建具ってなに?ドアのデザインや仕上げ方の基本を徹底解説いたします!

ドアデザイン 建築工事の基礎知識

皆さんも必ず毎日開いている“ 扉(ドア)”これらの仕上げ方やデザインは豊富で、空間の雰囲気を変わえることもできます。

今回は、扉(ドア)の仕上げ方の基本やデザインについて徹底解説していきます。扉制作の基本を知りたい!扉にこだわって設計したい!などとお考えの方は、是非、最後までご参照ください。

また、扉(ドア)を調べていると見かける“ 建具”という言葉を知っていますか?まずは、この建具とはなにかについて説明していきます。

建具ってなに?

建具とは

建具とは、ドアや窓のサッシのことを表しています。主に開口部を開閉するために設けられているものを示しています。扉を制作するにあたり仕上げ方はいくつもあります。今から扉制作の基本をご紹介していきます。

扉(ドア)制作の基本

1.仕上げの素材を決める!

仕上げの素材を決める!

まず、扉の仕上げ素材を決定しましょう!例えば、木製でつくるのかスチールやアルミで作るのかなど素材も様々です。素材によって雰囲気が変わります。木製の場合は、メラミンフラッシュなどを用いて、カラーやデザインを選びましょう!アイカ工業などのメーカーで取り寄せることができます。内装イメージに合わせて決めていきましょう!

2.扉には枠が必要!

扉には枠が必要!

扉を制作するためには、が必要です。枠は扉の外枠部分の周りについてきます。ドアを取り付けるために必要になります。寸法はだいたい15〜30mm厚です。基本は20.30mmあたりの厚みで設計することが多いです。枠は仕上げに塗装も行います。ドア全体のカラーに合わせて塗装をするとまとまりが出ます。

3.ドアノブ・レバーハンドルを選ぶ

ドアノブデザインドアを開けるためにはドアノブやレバーハンドルが必要です。カラーやデザインにより扉(ドア)の雰囲気を変えられます。イメージのデザインやカラーを選びましょう!以上3点が扉制作の基本となります。次にオススメのデザインをご紹介していきます!

スタッフオススメの扉デザイン

框組ドア

框組ドア

框組ドアとは、上下の横框、左右の縦框で組まれたドアのデザインのドアのことです。設計する際は、縦框が上に出るように設計しましょう!また、框の太さによっても、見え方が異なります。例えば横框、縦框が同じ太さにしたときは洋風なデザインにすることができたり、横框だけ太くすると和風なデザインに見えたりします。ぜひ参考にしてみてください。それから框の場合は、面取りをしましょう!銀杏面取りのイチョウ型など種類は様々あります。空間のイメージに合わせて検討しましょう!

目地を入れる

5mm程度の目地という線をいれると、メラミンフラッシュのみで仕上げてあるものでも、目地を入れることでよりスタイリッシュ仕上げることができます。目地のカラーも黒やシルバーなど、様々なカラーを選ぶことができます。イメージに合わせてカラー選びを心掛けましょう!

木目シートを利用する!

木目シート木目のシートは扉全体に張り付けることはもちろん、一部分だけ入れることも可能です。木目以外にも、コンクリートやカラーものなどデザインも多くあります。サンゲツのリアテックなどのメーカーを参考に取り寄せてみましょう!

まとめ

今回は扉(ドア)の仕上げ方の基本やデザインについてご紹介しました。扉の基本の仕上げ方やデザインの工夫の仕方についてお判りいただけたかと思います。本記事を参考に皆さんの理想の扉(ドア)をつくりましょう!

株式会社TOは、愛知県名古屋市に拠点を構えるデザイン設計事務所です。主に飲食店舗やオフィスなど、商業施設の空間デザインを承っております。ご相談も無料で対応させていただいておりますので是非お気軽にご相談ください。皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

建築工事の基礎知識
私たち株式会社TOについて

株式会社TOは、愛知県名古屋市に拠点を構えるデザイン設計事務所です。飲食店、オフィス、居酒屋、寿司店、バー、美容室、物販店、クリニック、アミューズメント施設、古民家改築など、主に商業施設の建築デザインを承っております。

当社は企画から施工までを一貫して請け負うことができるデザイン設計事務所です。経験豊富なデザイナーが誰よりもお客様に寄り添ったお仕事をお約束します。施工は私たちが信頼するパートナー会社に責任を持って発注代行いたします。

弊社ではお客様のご要望やご希望を出来る限り叶える為に、お見積もりをお出しする前に、お客様と直接会ってヒヤリングするお時間を頂けるようお願いしております。お店に来店して頂けるお客様にどう感じて頂けるかを考慮した、心地よい空間(間)作りを構築していきます。持続可能な店舗を一緒にデザインしていきましょう!

ご相談されるお客様の中には、はじめてデザイナーに店舗設計をご相談される方も多くいらっしゃいます。ご相談は無料で対応させていただいておりますので、どなた様もお気軽にご連絡ください。皆さまからのご連絡を心よりお待ちしております。
株式会社TOをフォローする
名古屋市の建築デザイン設計事務所株式会社TOのスタッフブログ
タイトルとURLをコピーしました