Works

実績紹介
Restaurant - レストラン・飲食店
10mのカウンターがある鮨屋【鮨 てんび 赤萩本店】の店舗デザイン
寿司屋のカウンターのデザイン事例
寿司屋のカウンターの空間デザイン
無垢材を用いたカウンターのデザイン
和風な間接照明のデザイン
隠れ家寿司店の外観
寿司屋の暖簾のデザイン

 

10mのカウンターがある鮨屋 【鮨 てんび 赤萩本店】

 

■デザイン・設計(施工)事例概要

物件名 : 鮨 てんび
面積  : 97.5㎡
客席数 : カウンター 12席
工期  : 計画期間30日 施工期間30日
請負業務: デザイン設計業務、デザイン製造業務(特殊左官、etc)
物件状態: 居抜き→スケルトンへ解体
躯体構造: RC造
竣工  : 2020年11月

 

■お客様との出会い

すし昇の昇平大将と麺やはなびの新山大将がプロデュースする、新業態の鮨屋です。

昇平大将とはすし昇改装の時にがっつりパートナーとなり、今回新山さんとは初対面でした。麺やはなびをあれだけ展開されていて、なぜお鮨なんですか?と最初に質問させていただいたのを覚えています。

この業態を固めるまでの構想期間や、昇平さんとの出会いなど「てんび」という業態の裏話をしながら、【ミシュランクオリティーのお鮨をリーズナブルに!】をコンセプトにこの物件は始まりました。

 

■設計のポイント

①居抜きだけど、再利用できるものが何もない。。。

この物件は、すし昇の昇平大将がすし昇でやりたかったレイアウトが実現できそうというイメージから場所が決まりました。

昇平大将と現地に内覧に行き、構想やお店のレイアウトなど話す中で、

「ほぼ解体しないとダメですね。。。」

お互いにその意見に落ち着きました。

ただし、コストは抑えたいというのが誰もが求めるところです。

業態の客単価としては、高級店ではなく、回収のことを考えるとどこまでもコストをかけられるわけではありません。

厨房区画とトイレ区画のみ残し、ほぼスケルトンにしました。

 

②一方通行の動線

「てんび」のスタイルは、予約制のコースのみです。

夜だけで3回転します。なので、それぞれの時間帯のお客様同士が会わない工夫が動線にしてあります。

エントランス→待合→客席カウンター→お帰り口→エントランスと一方通行にしました。

そして、その動線の中にデザインのストーリーが盛り込まれています。

 

③10mの一本カウンター

なかなかここまでの長いカウンターを創れるお店はないです。

これを1枚の無垢材でプランしようとも思いしたが、客単価とのバランスを考えるとそうはしませんでした。

そして、ヒノキの柾材で業態とのバランスが取れた最善で最良のカウンターができたと思います。

 

④照明計画で予算をうまく調整する

メインのカウンター席は、明るく。それ以外は、暗く。

エントランスから、待合まで、アクセントとなる照明以外は間引き、奥に広がるカウンター席への期待感を膨らませるために極限まで、暗く計画をした。それにより仕上材は安価な材料で対応ができ、かつ店内へのストーリーをお客様に楽しんでいただける。

照明は、デザイナーが光をイメージできていれば、無駄な予算をかけず工夫ができるひとつのアイテムである。

 

■竣工後のお客様の声

「鮨 てんび」一号店として、竣工前から予約困難なお店としてスタートを切りました。

今では、半年先まで予約が取れない繁盛店となっています。

このスタートダッシュで2号店、3号店と出店していきますので、よろしくお願いします。

とありがたいお言葉をいただきました。

 

■その他寿司店の店舗デザイン

株式会社TOではこれまでいくつかの寿司店のデザインを承って参りました。こちらも合わせてご参照ください。

ミシュラン掲載高級寿司店【すし昇】の店舗デザイン

直線が美しい鮨屋【鮨 てんび 錦】の店舗デザイン

物件名:10mのカウンターがある鮨屋【鮨 てんび 赤萩本店】の店舗デザイン
竣工:2020年11月
業態:すし専門店
クライアント:(株)新山オールスターズ&(株)てんび
Recent works最新の実績
高級寿司店の店舗設計
名古屋市錦の話題の鮨屋2号店【鮨 てんび 錦店】の店舗デザイン
2021-06-26
ラーメン店の店舗デザイン
老舗居酒屋の新業態【薬膳ラーメン 本丸】の店舗デザイン
2021-07-02
寿司屋のようなカウンターのある高級焼鳥店
カウンターのある焼鳥専門店【焼き鳥 茂 東桜】の店舗デザイン
2021-06-10
寿司屋のカウンターのデザイン
10mのカウンターがある鮨屋【鮨 てんび 赤萩本店】の店舗デザイン
2021-07-02
株式会社TO