【ドッグサロン編】ドッグサロンの店舗デザインで抑えるべきポイントを徹底解説します!

愛知県の美容室の店舗デザイン 店舗内装デザイン設計のポイント
「ドッグサロンの店舗デザインを決める際、お客さまと近隣の住人から愛されるお店にするにはどうしたらいいんだろう」
「ドッグサロンの店舗デザインで抑えるべきポイントを知りたい」

このように、ドッグサロンに開業にともない、店舗デザインの決め方について悩まれている、オーナーの方は多いのではないでしょうか。

ドッグサロンの店舗デザインは、抑えるべきポイントが数多くあります。なにも考えずに店舗デザインを決めてしまうと、近隣の住人やお客さまからクレームを入れられてしまう可能性が高いです。

そこで、この記事では、ドッグサロンの店舗デザインを決める際に、抑えるべき・注意すべきポイントを詳しく解説していきます。ぜひ最後までお読みください。

ドッグサロンの店舗デザインを考える前にすること

ドッグサロンの店舗デザイン

ドッグサロンの店舗デザインを考える前に、「重要のリサーチ」「競合店のリサーチ」を必ずおこなっておきましょう。事前に、集客ができるかを調べておくことで、流行るドッグサロンにするために重要な、立地決めがスムーズになります。

需要のリサーチ

開業する地域に、ドッグサロンが求められているかをチェックする必要があります。たとえば、「高級志向の人が多く住んでいる地域なのか」「動物病院が密集しているか」などです。

見極めるポイントは難しいですが、ドッグサロンに訪れる客層が多く住んでいる地域を探しましょう。需要のリサーチは、集客を成功させる重要なポイントとなります。時間をかけて、最適な立地選びをしてください。

競合店のリサーチ

開業しようと考えている地域に、すでにドッグサロンが存在するかをチェックするのも重要なポイントです。似ているドッグサロンが近隣に複数あると、お客さまを取り合ってしまいます。

店舗のコンセプトが異なる場合(高級店と庶民店など)は、問題ありませんが、店舗のコンセプトが近い場合は、注意が必要です。

集客に失敗や売上の伸び悩みを防ぐためにも、開業したい地域を調べ、「ドッグサロンがあるかないか」「高級店なのか庶民店なのか」などを、必ずチェックしましょう。

ドッグサロンの店舗デザインで抑えるべきポイント

店舗デザインのポイント

ドッグサロンの店舗デザインで抑えるべきポイントは以下5つです。

  1. 清潔感を徹底する
  2. 騒音対策を徹底する
  3. 悪臭対策を徹底する
  4. 安全性を徹底する
  5. 目を引くファサードにする

上記5つは、お客さまや近隣住民に愛されるドッグサロンにするために、確実に抑えておきたい店舗デザインのポイントです。参考にしつつ理想の店舗デザインを決めてみてください。

①清潔感を徹底する

ドッグサロンは、犬の毛の処理を徹底的にできるかがポイントとなります。床が毛だらけだと清潔感がなく、汚いイメージをお客さまに与えてしまうでしょう。

清潔感を維持するために意識すべきは、余計なものを店舗に置かないことです。掃除のしやすさを考えて、インテリアなどは必要最低限にしましょう。

また、シャンプー時の水や薬品の飛び散りの掃除も考慮すべきポイントです。床には、耐水性があり掃除のしやすい、クッションフロアやフロアタイルなどの素材を使用するといいでしょう。

②騒音対策を徹底する

近隣の住民に迷惑をかけないためにも、騒音対策を必ずおこないましょう。騒音対策をしないと、近隣の住民から苦情を入れられてしまう可能性があります。

騒音対策としては、入口を防音扉にし、窓を防音窓にするといいでしょう。窓の場合は、防音ガラスの使用が一般的ですが、より防音を強化するのであれば、二重窓を導入してみてください。

③悪臭対策を徹底する

犬の種類によって臭いが異なり、臭いが混ざるため、ドッグサロンでは、悪臭の対策を必ずしなければなりません。悪臭がこもった店舗は、お客さまからクレームを受ける対象となる可能性があります。

臭いの対策は、高機能の換気設備を導入するといいでしょう。導入資金は少し高くつきますが、悪臭のしない快適な空間を作るベストな方法です。

また、換気設備に関しては、動物がいる空間に必ず1つは設置しなければならない決まりがあります。換気設備の追加導入は難しいため、店舗デザインを決める段階で、専門業者に相談するといいでしょう。

④安全性を徹底的に考える

安全性を考えた店舗デザイン

犬がケガをしないように、安全性を考えた店舗デザインにすることも重要です。たとえば、「角が尖っているインテリアを使用しない」「滑りやすい素材を床に使用しない」などです。

犬がケガをしてしまったら、賠償問題に発展しかねません。内装デザイン時に、安全性に配慮した配置やデザインを徹底すべきでしょう。

また、逃げることや犬同士のケンカを防ぐデザインを考えることも重要です。ドッグサロンの店舗デザインの経験がある業者に、依頼するのがいいでしょう。

⑤目を引くファサードにする

なんの店舗なのか、どんな店舗なのかがわかる外観(ファサード)にする必要があります。ドッグサロンでは、店舗の中が外から見えるガラス張りの外観にするといいでしょう。

店舗の中が見えると、なんの店舗・どんな店舗なのかがわかるだけでなく、お客さまに安心感を与えることができます。また、カットの技術も見せることができるため、集客を成功させるきっかけとなるでしょう。

ドッグサロンの店舗デザインの注意点

ドッグサロンの注意すべきポイント

ドッグサロンの店舗デザインで注意すべきは、「電力の容量制限」「収納スペースの確保」の2つです。上記の2つは、ドッグサロンの店舗デザインを決める際に、見落としがちなポイントです。店舗デザインで失敗しないように、必ず意識しておきましょう。

電力の容量制限には注意する

ドッグサロンは、業務用のドライヤーなどを使用するため、飲食店などと比べて、電力の容量を多く使います。開業してから、電力の容量制限を知り、電力の容量追加で再度内装工事をする、なんてことが起こらないように注意しましょう。

特に注意が必要なのは、居抜き物件の場合。元が小型飲食店だと、電力の容量が少ない可能性が高いです。オープン当初から効率の悪い運営を防ぐためにも、電力の容量を店舗デザインを決める段階で必ずチェックしておきましょう。

収納スペースの確保には注意する

店舗デザインを決める際、結構抜けてしまうのが収納スペースの確保です。ドッグサロンは、シャンプーやトリートメント、バスタオル、ドッグフード、トイレシーツ、ケージなど、必要なものが多いです。

特に、シャンプーやトリートメント、トイレシーツなどは、業務用を購入するため、広いスペースを必要とします。まとめて収納するスペースを設けるのか、小分けの収納スペースを設けるのかは、店舗の間取りによって変えるべきです。

スタッフの動線などを意識し、使用するときにすぐ取り出せる位置に、収納スペースを作るのがいいでしょう。

まとめ

店舗デザイン押さえるべきポイント

この記事では、ドッグサロンの店舗デザインを決める際に、抑えるべき・注意すべきポイントを解説してきました。この記事の重要ポイントは以下です。

  • 店舗デザインを決める前に、ドッグサロンの需要や競合店が近くにないかを調べて開業する立地を決める
  • 毛の処理やシャンプーの際の水や薬品の飛び散りを考慮した、内装デザインと床の素材選びをする
  • 防音扉と防音ガラス、二重窓を使用して騒音対策をする
  • 高機能の換気設備を導入して悪臭対策をする
  • 犬のケガや犬同士のケンカ、逃げることがないように店舗デザインを決める
  • 全面ガラス張りの外観にして、カット技術を外の人に見せる
  • 店舗デザインを決める際に、店舗の電力の容量を必ずチェックする(特に居抜き物件)
  • スタッフの動線・業務の効率の良さを考え、収納スペースを確保する

ドッグサロンは、お客さまだけでなく近隣の住人のことも考えた店舗デザインにしなければなりません。上記のポイントを意識して、お客さまと近隣の住人から愛されるドッグサロンを作りましょう。

タイトルとURLをコピーしました