Works

実績紹介
Restaurant - レストラン・飲食店
名古屋城の天ぷら・天丼専門店【那古野天丼 忠兵衛】の店舗デザイン
和風の名前を用いた徳川忠兵衛ロゴデザイン
天丼専門店の店内パーテーション
天丼専門店の店内デザイン
木材を用いたパーテーションデザイン
高級木材を使用したカウンター席のデザイン
高級和食店の内観と木材を使用した店舗デザイン
古民家改築のお洒落な外観ファサードデザイン

 

家康が愛した天ぷらを名古屋城の麓で新規出店【那古野天丼 徳川忠兵衛】の空間デザイン

 

■デザイン・設計(施工)事例概要

物件名 : 那古野天丼 徳川忠兵衛
面積  : 85㎡
客席数 : 30席
工期  : 計画期間45日 施工期間60日(B工事も含む)
請負業務: デザイン設計業務、デザイン製造業務(特注家具製作、特注照明、etc)コンセプト提案、ロゴデザイン製作など、ブランディング製作すべて
物件状態: スケルトン(店舗の内装設備がない状態のこと)
躯体構造: 木造1階建(新築)
竣工  : 2018年3月

 

■お客様との出会い/物件のはじまり

居酒屋業態をメインとして運営されていた飲食店クライアント様の新業態のデザイン設計でした。

名古屋城の麓に新築される金シャチ横丁内の物件です。

最後の一区画。名古屋城の城主、徳川家康と天ぷらを献上した忠兵衛との物語が始まりでした。

 

■設計のポイント

 

設計のポイント① 商業施設内新築工事の為、A工事中(建築)の要望だしが大切。

建物からのデザイン設計計画の場合、建築躯体の施工中にテナント工事後の店のあり方をイメージしておくことが大切です。

建築中であっても、窓廻りの位置や入口の位置など変更可能な場合が多いため、施工業者と早めの協議をすることが、重要です。

 

設計のポイント② 城下町をイメージさせる動線

入口を入ると左へ曲がる。その突き当りには、軒屋根がついたカウンター席。そこには吊り灯篭がある。

そこからさらに右へ曲がるとベンチ席。そこに至る途中で左に曲がると店舗一番奥にはカウンター席。

店舗の奥へ進むために、城下町の街路を通るかのような動線としています。

設計のポイント③ 城下町をイメージさせるデザイン

店内の横ルーバーの3D格子は、ある場所から見ると城下町を照らす満月を想起させます。

単体で見ると、しゃちほこにもみえます。

見る人によって、様々なとらえ方ができるデザインに仕上げました。

 

■竣工後のお客様の声

空間デザインから、お店のブランディングツールに至るまで、トータルでデザインを統一するといいね。

あと、A工事の段階で、名古屋城側の壁面を窓に変えておいてよかったな。

 

 

金シャチ横丁への出店が決まったタイミングが多店舗より遅く、A工事の変更もギリギリできるかできないかのタイミングでした。

そんな中、現地視察の時にサッシに変更し、カウンター席のロケーションは各段とよくなりました。

施主様とデザイナーが見ている景色が近ければ近いほど、いいと思います。

物件名:名古屋城の天ぷら・天丼専門店【那古野天丼 忠兵衛】の店舗デザイン
竣工:2018.03
業態:金シャチ横丁内 天丼専門店
クライアント:㈱まつりグループ
Recent works最新の実績
高級寿司店の店舗設計
名古屋市錦の話題の鮨屋2号店【鮨 てんび 錦店】の店舗デザイン
2021-06-26
ラーメン店の店舗デザイン
老舗居酒屋の新業態【薬膳ラーメン 本丸】の店舗デザイン
2021-07-02
寿司屋のようなカウンターのある高級焼鳥店
カウンターのある焼鳥専門店【焼き鳥 茂 東桜】の店舗デザイン
2021-06-10
寿司屋のカウンターのデザイン
10mのカウンターがある鮨屋【鮨 てんび 赤萩本店】の店舗デザイン
2021-07-02
株式会社TO