流動客(通行人)が入りやすいお店と入りにくいお店の特徴。集客率改善に繋がるポイントを徹底解説します

営業許可証など飲食店の開業で必要な許可 店舗外装デザイン設計のポイント

エントランスはお店の顔です。エントランスの雰囲気がよいお店にはお客様が集まりますが、入りにくいと感じる要素が一つでもある場合は、集客率が低下するでしょう。

つまり「入り口の雰囲気」は集客率を左右する重要なポイントなのです。そこで当記事では「入りやすいお店と入りにくいお店の違い」と題して、それぞれの特徴を徹底解説いたします。記事の最後にはエントランス作りのポイントも紹介しておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

目的客と流動客
店舗の外観デザインは、店舗のターゲット設定に非常にかかわってきます。目的客をターゲットとする店舗と、流動客をターゲットとする店舗で外観の作り方や看板の出し方が変わります。今回は流動客をターゲットとする店舗の外観についてお話ししたいと思います。

「入りやすいお店」と「入りにくいお店」の違いとは?

「入りやすいお店」と「入りにくいお店」の違い

まずはどんなお店が入りやすくて、どんなお店が入りにくいか、両者の違いについて考えてみましょう。

入りやすいお店の特徴

入りやすいお店の特徴

まずは、入りやすいお店の特徴について考えてみましょう。

・お店の様子が外から確認できる
・明るくて清潔なエントランス
・お店の情報が掲載されている

お店の様子が外から確認できると、通行人の意識をお店に集められます。つまり目的意識のなかった客層へ、入店するきっかけを与えることができるのです。

また明るくて清潔なエントランスは、居心地のよい空間のアピールに繋がります。とくに飲食店のように、清潔感が重要視される業種であれば、気にしなければならない要素でしょう。

さらにお店の情報・サービスの詳細がエントランスにあると、初めての方も気兼ねなく入店できるようになります。メニューの内容や価格帯のような情報は、ウィンドウショッピングができない飲食店などの業態に効果的です。

入りにくいお店の特徴

入りにくいお店の特徴

その一方で、入りにくいお店の特徴について考えてみましょう。

・どんなお店なのか確認できない
・入り口が閉鎖的

飲食店・物販店どちらにも共通しますが、外観でどんなお店か確認できない場合、流動客はサービスの内容がわからず入店意欲が下がります。

入り口が閉鎖的な場合、入店するのにドアを開ける行為が発生します。そのためよっぽど興味がない限り、通行人の集客率は下がるでしょう。

ただし、目的客をターゲットとする場合、外観の情報を減らし、入り口を閉鎖的にする場合もございます。店舗のコンセプト・ターゲットによってはあえて入りにくくするというデザインもあります。(平たく言えば「隠れ家」的な店舗)

入りやすいお店を作るために大切なこと

入りやすいお店を作るために大切なこと

入り口は店舗の顔であるため、店舗の雰囲気にあったデザインが重要です。その中でも「他店との差別化」をアピールすることは非常に効果的で、通行人の関心を集めるきっかけになります。以下にて基本的な改善をご紹介します。

・従業員がお出迎えをする
・看板やポスターを設置する
・エントランスを改装する

一番手軽な方法であれば「お出迎え用の従業員を配置する」ことです。やはり入りにくさを感じる一番の要因は「心理的な壁」であると言われています。そのため従業員が挨拶をしながら入り口の扉を開けるだけで、お客様の意識は大きく変わるでしょう。

また看板やポスターの設置も効果的です。とくに店内の様子が見えにくい閉鎖的なお店の場合は、積極的に宣伝することをオススメします。置き式の看板や壁掛けのポスターは比較的安価なものが多いので、予算が少なくても始めやすいでしょう。

もしも予算が確保できる場合は、エントランスの改装がオススメです。弊社TOでは数々の店舗設計を行っていますので、お客様のお悩みを解決するようなご提案ができます。ぜひお気軽にご相談ください。

デザイン設計は「TO(ティーオー)」にご相談ください!

エントランスの改装がオススメ

弊社TO(ティーオー)は、空間を得意とするデザイン事務所です。お客様にとって「心地よい空間とはなにか」という問いに対して真摯に向き合い、お客様に最適なプランニングをしております。

弊社TOでは親しみやすい店舗作りから気が引き締まるような高級店まで、様々な店舗設計に携わっております。

私たちの経験・実績に基づいた提案は、皆様の店舗をさらに素敵な空間へと変化させるでしょう。まずはお気軽にご相談くださいませ。皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました