飲食店のテーブルと椅子の高さとバランスは重要!お客さまの居心地を左右するテーブルと椅子について解説します。

愛知県名古屋の飲食店の店舗デザイン 店舗内装デザイン設計のポイント

飲食店のテーブルと椅子は、お客様の居心地に関係し、リピーターの増加に繋がる大事な部分です。テーブルと椅子のバランスが悪いと「また来ることはないわね」なんて、お客様が思ってしまう可能性があります。

そこでこの記事では、飲食店のテーブルと椅子の適切なバランスについて解説していきます。ぜひ最後までお読みください。

飲食店に最適なテーブルと椅子の高さとは

飲食店では、テーブルと椅子に推奨されている高さ基準があります。基本的には、基準の高さに合わせて、テーブルと椅子を選べば大丈夫です。

テーブルと椅子のバランスや飲食店の業態によって、適宜高さを調節する必要があります。それでは、座席の種類別に最適なテーブルと椅子の高さを解説していきます。

一般的なテーブルと椅子の席

テーブルの高さ基準

一般的に居酒屋やレストランなどでよく使用されるテーブルと椅子の最適なバランスは以下とされています。下記の高さに設定し、提供する料理によって、選ぶテーブル・椅子の高さを微調整してみてください。

一般的にレストランよく採用される高さ

テーブルの高さ 70cm前後(床からテーブルの天板まで)
椅子の高さ 40cm前後(床から椅子の座面まで)
椅子の座面からテーブルの天板までの高さ 28cm程度

例えば、どんぶりをよく使用するラーメン店や、テーブルに高い機器を乗せて食事をする、焼肉店や鍋料理店は、椅子の高さを3cm程上げるといいでしょう。

反対に、カフェやタピオカ屋などドリンク主体のお店は、椅子の高さを3cm程下げると、お客さまが、快適に過ごせる空間を作り出すことができます。

お座敷の席

一般的なお座敷の席の最適なテーブルの高さです。

テーブルの高さ 30cm程(座布団の座面からテーブルの天板まで)

お座敷席で忘れてはならないのが、座布団の高さ。座布団を敷いた高さで計算をしないと、食事がしにくいお座敷席になってしまいます。基本的に、お座敷席では座布団を敷くことが多いため、使用する座布団の高さを必ず入れて計算してください。適切なテーブルの高さは30cm程ですが、提供する料理によって±3cm程調整するといいでしょう。

掘りごたつ席

掘りごたつ席のデザイン

一般的な掘りごたつ席の最適なテーブルの高さです。

テーブルの高さ 70cm前後(掘りごたつの床からテーブルの天板まで)
座布団の座面からテーブルの天板までの高さ 30cm程
掘りごたつの床から座布団の座面までの高さ 40cm程

※テーブルが掘りごたつの上にある場合、お座敷席と同じ30cm程の高さが最適

大部分は、お座敷席と一緒の高さが適切です。掘りごたつ席もお座敷席と同様に、座布団の高さを考慮することが重要なポイントです。また、掘りごたつ席は、掘りごたつの床から、座布団の座面までの高さを考える必要があります。最適な高さは40cm程。40cm程の深さを目安にして掘りごたつを作ると、不自由ない空間を作り出すことができます。

ソファー席

一般的なソファー席の最適なテーブルとソファーの高さです。

料理を提供する飲食店の場合

料理を提供する飲食店の場合

テーブルの高さ 60cm前後
床からソファーの座面までの高さ 35cm前後
ソファーの座面からテーブルの天板までの高さ 20cm〜25cm程

飲み物主体の飲食店の場合

ソファー席のデザイン

テーブルの高さ 35cm前後
床からソファーの座面までの高さ 35cm前後
ソファーの座面からテーブルの天板までの高さ 20cm程
テーブルと椅子の距離 25cm〜30cm程度

ソファー席は、料理を提供するかしないかで、テーブルの高さを変えるといいでしょう。テーブルの高さが低すぎると食事がしにくくなるため、食事を提供する場合は、テーブルの高さを60cm前後に設定してみてください。

反対に、飲み物の提供が中心の場合、リラックスできる空間を作ることが、ポイントになります。テーブルとソファーの距離感を重要視するといいでしょう。

また、ソファーの座面が沈み込むタイプなのか、硬い反発性の高いタイプなのかを必ずチェックしてください。ソファーの座面のタイプに沿って、テーブルの高さ選びをしましょう。

カウンター席

カウンター席のデザイン

一般的にカウンター席の最適なカウンターと椅子の高さは以下がよいとされています。

一般的なカウンター(居酒屋や小料理屋など)

カウンターの高さ 70cm前後
椅子の座面からカウンターの天板までの高さ 25cm〜30cm程

ハイカウンター(バーなど)

カウンターの高さ 90cm〜100cm程
椅子の座面からカウンターの天板までの高さ 25cm〜30cm程

カウンターは席の場合は、飲食店の業態によって、カウンターの高さを変える必要があります。カウンター席は、お店のコンセプトに合った高さのカウンターと椅子を、導入するようにしましょう。

飲食店のテーブルを選ぶ際に意識すべきポイント

テーブル選びのポイント

飲食店のテーブルを選ぶ際、意識するべきポイントは以下の3つです。この3つのポイントは、お客さまの居心地だけでなく、売上にも影響しますので、必ず抑えておきましょう。

①4人がけと2人がけテーブルの2種類を作る

飲食店のテーブルは、基本的に4人掛けテーブルと2人掛けテーブルを作りましょう。4人掛けテーブルに2人しか座らない場合は、客席の稼働率が50%になり、売上に伸び悩む可能性が高くなります。4人掛けと2人掛けテーブルを用意しておくことで、客席の稼働率を、効率よく上げることができるようになります。

②テーブルの高さを統一する

テーブルの高さを統一することで、宴会など、大人数で来店されたお客さまの席の対応が、容易になります。また、統一感があると、店内の見栄えがよくなるため、お客さまからの第一印象がよくなるでしょう。

④安定感のあるテーブルを選ぶ

安定感のあるテーブルを選ぶことも重要。グラつくテーブルは、お客さまにストレスを与えてしまいます。反対に、安定感のあるテーブルは、ケガを予防し、お客さまに安心感を与えることができます。

インテリアの使い心地やリラックスできる高さなど、店舗の什器に関しましては、こちらの記事で詳しく解説しています。ぜひこちらも合わせてご参照ください。

飲食店の椅子で意識すべきポイント

飲食店の椅子で意識すべきポイント

飲食店の椅子を選ぶ際、意識すべきポイントは以下4つです。

  • 椅子の高さを統一する
  • 音がしない安定感のある椅子を選ぶ
  • 回転率を重視する場合は、背もたれなしで小さめの椅子を選ぶ
  • リラックス重視のお店は、背もたれありで幅広の椅子を選ぶ

テーブルと同様に宴会などの大人数の来店に備え、椅子の高さも統一しましょう。椅子の高さがバラバラだと、テーブルとのバランスが悪く、食事がしにくくなってしまうので、注意が必要です。

また、音がしない安定感のある椅子を選ぶことも重要。座るごとにギシギシ音がする椅子は、お客さまを不安にさせてしまいます。

安定感のある素材で作られた、しっかりとした椅子を選びましょう。飲食店の業態やお店のコンセプトに沿った椅子を、取り入れることを意識してみてください。

まとめ

テーブルと椅子のバランス

この記事では、飲食店のテーブルと椅子の適切なバランスについて解説してきました。飲食店のテーブルと椅子のバランスを考えるのは、簡単なようで難しいポイントです。上記の重要ポイントを意識して、開業するお店にピッタリのテーブルと椅子を選んでみてください。

株式会社TO(ティーオー)は、店舗デザインを得意とするデザイン事務所です。お客様にとって「心地よい空間とはなにか」という問いに対して真摯に向き合い、お客様に最適なプランニングをしております。

お客様のご要望にピッタリな空間設計をいたしますので、何かお困りの際はお気軽にご相談くださいませ。皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

今回解説したことを踏まえて、店舗デザインを行いましょう。店舗デザインに関してはこちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ合わせてご参照ください。

店舗内装デザイン設計のポイント飲食店のデザイン
私たち株式会社TOについて

株式会社TOは、愛知県名古屋市とニューヨークに拠点を構える建築設計事務所です。飲食店、居酒屋、寿司店、バー、オフィス、美容室、物販店、クリニック、古民家改築など、主に商業施設の建築デザイン設計を承っております。

当社は企画から施工までを一貫して請け負うことができる建築設計事務所です。施工については、私たちの信頼するパートナー企業や施工会社に、責任を持って発注代行いたします。新規オープン、リフォーム、リニューアルいずれも対応可能です。

私たちは「役に立つデザイン事務所」として活動をしています。建築デザインのご相談、開業手続き、物件の選び方、ターゲティング、開業資金の調達など、店舗開業に関する幅広いご相談を承っております。ご相談は無料で対応させていただいておりますので、メールまたはお電話にて、どなた様もお気軽にご連絡ください。
株式会社TOをフォローする
名古屋市の建築デザイン設計事務所株式会社TOのスタッフブログ
タイトルとURLをコピーしました