飲食店のテーブルと椅子の高さとバランスは重要!お客さまの居心地を左右するテーブルと椅子について解説します。

愛知県名古屋の飲食店の店舗デザイン 店舗内装デザイン設計のポイント
「飲食店のテーブルと椅子のバランスってこだわった方がいいのかな」
「飲食店に使用するテーブルと椅子って、種類が多すぎてどの高さ・大きさを選べばいいか分からない」

飲食店のテーブルと椅子は、お客さまの居心地に関係し、リピーターの増加に繋がる大事な部分です。テーブルと椅子のバランスが悪いと「また来ることはないわね」なんて、お客さまが思ってしまう可能性があります。

そこでこの記事では、飲食店のテーブルと椅子の適切なバランスについて解説していきます。ぜひ最後までお読みください。

飲食店に最適なテーブルと椅子の高さとは

テーブルの高さ基準

飲食店では、テーブルと椅子に推奨されている高さ基準があります。基本的には、基準の高さに合わせて、テーブルと椅子を選べば大丈夫です。

テーブルと椅子のバランスや飲食店の業態によって、適宜高さを調節する必要があります。それでは、座席の種類別に最適なテーブルと椅子の高さを解説していきます。

一般的なテーブルと椅子の席

一般的に居酒屋やレストランなどでよく使用されるテーブルと椅子の最適なバランスは以下とされています。

  • テーブルの高さ→70cm前後(床からテーブルの天板まで)
  • 椅子の高さ→40cm前後(床から椅子の座面まで)
  • 椅子の座面からテーブルの天板までの高さ→28cm程度

基準を上記の高さに設定し、提供する料理によって、選ぶテーブル・椅子の高さを微調整してみてください。

例えば、どんぶりをよく使用するラーメン店や、テーブルに高い機器を乗せて食事をする、焼肉店や鍋料理店は、椅子の高さを3cm程上げるといいでしょう。

反対に、カフェやタピオカ屋などドリンク主体のお店は、椅子の高さを3cm程下げると、お客さまが、快適に過ごせる空間を作り出すことができます。

お座敷の席

一般的にお座敷の席の最適なテーブルの高さは以下とされています。

  • テーブルの高さ→30cm程(座布団の座面からテーブルの天板まで)

お座敷席で忘れてはならないのが、座布団の高さ。座布団を敷いた高さで計算をしないと、食事がしにくいお座敷席になってしまいます。

基本的に、お座敷席では座布団を敷くことが多いため、使用する座布団の高さを必ず入れて計算してください。適切なテーブルの高さは30cm程ですが、提供する料理によって±3cm程調整するといいでしょう。

掘りごたつ席

掘りごたつ席のデザイン

一般的に掘りごたつ席の最適なテーブルの高さは以下とされています。

  • テーブルの高さ→70cm前後(掘りごたつの床からテーブルの天板まで)
    ※テーブルが掘りごたつの上にある場合、お座敷席と同じ30cm程の高さが最適
  • 座布団の座面からテーブルの天板までの高さ→30cm程
  • 掘りごたつの床から座布団の座面までの高さ→40cm程

大部分は、お座敷席と一緒の高さが適切です。掘りごたつ席もお座敷席と同様に、座布団の高さを考慮することが重要なポイントです。

また、掘りごたつ席は、掘りごたつの床から、座布団の座面までの高さを考える必要があります。最適な高さは40cm程。40cm程の深さを目安にして掘りごたつを作ると、不自由ない空間を作り出すことができます。

ソファー席

ソファー席のデザイン

一般的にソファー席の最適なテーブルとソファーの高さは以下とされています。

料理を提供する飲食店の場合

  • テーブルの高さ→60cm前後
  • 床からソファーの座面までの高さ→35cm前後
  • ソファーの座面からテーブルの天板までの高さ→20cm〜25cm程

飲み物主体の飲食店の場合

  • テーブルの高さ→35cm前後
  • 床からソファーの座面までの高さ→35cm前後
  • ソファーの座面からテーブルの天板までの高さ→0cm程
  • テーブルと椅子の距離→25cm〜30cm程度

ソファー席は、料理を提供するかしないかで、テーブルの高さを変えるといいでしょう。テーブルの高さが低すぎると食事がしにくくなるため、食事を提供する場合は、テーブルの高さを60cm前後に設定してみてください。

反対に、飲み物の提供が中心の場合、リラックスできる空間を作ることが、ポイントになります。テーブルとソファーの距離感を重要視するといいでしょう。

また、ソファーの座面が沈み込むタイプなのか、硬い反発性の高いタイプなのかを必ずチェックしてください。ソファーの座面のタイプに沿って、テーブルの高さ選びをしましょう。

カウンター席

カウンター席のデザイン

一般的にカウンター席の最適なカウンターと椅子の高さは以下とされています。

一般的なカウンター(居酒屋や小料理屋など)

  • カウンターの高さ→70cm前後
  • 椅子の座面からカウンターの天板までの高さ→25cm〜30cm程

ハイカウンター(バーなど)

  • カウンターの高さ→90cm〜100cm程
  • 椅子の座面からカウンターの天板までの高さ→25cm〜30cm程

カウンターは席の場合は、飲食店の業態によって、カウンターの高さを変える必要があります。カウンター席は、お店のコンセプトに合った高さのカウンターと椅子を、導入するようにしましょう。

飲食店のテーブルを選ぶ際に意識すべきポイント

テーブル選びのポイント

飲食店のテーブルを選ぶ際、意識するべきポイントは以下3つです。

  1. 4人がけと2人がけテーブルの2種類を作る
  2. テーブルの高さを統一する
  3. 安定感のあるテーブルを選ぶ

上記3つのポイントは、お客さまの居心地だけでなく、売上にも影響します。必ず、抑えておきましょう。

①4人がけと2人がけテーブルの2種類を作る

飲食店のテーブルは、基本的に4人掛けテーブルと2人掛けテーブルを作りましょう。4人掛けテーブルに2人しか座らない場合は、客席の稼働率が50%になり、売上に伸び悩む可能性が高くなります。

4人掛けと2人掛けテーブルを用意しておくことで、客席の稼働率を、効率よく上げることができるようになります。

②テーブルの高さを統一する

テーブルの高さを統一することで、宴会など、大人数で来店されたお客さまの席の対応が、容易になります。また、統一感があると、店内の見栄えがよくなるため、お客さまからの第一印象がよくなるでしょう。

③安定感のあるテーブルを選ぶ

安定感のあるテーブルを選ぶことも重要。グラつくテーブルは、お客さまにストレスを与えてしまいます。反対に、安定感のあるテーブルは、ケガを予防し、お客さまに安心感を与えることができます。

飲食店の椅子で意識すべきポイント

飲食店の椅子で意識すべきポイント

飲食店の椅子を選ぶ際、意識すべきポイントは以下4つです。

  • 椅子の高さを統一する
  • 音がしない安定感のある椅子を選ぶ
  • 回転率を重視する場合は、背もてたれなしの椅子を選ぶ
  • リラックス重視のお店は、背もたれありの椅子を選ぶ

テーブルと同様に宴会などの大人数の来店に備え、椅子の高さも統一しましょう。椅子の高さがバラバラだと、テーブルとのバランスが悪く、食事がしにくくなってしまうので、注意が必要です。

また、音がしない安定感のある椅子を選ぶことも重要。座るごとにギシギシ音がする椅子は、お客さまを不安にさせてしまいます。

安定感のある素材で作られた、しっかりとした椅子を選びましょう。飲食店の業態やお店のコンセプトに沿った椅子を、取り入れることを意識してみてください。

まとめ

テーブルと椅子のバランス

この記事では、飲食店のテーブルと椅子の適切なバランスについて解説してきました。この記事の重要ポイントは以下です。

  • テーブルと椅子の高さのバランスは、基準を目安にして提供する料理によって調整する
  • お座敷席は、必ず座布団の高さを考慮する
  • 掘りごたつの深さは、一般的に使用している椅子の高さと同じにると良い
  • ソファー席は、料理が主体か飲み物が主体かでテーブルと椅子のバランスを変える
  • カウンター席は、業態によってカウンターの高さを変える
  • 飲食店の椅子は、安定感のある音がしないモノを選ぶ

飲食店のテーブルと椅子のバランスを考えるのは、簡単なようで難しいポイントです。上記の重要ポイントを意識して、開業するお店にピッタリのテーブルと椅子を選んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました