持続可能なお店づくりを一緒に考えましょう

コロナ禍で「続けていける店」と「閉店する店」の2極化が進み、街は変わりました。いま、店舗デザインは変革期を迎えています。これまでの「売れる」のみを目的としてきた店づくりから、「在り方」を考え、持続可能を目指す店づくりに変わってきています。私たちは、一過性の流行にとらわれない、長く続けていける店づくりを施主様と共に徹底的に考え抜きます。

TOのお店づくりの詳細はこちら
店舗リニューアルのポイント店舗内装デザイン設計のポイント建築工事の基礎知識飲食店のデザイン

【5分でわかる】机の脚の種類とおすすめデザイン|テーブルの基本知識について解説いたします!

店舗テーブルデザイン 店舗リニューアルのポイント
この記事は約3分で読めます。

机には様々な脚が存在します。皆さんもお店や家で見かけることがあってもあまり注目することは少ないのではないでしょうか?今回はそんな机の脚についてご紹介いたします。

「店舗にどんな机を取り入れるか悩んでいる」
「自分でDIYして見たいが、どれが適しているんだろう」
「スタイリッシュなお店にはどんなデザインが合うんだろう」

などお悩みの方は是非参考にしてみてください。

ロの字脚

ロの字型

横から見た時にロの字になっている脚のことです。まず脚が床に面している面が大きいため安定感があり強度にも優れています。そのためオフィスデスクやダイニングテーブルなど荷重がかかる場面にオススメです。

また前から見た問いに脚の幅で印象が変わります。太い脚の場合は無骨でどっしりとした安定感を、細い脚の場合はスタイリッシュで都会的な印象になります。

四つ脚

四脚型

最もベーシックなタイプで四隅に脚を設けるタイプの脚になります。四つの脚で支えるため安定感がありどの場面でも使用することが出来ます。また短辺の側にも座ることが出来るのでスペースを上手く利用出来ます。角材か、丸材かでも印象は変わります。

ベース付き一本脚

ベース付き一本脚

店舗では最もよく見かけるタイプの脚です。天板の中心に一本脚を設けて支えるタイプになります。主に二人から四人用の机に用いられます。どの面から座っても足を邪魔する物がないため快適に過ごせるのが特徴です。

またベンチ席の前などでは特に横から身体を滑らせて椅子に座るため引っ掛かりがないこのタイプはよく用いられます。またベースは四角のものがオーソドックスですが円形や楕円形や角のとれた四角形などもあるためイメージに合うものを選択しましょう。

I字脚

I字型

向かい合う二辺に設けられ横から見た際にI字型になっている脚のことを言います。和モダンなデザインにもよく合うタイプの脚になっています。

Aライン脚

向かい合う二辺に設けられて横から見た際に台形のようなラインが特徴です。洗練されてスタイリッシュな印象に机にすることが出来ます。

十字脚

十字脚型

ベースの部分が十字型・X型になっている脚のことです。一般的に軽量のため良く移動をする机にオススメです。また足元がスッキリとするので椅子の収納もしやすいです。ただあまり荷重に強くないので、オフィスやレストランには向かないかもしれません。小規模なカフェやバーなどで用いることがオススメです。

床脚固定型

床に直接固定するタイプの一本脚です。埋め込むタイプとビス止めタイプがあります。レストランなど6名以上の固定型の席に用いられることが多いです。ベースが小さいため足の邪魔にならず快適に過ごすことが出来ます。

ただ固定のためのコストがかかる上、移動が容易に出来ないというデメリットもありますので、しっかりと考慮した上で取り入れることが大切です。

カウンターテーブル脚

カウンターテーブル脚

カウンターテーブル用の長い一本脚になります。丸型やスクエア型の小型の天板と合わせてクラブやバーなどで用いることがオススメです。また足をかける用のステップや荷物置きようの棚板がついているものもあります。

まとめ

今回は机の脚に注目してみました。特に飲食店には欠かせないものですし、数もたくさんいる場合が多いです。もしお悩みのことがございましたらご気軽にご相談ください。

株式会社TOは店舗やオフィスなどの商業施設のデザインを多く取り扱っています。「お客様が望まれていること」さらに「お客様のお客様が望まれていること」を実現できるように誠心誠意取り組んで参ります。店舗改装や、新規出店、それ以外のことでも何かお困りのことございましたらご気軽にご相談下さい。皆様の理想を叶えるために尽力させて頂きます。

タイトルとURLをコピーしました