特集:補助金・助成金を利用して店舗開業を成功させましょう

私たちTOは、店舗開業・リニューアル・運営などに関する補助金の取得をサポートします。これまでに100万円から6,000万円までの採択実績があります。「役に立つ」デザイン事務所として、施主様に一番近い立場でご相談に乗りながら、サポートさせていただきます。

詳細はこちら
店舗リニューアルのポイント店舗内装デザイン設計のポイント店舗外装デザイン設計のポイント

店舗リノベーションはどのくらいの期間がかかる?改装工事にかかる工期やスケジュールを立てるポイントを紹介します。

名古屋の繁盛店の焼鳥屋 店舗リニューアルのポイント
この記事は約6分で読めます。
「店舗リノベーション期間はどのくらいかかるんだろう」
「店舗リノベーションにかかる期間を業種別に詳しく知りたい」

このように、店舗リノベーションにかかる期間について詳しく知りたいと思っているオーナー様は多いのではないでしょうか。この記事では、店舗リノベーションにかかる期間の目安を業種別に解説し、工期のスケジュールを立てる際のポイントを紹介していきます。

店舗リノベーションにかかる期間を把握しないまま、リノベーションの依頼をしてしまうと、考えていた開業日に間に合わない、なんてことになる可能性が。店舗リノベーションの最悪な事態を防ぐためにも、ぜひ最後までご参照ください。

店舗リノベーションにかかる期間はどのくらい?

まずはじめに、店舗リノベーションにかかる期間は「計画」と「工事」の2つに分かれます。一般的な2つにかかる期間の目安を知ることで、店舗リノベーションのスケジュールを立てやすくなるでしょう。それでは「計画」と「工事」の目安をこれから詳しく解説していきます。

店舗リノベーションの計画にかかる期間

デザイン設計事務所に頼った場合の店舗リノベーションにかかる期間

店舗リノベーションの計画期間は、建築設計事務所やリノベーション業者への相談から、工事に入る(着工)までの期間を指します。一般的に、店舗リノベーションの計画には最低でも2ヶ月程度かかると考えておくといいでしょう。

余裕をもって店舗のデザインにこだわりを出していきたいのであれば、 3ヶ月程度をみておくといいでしょう。また、建築設計事務所(デザイナー)とリノベーション専門業者(ハウスメーカーや工務店など)のどちらに依頼するかによっても、計画期間が変わリます。

簡易的なリノベーション(リフォーム)であればハウスメーカーや工務店でもいいかもしれませんが、リノベーションで店舗のデザインを見直す、新しいコンセプトにする、などの場合は、建築デザイナーがいる建築設計事務所にご依頼されることをおすすめします。

こちらのページではデザイン業者の選び方に関する記事をご紹介しております。業者選びが済んでいないという方はこちらも合わせてご参照ください。

店舗リノベーションの工事にかかる期間

店舗リノベーションの工事にかかる期間

一般的に工事の目安は1ヶ月〜2ヵ月程度です。ただし、当然ですが、工事期間はお店の規模や周辺環境、リノベーションをおこなう箇所によって大きく変動します。また、デザインにこだわりがあり、リノベーションに関わる建具や造作などで特注品を発注する場合は、工事期間が伸びると考えておいてください。

【業種別】店舗リノベーションにかかる期間

店舗リノベーションの工事

今回は、3つの業種の店舗リノベーションにかかる期間を紹介していきます。ただし、これからご紹介する期間はあくまで一般的な目安であり、先述の要素により、その実は大きく変動いたします。

まずは、依頼を検討されている建築設計事務所やリノベーション専門業者に相談をして、どれくらいの期間がかかりそうか、ざっくりとした目安を聞いてみましょう。もちろん、私たち株式会社TOにもお気軽にご相談いただけますと幸いです。

飲食店のリノベーション

リノベーションした古民家の飲食店

飲食店のリノベーションは、部分的箇所のみであれば計画から完了まで1ヶ月程度です。スケルトン状態からのリノベーションの場合は、トータルで3ヶ月〜4ヵ月程度かかると考えておくといいでしょう。

飲食店の場合は、厨房工事や設備工事に加え、お客様の居心地の良い空間作りに注力する必要があります。そのため、他の業種に比べるとリノベーションの工事期間が長くなる傾向にあります。早い段階から、全行程でどのくらいの期間がかかるかを依頼先に確認しておきましょう。

小売店のリノベーション

小売店の店舗リノベーション事例

小売店のリノベーション期間は、長くてもトータルで2ヶ月〜3ヵ月程度です。飲食店や美容室などと比べて、水回りの設備や特殊機材の導入が必要ないため、リノベーション期間は短い傾向にあります。

ただし、高級ブティックやジュエリーショップの場合は、内外装のデザインが複雑化しやすいため、一般的な小売店と比べて期間が長くなリます。什器や造作を特注発注する場合は注意しておきましょう。

美容室のリノベーション

美容室の店舗リノベーション事例

美容室のリノベーション期間は、部分的な箇所で1ヵ月程度スケルトンからのリノベーションでトータル3ヵ月〜4ヵ月程です。飲食店と同じく水回りの設備や電気設備など、導入しなければならない設備が多いため、リノベーションに必要な期間は長くなる傾向があります。

店舗リノベーションのスケジュールを立てる際のポイント

店舗リノベーションの期間のスケジュールを立てるポイント

店舗リノベーションの期間のスケジュールを立てるポイントは、以下の4つです。これら4つを活用してリノベーションのスケジュールを立てることにより、店舗リノベーションがスムーズに進むようになるでしょう。

  1. リノベーション期間の目安を把握しておく
  2. リノベーションの目的を明確にしておく
  3. オープン日から逆算して考える

①リノベーション期間の目安を把握しておく

リノベーション期間の目安を早い段階から把握しておくことが重要です。リノベーション期間の目安を把握していないと、無謀なリノベーション計画になりかねません。無謀なリノベーション計画では、理想のリノベーションを実現することは難しいです。

建築設計事務所やリノベーション業者に早い段階から相談をもちかけ、リノベーション期間の目安を控えておきましょう。この相談段階から、親身に相談に乗ってくれる会社やデザイナーを選ぶようにしましょう。

②リノベーションの目的を明確にしておく

店舗リノベーションの「計画」の段階で時間をかけすぎないようにするために、オーナー様自らが、リノベーションの目的や、リノベーションで実現したいお店のコンセプトを明確にしておきましょう。

コンセプトを明確にしておくことで、デザイナーがコンセプトに沿ったリノベーションの提案をしてくれます。デザイナーはオーナー様の「理想」を「形」にするお手伝いをします。理想が曖昧だとどうしても計画段階に時間がかかってしまいます。初動をスムーズにを進めるためにもまずはオーナー様自らがリノベーションの目的をつき詰めて考えておくことが重要です。

③オープン日から逆算して考える

具体的なリノベーションのスケジュールを考える際は、ある程度オープン日を決めておきましょう。最初にオープン日を決めることで、建築設計事務所・リノベーション専門業者がオープン日に間に合うようスケジューリングのアドバイスや計画してくれるでしょう。

ポイントは、リノベーション依頼からオープン日までの期間に余裕を持っておくこと。期間に余裕があると、手違いなどが起きた際もオープン日に間に合わせることが可能になります。

まとめ

店舗リノベーションポイント

この記事では、店舗リノベーションのスケジュールを立てる際のポイントを紹介してきました。店舗リノベーションにかかる期間は、お店の売上に関わる重要なポイントです。上記のポイントを押さえて、店舗リノベーションをスムーズに完了させましょう。

株式会社TO(ティーオー)は、店舗やオフィスなど商業施設の設計を得意とするデザイン設計事務所です。これまで多数のリノベーション案件を承ってまいりました。

ご相談いただくお客様の中には、店舗リノベーションに関して不安を抱いている方も多くいらっしゃいますので、「要望の伝え方がわからない」「どのように進めればいいかわからない」という方も安心してご相談ください。みなさまからのお問い合わせを、心よりお待ちしております。

なおこちらの記事では、飲食店、小売店、美容室など業種別にリノベーション費用の相場を掲載しております。費用が気になる方はこちらも合わせてご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました