Weekly TOブログ

TO代表西口が何かをほぼ毎週発信していきます!
大切にしていること
2021-10-04

私が大切にしていること

1、「役に立つ」

 私は、いつも「信頼、尊敬、感謝、思いやり」を築くように努めています。

デザインという抽象的な形のないものを扱う私達だからこそ、
お客様に寄り添い、話を聞き、共有することを大切にして、コツコツとそれらを積み重ねる必要があります。
それは、私の根の部分に、

    この人の役に立ちたいという想いがあるからです。

役に立っていると思うと、とても幸せな気持ちになれます。
どんどんアイデアを出そうと思います。
いろんなプランを考えようと思えてきます。
これが、いい空間づくりにつながっていくんだと思います。
私は、施主様の強いところも弱いところもそばで感じ、それを踏まえてどうしたいのかを
考慮し、条件と照らし合わせ最良のプランを形にしていきます。
こんなことを大切にして,これまでやってきましたし、これからもやっていきます。
どんなつらいことがプロジェクト中にあっても、最後にお客様から「ありがとう」と言っていただくと
すべてが報われるんです。
次、また頑張ろうと思ってしまうんですよね。(←バカ)
こうやって、毎回お客様とかかわらせていただいて次へつながっています。

 

 

2、お客様の先のお客様のことを考えてデザインする事

これまで、500店舗以上の出店に関わり、
お店にとって私達が大切にしていることは、

「お客様の先のお客様のことを考えてデザインをすること」です。

私達は、施主様からお仕事を依頼され空間デザインをしています。

私達のお客様は、お金を払ってくださる施主です。
しかし、店(飲食店、クリニック、オフィス、アパレル等、住宅以外すべて含む)というのは、そこに来られるお客様がいます。
そうすると、施主の先にいるお客様が喜んでくれる空間を提供しなければ、施主は幸せになれないんです。

つまり、お客様の先のお客様を幸せにすること、店に来てくれたお客様の幸せな状態を計画の最初からイメージして
設計をすることが、その店が繁盛したり、長く続くことにつながるんです。

これが、住宅設計と店舗設計の大きな違いかなと思います。

 

 

3、間(ま)

空間というものは、様々なもの同士の間隔で構成されています。
この間(ま)というのは、人間の感覚に大きく影響を与えています。

客席同士の間
お客様と働く人の間
壁との間
照明との間

それぞれの間(距離感)で、居心地が良くも悪くもなりますし、客単価が高くも安くもなります。
その業態にあった適正な間(距離感)を提供することにより、そこに来られるお客様の安心感につながり、
居心地の良さになり、またお店に行きたいな。と思っていただけるきっかけ作りになります。
私達の仕事は、お店を繁盛させるためのきっかけ作りです。
空間の間は、空気感(間)なんだと思います。

 

次回は、なぜTOのお客さんたちは生き残れるのかをテーマに書きたいと思います。

では。

Weekly TOブログTO代表西口が何かをほぼ毎週発信していきます!
TO CEO blog
株式会社TO