小さいお店の店舗デザイン|狭小店舗が開業する際に大切なポイントとは?

駅前の小さな店舗のデザイン事例 店舗内装デザイン設計のポイント
「飲食店の開業で小さいお店の店舗デザインはどのように設計すればいいんだろう」
「飲食店の小さい店舗を開業するさいに抑えるべきポイントを知りたい」

このように、小さな飲食店の開業にあたり、店舗デザイン決めに悩んでいるオーナーの方は多いのではないでしょうか。小さい飲食店の開業は、小さい飲食店のお店ならではの抑えるべきポイントが多いです。

一般的な飲食店と同じ店舗デザインの設計をしてしまうと、集客が思うようにできず売上が獲得できない、なんてことになりかねません。

そこでこの記事では、小さい飲食店の店舗デザインを設計する際の、抑えるべきポイントを解説していきます。ぜひ最後までお読みください。

こちらの記事で掲載している店舗の画像は、すべて私たち株式会社TOでデザインいたしました。気になるデザインがございましたら、お気軽にお問い合わせください

小さいお店の店舗デザインを設計する前にすること

小さいお店の店舗デザイン

飲食店の狭小店舗で最も重要なのは、開業するお店のコンセプト。コンセプトを明確にすることが、お店の集客や売上を左右します。

店舗デザインを設計する前に必ずお店のコンセプトを明確にしておきましょう。以下を参考にしてコンセプトを決めてみてください。

  1. 何を提供するのか
  2. 誰をターゲットにするのか
  3. どこに出店するのか
  4. 営業時間帯はいつなのか
  5. なぜそのお店を開業するのか
  6. 提供する食事・飲みものの価格帯はいくらか

上記6つを一つずつ回答していくと、自然に開業するお店のコンセプトが明確になります。コンセプトは、具体的であるほど有益なため、「なぜ」を意識し深掘りして決めていくといいでしょう。

特に、飲食店の狭小店舗の場合は、「何を提供するのか」と「誰をターゲットにするのか」を深く考えなければなりません。

数多くある飲食店の中で狭小店舗が売上を獲得するには、他の一般的な飲食店より、「何を提供するのか」と「誰をターゲットにするのか」の2つが明確である必要があります。

小さいお店の店舗デザインのポイント5つ

極小店舗の店舗デザイン

飲食店の小さいお店の店舗デザインを設計する際に抑えるべきポイントは以下の5つです。

  • 適切な立地の選定
  • 厨房と客席のバランスを考えた店舗デザイン
  • 回転率を重視した店舗デザイン
  • 動線を意識した店舗デザイン
  • 一目でわかるファサードの導入

上記5つのポイントを意識しながら店舗デザインを決めることで、売上の獲得に苦労しないお店を作ることができるでしょう。

飲食店の小さいお店の開業と運営を成功させるためにも、上記5つのポイントを取り入れた店舗デザインを設計してみてください。それでは、これから5つのポイントを詳しく解説していきます。

適切な立地の選定

まず小さい飲食店の開業・運営でのキーポイントとなるのが、立地の選定。立地の選定に失敗すると、集客と売上の獲得に苦労する可能性が高くなります。

出店する立地を見極めるポイントは2つ。「需要のある場所であるか」と「競合店の有無」です。例えばサラリーマンが多い地域には立ち飲み屋、主婦が多い地域にはカフェなど、需要のある立地を選定しましょう。

お客さまを奪い合わないためにも、近隣の競合店の有無も確認しておいてください。出店する地域の調査は重要なので、慎重かつ丁寧におこないましょう。

 厨房と客席のバランスを考えた店舗デザイン

狭小空間では、厨房と客席のバランスを考えた店舗デザインにすることが重要です。提供する料理の品数を増やすために、厨房設備を多くしてしまうと、客席が狭くなり居心地の悪い空間になってしまいます。

反対に、客席の幅を広くとって厨房を狭くすると、料理や飲み物がスムーズに提供できなくなります。開業する飲食店の種類によって変わってきますが、お客さまとスタッフ共がにストレスを感じない、バランスに注力した厨房と客席にしましょう。

回転率を重視した店舗デザイン

回転率を上げる店舗デザインにするには、「スタンド業態」に焦点を当てて考えるといいでしょう。立ち飲み・立食タイプにすると、長居するお客さまが減るため回転率が上がります。また、イスがないので収容人数も増やすこともできます。

スタンド業態では、カウンターにこだわることがポイント。カウンターはさまざまな種類がありますが、狭小店舗での売上と回転率の面を考えると、コの字型カウンターが最適です。

一般的なストレートタイプのカウンターと比べ、料理の提供が早くでき収容人数を増やすことができます。店舗の形や広さによりますが、可能であればコの字カウンターを導入してみてください。

動線を意識した店舗デザイン

お客さまの動線を必ず考えなければなりません。狭い空間だとしても、カウンター席の後ろを人が1人通れる幅(60cm前後)を確保しましょう。60cm前後の幅を取らないと、お客さま同士が気をつかう居心地の悪い空間になってしまいます。

また、お客さまが不自由に感じない動線を確保するためには、カウンターの下にカバンなどをおける収納を設置したり、壁にコートをかけられるようにフックを取り付けるいいでしょう。デッドスペースを有効活用してお客さまの動線の確保に努めてみてください。

目立つファサードの導入

店舗デザインネオン管

パッと見で目立つファサードの導入が、飲食店の小さいお店では欠かせません。一番の売りの商品をファサードの全面に出すといいでしょう。

数ある飲食店の中で、お店を知ってもらうことに焦点をあてなければ、集客は成功しません。

わかりやすさを意識し、通行人に気づいてもらえるファサードを作ることで、来客が増え売上に繋がります。狭小店舗を成功に導くには、一目で目を引くファサードの導入が重要なポイントです。

コロナ禍で小さいお店の店舗デザインで意識すべきこと

テイクアウト専門店舗

狭小店舗は密の空間であるため、コロナ禍で売上を取るのは難しくなります。そこで、狭小店舗が力を入れるべきなのが、テイクアウトとデリバリーです。

テイクアウトとデリバリーをうまく活用することで、売上の獲得は維持できるでしょう。テイクアウトとデリバリーを導入するのであれば、専用の受け口を作るべきです。

料理のスムーズな提供には、テイクアウト・デリバリー専用の受け口が欠かせません。狭小店舗でも取り入れられるテイクアウト・デリバリー専用の受け口を、専門業者と相談しながら作ってみてください。

まとめ

狭小店舗のデザイン

この記事では、小さい飲食店の店舗デザインを設計する際の抑えるべきポイントを解説してきました。この記事の重要なポイントは以下です。

  • 店舗デザインを決める前にコンセプトを明確にする
  • 狭小店舗の場合は「何を提供するか」と「誰をターゲットにするか」を他の飲食店よりも深掘りする
  • 立地の選定のさいは、「需要のある場所であるか」と「競合店の有無」を事前に調査しておく
  • お客さまとスタッフ共にストレスを感じないバランスに注力した客席と厨房にする
  • 回転率を上げるには「スタンド業態」に焦点をあてて店舗デザインを考える
  • 狭小店舗にはコの字カウンターが適している
  • カウンターの下などに収納を作るなどしてお客さまの動線を確保する
  • 通行人に気づいてもらえるパッと見でわかるファサードを導入する
  • コロナ禍の狭小店舗は、テイクアウトとデリバリーを中心に考えて運営する

飲食店の小さいお店は、隠れ家として多くのリピーター客を見込むことができます。また、お店を運営する上でも固定費を安くすませられるでしょう。

ただ、狭小店舗で売上を確保してくのは簡単なことではありません。飲食店の開業と運営を成功させるためにも、上記のポイントを活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました