【新築の場合】「着工」「施工」「竣工」とは?ややこしい建築用語を店舗デザイナーがわかりやすく解説します。

建築工事の基礎知識

素人にはわかりにくい建築用語。なかでもよく耳にするのが「着工」「施工」「竣工」ではないでしょうか?

これらの建築用語は、家を建てるときや店舗やオフィスを構えるときに使われる用語なので、意味を知っておくととても便利です。

この記事では「着工」「施工」「竣工」がどのようなときに使われるのか、その違いを紹介します。

着工の概要

着工の概要

着工とは、工事を始めることを意味しています。ただし着工するにはいくつか基準が設けられており、好き勝手に工事を始めてはいけません

新築の場合、着工の大前提となるのが「確認済証」を受け取っているか。確認済証を受け取る前に工事を始めてしまうと建築基準法違反になります。そのことは、建築基準法6条に記載済みです。

多くの業者は建築基準法を守っていますが、中には違反しているとこもあるので注意が必要です。

着工とみなされる工事には、以下のようなものが当てはまります。

くい打ち工事
地盤改良工事
山留め工事
根切り工事

業者の中には、着工するときに料金を請求されるケースもあります。そのため、上記のような工事内容が含まれているか、しっかり把握しておいてください。

施工の概要

施工の概要

施工とは、設計図をもとに工事を始めることを意味します。わかりやすくいえば工事中であること。家を建てているとき、街中で工事が行われている様子は、すべて施工にあたります。

施工を使った建築用語の中でよく使われているのが「施工管理」です。施工管理とは、工事が円滑に進むよう、工程や安全性を管理する業務内容。工事現場では、現場監督が施工管理者にあたります。

施工管理は国家資格が必要

施工管理は専門性が高いこともあるため、国家資格を保持している人がいるのが条件です。国家資格は

一級施工管理技士
二級施工管理技士

のどちらかが必要です。

竣工の概要

竣工の概要

竣工とは工事がすべて終了し、施主に物件が渡った状態を意味します。建物が完成した瞬間を竣工と思われがちですが、本来は検査まで終わり施主が使える状態になったこと。よく間違われるので注意してください。

竣工をイメージしやすいのが、メディアでも取り上げられる竣工式。工事が無事完了し、施主に渡す儀式で、竣工式が終わるとやっと自分の持ち物になるということです。

竣工で興味深いのが公共工事で竣工を表わすとき。公共工事では「しゅん工」と平仮名で表記されます。その理由は「竣」が常用漢字ではないから。

なかなか目にする機会はありませんが、公共工事では表記の仕方に違いがあるのを知っておくのもいいですね。

見た目は変わらない図面の違い

見た目は変わらない図面の違い

建築現場ではさまざまな図面が活用されます。建物を工事するときに使われる図面は設計図だけだと思っていませんか?実は大きくわけて3種類もあるんです。

設計図

設計図は工事にかかる前に作られるいちばん初めの図面。建物全体にかかる出来上がり寸法が書かれています。設計図には細かい寸法は記載されていません。

施工図

細かい寸法まで記載してあるのが施工図です。設計図を元に、目には見えていない大切な部分の寸法を記載し、この施工図を元に工事が着工されます。

竣工図

3つ目が竣工図。竣工図は完成した建物の寸法を記載した図面です。竣工図は設計図と見た目が変わらないため、素人には判断しにくいのが難点。

イメージとしては、設計図は下書きのようなもので、竣工図は下書きを清書して手直したものです。建物が完成すると竣工図を渡されるので、大切に保管しておいてください。竣工図はのちのちリフォームをするときに必要な図面で、竣工図がなければリフォームができません。

「着工」「施工」「竣工」は工事の工程を表した言葉

「着工」「施工」「竣工」は工事の工程を表した言葉

3つの言葉は、工事の工程を表している言葉です。とくに素人の方が気をつけたいのが着工の部分。確認済証がないと工事が始められないことは覚えておいてください。

竣工式は建築三大祭にもなっている大切な儀式です。竣工式を始めたらすべての工程が終了した証。ここまでが工事の一連の流れと考えておいてください。

タイトルとURLをコピーしました