ここだけ抑えればOK!店舗設計とデザインの基礎知識|お店づくりを始める人が知っておくべき知識をまとめました

名古屋飲食店,開業に必要な書類 建築デザインイメージの伝え方

店舗の開業やお店づくりを始めたいと考えた際に、必ず抑えなくてはならないのが店舗設計についてです。

店舗設計の依頼先や費用について正しく理解していないと損出や契約面でのトラブルに遭ってしまう恐れがあります。本記事では、お店づくりを始めたい人が知っておくべき店舗設計についての基礎知識をご紹介致します。

店舗設計とは

店舗設計とは

店舗設計とは、店舗のファサード(外観)、内装やインテリアの装飾に工夫を凝らし、図面上に設計計画を行うことです。店舗デザインとも呼ばれています。

店舗設計は、狭義では店舗の設計のみですが、広義では施工、つまり建築工事までを含む場合がございますのでご注意ください。

店舗設計の依頼先

店舗設計の依頼先

店舗が完成するまでの工程は設計と施工に分けられます。設計に関しては建築設計事務所が担当し、施工に関しては施工業者が担当することが一般的です。

ただし、設計を請け負う建築設計事務所には、施工までを一括して請け負う事務所も多くあります。建築設計事務所にデザインを依頼するときは、どこまで対応できるか必ず確認するようにしましょう。

また、設計を依頼する設計士のなかには、建築士の資格を所持している方とそうでない方がいます。建築士の資格を所持していると、構造の安全性や機能性、建築基準法に即った店舗設計を行うことができます。

店舗設計の依頼方法

店舗設計の依頼方法

先程述べたように、店舗設計の依頼は、設計と施工を一括で依頼する場合と、別々の業者に依頼する方法があります。両者についてのメリットデメリットをご紹介いたします。

店舗設計を一括で依頼する場合

設計と施工を一括で依頼する場合、契約を行う手間が少なくて済み、スムーズに次工程に移行できるため、工期の短縮や費用の削減につながるなどのメリットがあります。

担当が最初から変わらないという点で、担当者との信頼関係が形成されやすいです。そのため、依頼者のイメージが業者に深く理解され、要望に沿った店舗設計が実現できることが期待されます。

店舗設計を別々に依頼する場合

設計と施工を別々の業者に依頼する場合、それぞれ専門の業者に依頼するため、店舗設計の質を高めることができる、設計と施工双方の業者から依頼主の視点でのアドバイスをもらえるなどのメリットがあります。

しかし、設計と施工を別々の業者に依頼する場合、一括で依頼する場合と比較すると、総費用が割高になり工期が長くなりやすいなどデメリットがあります。

別々に依頼する場合は、最初の依頼先である設計事務所のアドバイスを貰いながら施工業者を選ぶようにしましょう。ここで親身に相談してくれる設計事務所を選ぶようにしましょう。

正式に依頼する前に、相見積もりを行うという選択肢もあります。ただし建築デザイン相見積もりに関しては、様々な諸注意があります。こちらの記事も是非ご参照ください。
店舗の内装工事は複数見積もりをするべき?相見積もりをする時に気をつけるポイント3選

店舗設計の流れ

店舗設計の流れ

店舗設計の基本的な流れを解説いたします。なお、設計と施工を別々に依頼する場合の店舗設計の流れについてご説明いたします。一括で依頼する場合においても内容は基本的に同じです。

1.構想・コンセプト

まず初めに店舗の構想やコンセプトを考えます。一般的には店舗設計を行う設計事務所などに相談しながら、店舗の構想やコンセプトを練ります。

構想が建築設計として実現できるかどうかの判断をでご自身行ってしまう前に、まずはデザイナーに想いの丈をそのままお話ください。

こちらの記事では店舗デザインのイメージの伝え方を詳しく解説しています。これからデザイナーを探される方は、こちらの記事も合わせてご参照ください。
【理想の雰囲気の伝える】店舗の内装デザインイメージの伝え方

2.物件探し・現地調査

次は店舗を構える物件探しです。こちらに関しても設計士とのご相談の元、メリットデメリット踏まえたうえで、物件を決めることを推奨します。

物件が予め決まっている場合には、現地の状況や依頼主の構想などを設計士が把握した上で、店舗設計の基本計画を制作していくという流れになります。

3.設計監理契約

基本構想、物件が固まった段階で、設計事務所との設計監理契約を行います。この契約の後に、設計事務所は基本設計・見積もりを行っていきます。

設計事務所のなかには、基本設計・見積もりの後に設計管理契約を行う事務所もあります。ですので事務所に依頼を検討する際には、各順序に関して予め把握することを推奨します。

4.基本設計・見積もり

基本設計とは、構想をや諸条件を踏まえたうえで店舗設計の概要や意図を大まかに図面上に示したものです。

基本設計では、依頼主と設計士の間で何度も検討を重ね、レイアウトなどのデザインを十分に時間をかけて検討します。

5.実施設計

検討を重ね確定した基本設計をもとに、実施設計と呼ばれる工事の発注ができる図面を設計士が制作します。新築の場合には、確認申請書類を実施設計図と並行して作成し、諸官庁へ提出するという手順を踏みます。

6.施工業者に見積もり依頼

店舗設計の見積もり依頼

実施設計図が制作し終えると、今度は施工業者に見積もりを依頼するという流れとなります。工事請負契約は施工業者と依頼主との二者契約となりますので注意が必要です。

設計事務所と施工業者、依頼主の間で施工料の調整を行うことや、工事請負契約の監理を設計事務所が請け負うことなど、設計事務所も交えた三者の関係性が築かれる場合がほとんどです。

7.着工

施工業者との契約が決まると、いよいよ店舗が着工されます。着工とは、建築などの工事が開始されることです。

着工し始めた段階では、意思疎通を図るために、設計事務所と施工業者、依頼主の三者の間で密なコミュニケーションが必要となってきます。

8.竣工

建築の工事が完了することを竣工といいます。店舗が竣工した段階では、施主となる依頼主の竣工検査が必須です。

竣工検査とは、内装などの不具合がないかどうかを確認することをいいます。もし適切な工事がなされているか心配である場合には、第三者機関に検査を依頼することを推奨します。

9.開業

竣工検査が終わりその是正工事が施された後、ついに開業となります。開業以降に不具合箇所が生じた場合には、店舗設計を依頼した業者に対して再度連絡し、メンテナンス対応をしてもらう流れとなります。

店舗設計の費用

店舗設計の費用

店舗設計の費用を算出する方法は3種類あり、それぞれの場合に関しての相場をご説明致します。

設計費用に関しましては、以下記事でより詳しく解説しています。これから店舗デザインの見積もりを依頼される方は、こちらも合わせてご参照ください。
店舗デザイン・設計の料金相場の決め方。費用の計算方法と相場感をわかりやすく解説します。

坪単価から店舗設計料を算出する場合

坪数×単価から店舗設計料を割り出す場合の相場は、坪単価30万~80万円程度が相場となります(業態、設備の状態により大きく変わりますのでハッキリと申し上げることが難しいです)

10坪を下回る店舗の場合には、最低費用として一律50万円程度の設定がなされていることが多いので、小規模店舗の店舗設計を依頼する場合は注意しましょう。

総施工費から店舗設計料を算出する場合

総工事費とは、造作工事費や設備工事費などをすべて含んだ費用のことです。総工事費から割り出される場合の相場は、総工事費の10~15%が店舗設計料に充てらるのが一般的です。

施工までを一貫して行う業者にこのような算出方法が採用されることが多いです。

人件費や技術料から店舗設計料を算出する場合

特殊な技術を要する造作工事などがある場合にこの算出方法がなされます。その場合、総施工費から算出する店舗設計料に加えて、特殊な技術者を雇うための人件費や技術料が加算されます。

店舗設計を依頼する前に準備すること

店舗設計を依頼する前に準備すること

最後に、これから店舗設計の依頼を設計事務所に依頼する前に、これだけは準備しておいていただきたいということをお伝えします。今すぐできる準備として、店舗のイメージとなる事例の写真や図面を集めておきましょう。

お店づくりを行っていく際に、設計事務所の設計士とのイメージを共有していくことが不可欠です。写真や図面は「Google画像検索」「pinterest」「tecture」といったWebサイトでお好みの店舗設計を検索することを推奨します。

おわりに

お店づくりを始める際に、知っておくべき店舗設計の基礎知識についてご紹介致しました。

弊社株式会社TOでは、拘りぬいた店舗デザインを多数ご依頼頂いております。「店舗デザインを拘りたい」「競合他社に負けない、おしゃれな空間にしたい」とお考えのお客様は、ぜひご連絡ください。

タイトルとURLをコピーしました