持続可能なお店づくりを一緒に考えましょう

コロナ禍で「続けていける店」と「閉店する店」の2極化が進み、街は変わりました。いま、店舗デザインは変革期を迎えています。これまでの「売れる」のみを目的としてきた店づくりから、「在り方」を考え、持続可能を目指す店づくりに変わってきています。私たちは、一過性の流行にとらわれない、長く続けていける店づくりを施主様と共に徹底的に考え抜きます。

TOのお店づくりの詳細はこちら

ウッドショック

ウッドショックとは、木材の供給不足によって、世界的に価格が高騰してしまう現象を指します。木材は、住宅の建設時に使用する柱や梁に使用されていましたが、2021年頃から徐々に不足傾向にあり、建設業界に大きな打撃を与えています。

また、ウッドショック自体は、1990年代や2000年代にも起こっており、たびたび建築業界に影響を与えていました。日本では、国内による木材の自給率が低く、輸入に依存しているためウッドショックの影響はかなり大きいと言えるでしょう。

建築工事の基礎知識

【5分でわかる】ウッドショックとは?原因と影響を店舗デザインの観点から解説します

2021年より、ニュースやWebサイトでよく目にするようになった「ウッドショック」。ウッドショックという言葉は聞いたことがあっても、実際にど...
コロナ禍の新規出店

【2023年】ウッドショックはいつまで続く?原因と今後の予想をわかりやすく解説します。

ウッドショックの原因からウッドショックの今後の予想までを詳しく解説していきます。ウッドショックについて最近よく耳にするけど、よく理解していな...
コロナ禍の新規出店

【店舗設計編】建築資材の遅れや欠品の現状について解説していきます。建築資材のコロナ渦の影響を把握しておきましょう!

「建築資材の遅れがあるってほんと?」「建築資材のコロナ渦の影響は?」このように「新規開業や改装を考えているけど、建築資材の納期が遅れていると...
コロナ禍の新規出店

【建築費用】ウッドショック?アイアンショック?コロナ渦の影響をうける建築資材の高騰について解説いたします!

コロナ渦の影響で建築資材の木材や鋼材などあらゆる材料が値上がりをしてきており、工事の見積でも建築費用が以前より高くなってしまうのが現状です。...
タイトルとURLをコピーしました