着工・施工・竣工とは?ややこしい建築用語をわかりやすく解説します。

スケルトン物件での店舗デザイン設計はどうする 店舗テナント契約時のポイント

聞き馴染みがなくややこしい建築業界の専門用語のなかでも、特によく耳にするのが「着工(ちゃっこう)」「施工(せこう)」「竣工(しゅんこう)」ではないでしょうか?これらの建築用語は、建物を建てるときに頻出する用語なりますので、意味を知っておくととても便利です。

この記事ではそれぞれがどのようなときに使われるのか、その違いを紹介します。実はそれぞれの工事区分には細かい規定が存在します。また、着工→施工→竣工の具体的な工事内容は、こちらの記事でも詳しく解説していますので、こちらも合わせてご参照ください。

着工・施工・竣工とは?

着工・施工・竣工とは

・着工(ちゃっこう):工事を始めること
・施工(せこう)  :設計図をもとに建設をすること
・竣工(しゅんこう):工事がすべて終了すること

結論から申し上げると、着工、施工、竣工は上記の通りです。ただし、それぞれを分類するさらに細かい基準があるため、これから家や店舗を建てられる人は、その基準もしっかりと覚えておくようにしましょう。基準を覚えておくことで各工事業者とスムーズに話を進めることが可能です。

着工(ちゃっこう)とは

着工(ちゃっこう)とは

着工とは、工事を始めることを意味しています。つまり、「工事に着手すること」です。ただし、着工するにはいくつか基準が設けられており、好き勝手に工事を始めてはいけません。新築の場合、着工の大前提となるのが「確認済証」を受け取っているかです。

確認済証を受け取る前に工事を始めてしまうと建築基準法違反(建築基準法6条に記載済み)になります。多くの業者は建築基準法を守っていますが、中には違反しているとこもあるので注意が必要です。着工とみなされる工事には、以下のようなものが当てはまります。

着工とみなされる工事
・くい打ち工事
・地盤改良工事
・山留め工事
・根切り工事

着工と同じ意味の「定礎(ていそ)」

着工と同じ意味の定礎

着工と同じで「工事を始めた」という意味で扱われる定礎という言葉も一緒に覚えておきましょう。定礎とは、着工と同じ意味で工事を始めたことを指す言葉です。

よくビルなどで「定礎」と書かれた石の板を見る機会があると思います。石版は、礎石(そせき)を模した記念プレートです。礎石とは、古来の建造物の基礎にあって柱などを支える石(土台石)を指すことばです。現代では建物の安全への願いを込めて、モニュメントとして礎石プレートが置かれます。

施工(せこう)とは

施工(せこう)とは

施工とは、設計図をもとに工事を行いつくっていくことを意味します。わかりやすくいえば工事中であることです。まさに今、工事をしている進行形であるときに施工という言葉が使われます。つまり、家を建てているときや、街中で工事が行われている様子は、すべて施工にあたります。

施工管理は国家資格が必要

施工管理は国家資格が必要

施工を使った建築用語の中でよく使われているのが「施工管理」です。施工管理とは、工事が円滑に進むよう、工程や安全性を管理することが業務内容です。工事現場では、現場監督が施工管理者にあたります。施工管理は専門性が高いこともあるため、国家資格を保持している人がいるのが条件です。国家資格は下記のどちらかが必要です。

施工管理に必要な資格
・一級施工管理技士
・二級施工管理技士

竣工(しゅんこう)とは

竣工(しゅんこう)とは

竣工とは工事がすべて終了し、施主に物件が渡った状態を意味します。建物が完成した瞬間を竣工と思われがちですが、本来は竣工検査までが終わり、施主が使える状態になったことです。よく間違われるので注意してください。

竣工をイメージしやすいのが、メディアでも取り上げられる竣工式です。工事が無事完了し、施主に渡す儀式で、竣工式が終わるとやっと自分の持ち物になるということです。竣工式は建築三大祭にもなっている大切な儀式です。ここまでが工事の一連の流れと考えておいてください。

「竣工」と「竣功」の2つの漢字がある

「竣工」という漢字は他に「竣功」と記載されている場合があります。意味は全く同じです。古くは後者の「竣功」が使われていましたが、近年では「竣工」のほうが広く用いられています。どちらを使うのが正解ということはなく、法人ごとルールは変わるため、気にしなくて良いです。

「しゅん工」と平仮名で表記される場合もある

また、竣工で興味深いのが、公共工事で竣工を表わすときです。公共工事では「しゅん工」と平仮名で表記されます。その理由は「竣」が常用漢字ではないからです。よく駅などの公共工事で目にされたことがあるのでは無いでしょうか。

合わせて覚えておきたい「図面」の違いついて

合わせて覚えておきたい「図面」の違いついて

建物を工事するときに使われる図面は、設計図、施工図、竣工図の3種類があリます。建築現場では、着工、施工、竣工に合わせてそれぞれの工程ごとに異なる「図面」が使用されます。それぞれの概要も合わせて覚えてきましょう。

イメージとしては、設計図は下書きのようなもので、竣工図は下書きを清書して手直したものです。建物が完成すると竣工図を渡されるので、大切に保管しておいてください。竣工図はのちのちリフォームをするときに必要な図面で、竣工図がなければリフォームができません。

設計図(せっけいず)

設計図は工事にかかる前に作られるいちばん初めの図面。建物全体にかかる出来上がり寸法が書かれています。設計図には細かい寸法は記載されていません。

施工図(せこうず)

細かい寸法まで記載してあるのが施工図です。設計図を元に、目には見えていない大切な部分の寸法を記載し、この施工図を元に工事が着工されます。施工図を基に職人さんたちは現場を作り上げていきます。この図面は、施工業者が現場を潤滑に進めるかつ、設計者の意図を再確認するために作成する図面です。

竣工図(しゅんこうず)

3つ目が竣工図。竣工図は完成した建物の寸法を記載した図面です。竣工図は設計図と見た目が変わらないため、素人には判断しにくいのが難点。ただし、現場進行中に変更になった点などをこの図面に反映させるため、設計図と施工図を基に最終図面としてこの図面を作成いたします

「着工」「施工」「竣工」は工事の工程を表した言葉

着工と施工と竣工の違い

3つの言葉は、工事の工程を表している言葉です。とくに気をつけたいのが着工の部分。確認済証がないと工事が始められないことは覚えておいてください。

株式会社TO(ティーオー)は、店舗デザインを得意とする建築デザイン事務所です。お客様にとって「心地よい空間とはなにか」という問いに対して真摯に向き合い、お客様に最適なプランニングをしております。

弊社TOにご相談いただくお客様の中には、店舗デザインに関わったことがない方も多くいらっしゃいますので、「要望の伝え方がわからない」という方も安心してご相談ください。みなさまからのお問い合わせを、心よりお待ちしております。

また、着工に合わせて、建築三大祭である「地鎮祭」が行われる場合があります。地鎮祭についてもよく理解しておきましょう。詳しくはこちらの記事をご参照ください。

店舗テナント契約時のポイント建築工事の基礎知識建築工事業界の専門用語
私たち株式会社TOについて

株式会社TOは、愛知県名古屋市とニューヨークに拠点を構える建築設計事務所です。飲食店、居酒屋、寿司店、バー、オフィス、美容室、物販店、クリニック、古民家改築など、主に商業施設の建築デザイン設計を承っております。

当社は企画から施工までを一貫して請け負うことができる建築設計事務所です。施工については、私たちの信頼するパートナー企業や施工会社に、責任を持って発注代行いたします。新規オープン、リフォーム、リニューアルいずれも対応可能です。

私たちは「役に立つデザイン事務所」として活動をしています。建築デザインのご相談、開業手続き、物件の選び方、ターゲティング、開業資金の調達など、店舗開業に関する幅広いご相談を承っております。ご相談は無料で対応させていただいておりますので、メールまたはお電話にて、どなた様もお気軽にご連絡ください。
株式会社TOをフォローする
名古屋市の建築デザイン設計事務所株式会社TOのスタッフブログ
タイトルとURLをコピーしました