場合は、どの様なデザイン事務所を選んだら良いのでしょうか。こちらの記事で解説しておりますので、ぜひご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました