コロナに負けないための飲食店の内装改築のポイント3選 !デリバリー用受け渡し口や換気設備の増設が増えています!

コロナ禍での新規出店

現在、飲食店を経営されている方々の悩みの中で多いのは、「コロナウイルスの対策で必要な内装改築は、何が必要なのか」や「売上を伸ばす・維持する内装改築はないのか」などではないでしょうか。

コロナウイルス対策の店舗の内装改築は、何をすればいいのか分からなくなってしまうと思います。そこで今回は、コロナに負けない店舗を作るために、必要な内装改築のポイント3選をご紹介していきます。

コロナ対策の店舗改築をおこなうべき理由

コロナ対策の店舗改築

適切にコロナ対策の店舗改築をおこなうことで、お客さまから、お店の信頼を得ることができます。なぜなら、店内でのコロナウイルスの感染を防げるため、安心して食事ができるからです。

例えば、お客さまは、適切なコロナ対策の店舗改築をしている飲食店と、していない飲食店のどちらで食事をしたいと思うでしょうか。

変わった人でない限り、適切なコロナ対策の店舗改築をしている飲食店を選ぶと思います。このように、適切なコロナ対策の店舗改築を施すことによって、お客さまから店舗への信頼を得ることができるため、店舗売上の維持・増加に繋がります。

飲食店の内装改築ポイント3選

飲食店の内装改築ポイント3選

これから、コロナに負けない飲食店にするための内装改築のポイント3選を紹介していきます。ポイントを抑えることで、今後の飲食店の営業方針を固められます。

また、店舗の信頼性を高め、売上の増加に繋げることができるようになります。

他のお客様同士・店員との接触を避ける

他のお客様同士・店員との接触を避ける

まず、飲食店の内装改築で取り組むべきは、人と人との距離感を適度に保つことができる内装にすることです。人と人との接触をできるだけ避けることで、店内でコロナに感染する確率を下げることができます。

また、お客さまは、安心して食事をすることができるため、リピート率の向上を狙うこともできます。

適切な距離を取ったスペースを作る

適切な距離を取ったスペースを作る

・他のお客さま同士・店員との接触を避ける
・お客さま同士が向かい合わないようにテーブル配置

上記の2点を意識して、空間作りをすることが大切です。2点を意識して、店舗の内装を改築することで、飛沫や接触による感染を防ぐことがでます。

例えば、パーテーションやカーテンで席を区切る、机にアクリル板を設置するなどです。また、向かい合わないよう、横並びの座席配置にすることも有効です。パーテーションやカーテンで席を区切ることにより、お客さま同士が接触・飛沫を気にする必要がなくるため、食事や会話に集中することができます。

横並びの座席配置にする方法では、テーブル席を減らし、カウンター席の増設をするといいでしょう。カウンター席を増設することで、飛沫感染を防ぐのはもちろんのこと、回転率を上げることができるので、売上アップも期待できます。

飲食店の業態や営業時間、ターゲット層によって空間作りは変わってくるため、今運営している飲食店に合う方法を取り入れてみてください。

テラス席を作る

テラス席を作る

テラス席などの開放感がある座席を用意するのもいいでしょう。テラス席などの外の空間だと、「密」を防ぐことができるため、空気感染や飛沫感染を抑えることができます。

テラス席を新設することで、新しい空間が生まれるため、InstagramやTwitterなどで拡散され、集客に繋がるかもしれません。このように、テラス席は、「蜜」を防ぐ・集客の面で効果を期待できます。その反面、夏や冬などの集客が難しい時期の対策を、事前に考えておく必要があります。

夏や冬などの対策例

対策の例としては、基本的には、開閉式のテントを設置し、テントカーテンで囲う方法がスタンダードです。まれに、テラス席を掘りごたつにし、冬はこたつ席、夏はおしゃれな空間として話題性を出す店舗もあります。

または、夏と冬のテラス席の利用に、ドリンク1杯無料などの特典を設けたりするといいでしょう。テラス席は、さまざまな方法で集客できるため、テラス席の導入をおもしろい選択肢の一つとして考えてみてください。

この要素は、ルーフTOPにも当てはまります!

感染対策になる物への変更・増設

感染対策になる物への変更・増設

コロナウイルスの対策をするには、感染源になる可能性がある物の変更、感染を起こさないようにする感染対策の物の増設がカギになってきます。

そこで、この章では、今すぐ変更・増設すべき2点をピックアップして解説していきます。

自動水栓への変更

自動水栓への変更

トイレや手洗い場所の水栓を自動水栓に変えることで、コロナウイルスの感染対策ができ、お客さまの手洗いに対する不安を払拭することができるでしょう。

お客さまが、手洗いの際に気にされるのが、手洗いをした後、蛇口のハンドル部分を触ることです。蛇口のハンドルにコロナウイルスの菌がついていた場合、コロナウイルスに感染する可能性があります。

そこで、手洗いの水栓を自動水栓に変えることで、蛇口のハンドルに触れる必要がないため、菌が手につく心配がなくなります。自動水栓を導入することにより、お客さまの手洗いへの不安感を取り除くことができ、コロナウイルスの接触感染を防ぐことができます。

お客さまの手洗いへの不安を取り除くためにも、トイレ・手洗い場の水栓を自動水栓に変更することを検討してみてください。

換気設備の増設

換気設備の増設

換気設備の増設は、コロナウイルス感染対策のために重要です。換気を適切におこなうことで、店内の空気循環が良くなり、コロナウイルスの空気感染を抑えることができます。

焼肉屋をイメージしてみてください。換気設備が多い焼肉屋だと、店内に空気がこもりにくく、普段と変わらない視界になります。逆に、換気設備が少ない焼肉屋だと、店内に空気がこもり、前が見えづらくなることが多いです。

このように、換気設備を多く導入することにより、新鮮な空気を多く取り入れ、空気の循環をよくすることができるため、コロナウイルスの空気感染を防ぐことができます。店内で、コロナウイルスの空気感染の対策をするためにも、換気設備の増設をおすすめします。

宅配・テイクアウトの需要に備える

宅配・テイクアウトの需要に備える

コロナウイルス対策として、宅配やテイクアウトの需要が増えています。コロナウイルスの流行後も、IT技術の発達に伴い、宅配やテイクアウトの需要は増えていくと考えられます。

そのため、早めに宅配やテイクアウトに対応した店舗の内装改築に力を入れるのも、一つの手です。

デリバリー用受け渡し口の設置

コロナの外出自粛で、デリバリーが脚光を浴びています。中でも、Uber Eatsなどのデリバリーサービスが発達し、いつでも、どこでも食べたい料理を食べれるようになりました。

そこで、必要になるのが、デリバリー用受け渡し口です。デリバリー用受け渡し口を設置することで、デリバリーサービスの従業員とお客さまの接触や、出入り口の「蜜」を防ぐことができます。

また、料理の受け渡しもスムーズになるため、お客さまへ届く時間が短縮できるメリットもあります。

拡大していくデリバリーの需要や、コロナの感染対策を考えると、デリバリー用受け渡し口の設置は、今後のトレンドとなっていくかもしれません。

テイクアウト専用BOX・テイクアウト用カウンターの設置

テイクアウト専用BOX・テイクアウト用カウンターの設置

今後の需要として、テイクアウトも増えていくと考えられます。最近では、スマートフォンのアプリで、テイクアウトの料理を予約できるシステムが普及し始めています。

予約システムの普及により、テイクアウトをし、自宅で食事をする人が多くなってきているのが現状です。

そこで、必要になるのがテイクアウト専用BOXや、テイクアウト用カウンターの設置です。テイクアウトのアプリを用いた場合、事前決済になるため、レジで金銭のやりとりが必要ありません。

そのため、テイクアウト専用BOXや、テイクアウト用カウンターを設置することで、出入り口の「密」を防ぐことができ、受け渡しをスムーズにおこなうことができます。

このように、テイクアウト専用BOX・テイクアウト用カウンターを設置することで、コロナウイルス感染対策、お客さまの回転率の向上を期待できます。

今後も増え続けるテイクアウトの需要を見込んで、テイクアウト専用BOX・テイクアウト用カウンターの導入を考えてみてもいいでしょう。

まとめ

コロナウイルスに負けない店舗の内装改築のポイント

この記事では、コロナウイルスに負けない店舗の内装改築のポイント3選について解説してきました。

コロナ禍の中で、飲食店は厳しい状況が続くと思います。ですが、発想の転換やコロナウイルスの対策を施した内装にすることで、売上を伸ばすことは可能です。

今回紹介した、3つのポイントを抑えて、コロナウイルスに負けない店舗を作るために、内装改築に取り組んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました