【流動客アップ】ファサードにこだわった店舗デザインで店舗経営を成功させましょう

名古屋の天丼屋のファサードデザイン 店舗外装デザイン設計のポイント

たまたま通りかかった人が入っていく店舗とはどのようなもので、何故その店舗に入っていくのでしょうか。

通りすがりの人にお店に入ってもらう大きな決め手となるものは、店舗の外観です。本記事では集客に重要な外観について、店舗経営者が知っておくべきポイントをまとめました。

ファサードとは

ファサードにこだわった店舗

ファサードとはフランス語の”façade”からきた言葉で、建物を正面から見た外観デザインのことです。店舗デザインにおいては、外観、外装、エントランスの意味と捉えてよいでしょう。

店舗の外観デザインは何故重要なのか

外観が工夫された店舗デザイン

店舗ファサードのデザインは、お店の前を通る人々を集客する上で一番重要な役割をもちます。

「人は見た目が9割」というのは、人が人を印象付ける際に言われますが、これは店舗の外観においても変わりません。

人は入ったことのない店舗に入る前に、何を扱っているのか、価格帯はどの程度だろうかといった情報を得ようとします。何が売っているか分からない店舗には入ろうとは思いませんよね。

店舗の外観(ファサード)はその店舗のイメージの第一印象になります。その為、お店の魅力である「らしさ」が伝わり、インパクトと共に記憶に残ることが大切です。

お店の「顔」として、外観をデザインすることで顧客のミスマッチが起きず、売上を伸ばすことが出来ます。店舗の外観は非常に重要なだけに、どんなデザインにするのかをとことんこだわりましょう。

外観デザインで大切なこと

プロが作る内装デザイン

店舗の外観デザインで何を表現するか

店舗の外観デザインで一番大切なことは、何を表現するかです。店舗のコンセプトをしっかりと体現したデザインが表現されているかが重要です。

外観を通して、「何を提供しているのか」「ここにしかないものは何か」「顧客に何を伝えたいのか」などをどれだけファサードで表現できるでしょうか。

物質的豊かさが満たされている現代で求められているのは、商品・サービスを購入したことで得られる「体験」がメインになってきているといっていいでしょう。

店舗が持つワクワクするような物語性を是非ファサードでアピールしてみてください。

一目でどのような店舗かが分かること

どの様な商品・サービスを提供しているのか一目でわかることも大切です。後述するポイントをおさえて、顧客が分かりやすい外観デザインにしましょう。

魅力的な店舗ファサードをつくるうえでのポイント

わかりやすい店舗ロゴ

看板

看板を設置する場合に大切なことは視認性です。一目でその店だと分かるような、顧客にとっての分かりやすさを第一に考えてください。狭い通りにある店舗では突き出し看板も有効です。

外壁

ガラス張りの店

外壁は外装の多くの部分を占めます。そのため外壁は、店舗の全体的な雰囲気を決めてしまいます。

外壁の素材や色使いを工夫し、店舗のコンセプトに合わせつつ人々の注意をひく外壁にしましょう。外壁部分を減らし、代わりにガラスを張るという方法もあります。

これはコンビニエンスストアで使われる手法で、ガラス張りにすることで店内の様子が分かりやすく、またガラス張り面に雑誌を置くことで顧客が入っている様子を見せることができます。

こうすることによって入店へのハードルを最大限下げることができます。

動線を意識する

店舗の立地によっては、道路の動線を意識した外観デザインにすることも必要になってきます。

例えば、駅が南方面にあるなら、ファサードを南で設計する。それが無理でも、南に向けて看板を見やすく設置するなど、道行く人に店舗を認識してもらえる様な工夫をしましょう。

外観デザインの評価軸

必ずしも以下の評価でファサードの完成度が決まるわけではありませんが、標準的な店舗で必要な準備が出来ているか確認してみましょう。

  • ファサードを見て一目で店名と業種が分かるか
  • 客観的にみて顧客が入りやすい外観か
  • 店頭に営業日、営業時間の案内はあるか
  • 雨の日は傘立てを用意しているか
  • 店舗が分かりにくい場所にあるなら突き出し看板を設置しているか
  • ファサードはきれいに掃除されているか
  • 駐車場が近くにあるか、あるならそれを顧客が認識できるようになっているか
など、確認するポイントは沢山あります。建築デザイナーや施工会社などプロに相談しながら、準備を万全に整えましょう。

外観デザインは集客に重要な要素

外観デザイン(ファサード)は店舗の第一印象を決める大切な役割を持っています。最近ではインターネットで情報収集してから店舗に訪れるといった人も増えてきました。

それでもやはり外観のインパクトや印象は、集客に大きな影響を与え続けるものです。外観にはこだわって、唯一無二の店舗を構築しましょう。

本記事で解説したことば少しでも役立てば幸いです。店舗の外観設計に疑問点等がございましたら、我々にお気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました