【坪単価、施工費ってなに?】内装デザインの相場・費用項目の見方を徹底解説!

内装工事のポイント

新しく店舗を開業したい、店舗の内装をリニューアルしたいなど、店舗の内装デザインに興味がある方は多いと思います。その中でもまず気になるのが費用です。

しかし調べても専門用語ばかりで難しく断念される方も多いはずです。そこで今回は基本的な知識「坪単価」「施工費」等をメインに費用について説明いたします。

坪単価とは?

坪単価とは

「坪」は日本古来の面積を表す単位です。メートルで表すと約3.3㎡で、約二畳分の大きさを示します。そして「坪単価」は一坪あたりの工事にかかる料金を示す言葉です。

坪単価の求め方

施工費÷坪数で求めることが出来ます。坪単価を知ることにより施工費がおおよそいくらか知ることができます。

20坪(約66.1㎡)の店舗工事費の坪単価が40万の場合
20坪×40万=800万円ということになります。

坪単価相場

内装デザインの工事費は業種やデザインにより大きく異なり、一概に相場を出すことは出来ません。

しかし飲食店では厨房設備が必要になりますし、美容院でも水回り等の設備が必要になります。一方でアパレル等の比較的設備が少ない状態でも運営出来るものもあり、それぞれ異なっています。

施工費とは?

施工費とは

工事費用を示す言葉です。大きく「建築工事費」と「設備工事費」に分けることが出来ます。

建築工事費

「建築工事費」は工事を円滑に進めるために一時的に行われる「仮設工事」や、ガラスをはめ込む「ガラス工事」、壁などに塗装を行う「塗装工事」、「内装仕上げ工事」などにかかる費用です。

設備工事費

「設備工事費」は配電設備や送電設備を設置する「電気工事」、災害に備えて行われる「防災工事」、エアコンの設置などを行う「空調工事」、水道設備を設置する「水道工事」などにかかる費用です。

施工費の相場

施工費も店舗の業種やデザイン、規模や用いる材料により大きく異なり、相場を一概に言うこと出来ません。一般的に厨房等の施設が必要な飲食店や、設備が必要な歯医者等は費用は高い傾向にあります。

スケルトン物件(配管がむき出しで、床や壁がコンクリートの状態で何もない物件)の場合、工事は始めからする必要があります。そのため費用は高くなります。一方で居抜き物件(過去に使用された店舗の内装、設備等が残ったままの物件)を利用すると多くの場合施工費は低価格で済みます。

その他の店舗設計にかかる必要費用

店舗設計にかかる必要費用

今回、「施工費」や「坪単価」について述べましたが、その他にも必要費用はあります。まず、物件を手に入れるための費用です。これには敷金や仲介手数料等が必要になります。

そして店舗の設計・デザインに関する費用も必要となります。設計料は会社により異なりますが、施工費全体から何割か出す方法や、デザインした箇所の面積で出す方法が一般的です。

次に先ほど述べた施工費が必要となります。業種や物件の状態によりますが、最も費用がかかる部分です。

そして店舗の場合、運営に必要な費用が加わります。店舗を彩る植物や花等の装飾品や、事務用品、音響、清掃用品、食器、仕入れの費用等が必要となってきます。

それぞれ他の記事でもまとめていますので、ぜひご参照ください。

まとめ

店舗デザインの費用

以上の様に内装デザインとりわけ店舗デザインは大きな買い物です。自分で全てを考えるのではなく、早めの段階で専門家に相談し、自分の理想を実現出来るようにしましょう。

ご相談があればぜひ私たちTOにお気軽にご連絡下さい。弊社TO(ティーオー)は、内装を得意とするデザイン事務所です。お客様に寄り添い、より良い空間が作れる様に真摯に取り組み、プランニングをしていきます。

費用については難しいことも多く不安な方も多いと思います。不明点等ございましたら、ぜひ弊社TOまでご相談くださいませ。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました