【飲食店リニューアル】Withコロナ時代に求められる内装改築のポイントは「換気」がキーワードです!

コロナ禍での新規出店

コロナ渦の中で、「ウチの店舗は換気システムが悪く、お客様に悪い印象をあたえてるかもしれない、そんな心配をしている経営者の方も、多いのではないでしょうか。

事実、3密に「密閉」が含まれているように、「換気」はコロナ対策として重要な手段のため、換気が悪い店舗はこのご時世では避けられてしまうかもしれません。

たとえコロナが一旦収まったとしても、人々の記憶にコロナは残り続けるので、換気がいい店にしておくことに越したことはありません。

本記事では、来客数が少ない今だから行っておきたい、飲食店のリニューアルについて、withコロナの時代を意識した「換気」に焦点を当てて、解説していきます。

そもそも飲食店のコロナ対策に換気は有効なのか

コロナ対策に換気は有効

前提として、「換気がコロナに感染対策として必要なのか」、と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。結論として、換気対策は飲食店の感染症対策としてとても重要になります。

新型コロナウイルスは3密(密閉、密集、密接)の条件下で起こりやすいと言われています。しかし、飲食店で食事をする以上、ある程度の密集と密接は避けられません。

そのため、換気をしない場合、飲食店では3密の全ての要素が揃ってしまうことになります。

飲食店の3密対策

事実、厚生労働省のクラスター対策班は、換気の良い場所にいる時よりも、換気の悪い場所にいると18.7倍コロナウイルスにかかりやすいという報告をしています。

政府も飲食店は1番のコロナ感染の場所と考え、2021年1月発令の緊急事態宣言の前よりも飲食店に営業短縮を求め、緊急事態では更なる短縮を求めているのです。

そのため、飲食店が換気をすることはwithコロナの時代においてとても重要になります。

これから内装をリニューアルされるなら換気設備の設置がおすすめ

換気設備がおすすめ

換気を考えた際、もっとも簡単に頭に思い浮かぶのは「窓を開ける」ということではないでしょうか。もちろん、窓を開けることは換気としてとても意味があります。

しかし窓を開けた場合、外からの虫や埃が入りますし、カフェなどの落ち着いた店舗では騒音も気になります。冬には冷気が入ってくることにもなりますし、夏には暑い空気が入り室内の温度を上昇させてしまいます。

そこで導入したいのが「換気設備」です。高機能換気設備であれば、騒音を気にせずにきれいな外気を取り込めます。

換気設備とは?

本来換気を行う場合、空気の入口となる「給気」と空気の出口となる「排気」が必要になります。

高機能換気設備の場合、その両方を1台で行い「熱交換」をうまく利用することで、室内の気温をあまり変えずに換気ができる設備となっています。

高機能換気設備の値段は?

高機能換気設備には、さまざまな価格帯があります。5万円〜15万円ほどの金額となっており、金額が高いほどさまざまな機能が付随し、CO2センサーがあれば人が多い時は換気を強くしたり、ウイルスを除去するフィルターがついていたりします。

コロナを意識するのはもちろんのこと、これからのことを考えると、換気設備のリニューアルは考慮すべき点のひとつであると言えます。

換気設備の設置には補助金が出る⁈

換気設備設置の補助金

令和2年の6月に行われた環境省の「大規模感染リスクを低減するための高機能換気設備等の導入支援事業」において、飲食店において換気設備などの高効率機器を導入する際に補助金が出ました。

引用元:環境省 「大規模感染リスクを低減するための高機能換気設備等の導入支援事業」

内容としては、

①中小企業が運営する不特定多数の人が利用する業務用施設(飲食店等)では設置費用の⅔を補填する
②①以外の業務用施設では設置費用の½を補填する

という内容でした。

残念ながらこちらの公募はすでに終了してしまっていますが、令和3年でも同じような補助金があるかもしれないので、アンテナを張り常に情報をチェックするようにしましょう。

建築会社が運営しているブログなどをチェックしていると、情報が手に入りやすいかもしれません。

まとめ

換気設備の導入は省エネなどにもつながる

緊急事態宣言で、お店の営業は厳しい状況かもしれません。しかし、来客数が少ないコロナ渦の今こそ、コロナ後に業績を回復させるための準備をしておきましょう。

そのために高機能換気設備の導入は、省エネなどにもつながるので、おすすめの方法です。飲食店リニューアルのことは、ぜひ我々にお任せください!

タイトルとURLをコピーしました