キャバクラで求められる店舗デザインのポイントとは?内装設備に焦点を当てて高級感を演出しましょう!

個性のあるガールズバーの店内デザイン 店舗内装デザイン設計のポイント
「キャバクラの開業を考えているけどどんな内装にするか悩んでいる」
「キャバクラの内装で高級感を出すポイントを知りたい」

このように、キャバクラの開業を考えていて、高級感のある内装にするにはどのようにすればいいか、悩まれているオーナーの方は多いのではないでしょうか。

キャバクラの内装作りで重要なポイントは、女性キャストをいかに映えさせるか。また、非日常感の空間をいかに演出できるかの2つです。2つのポイントに沿って内装作りをすることで、お客さまや女性キャストに好まれるお店になることでしょう。

しかし、逆に2つのポイントを無視した内装作りをしてしまうと、安っぽい印象を与えるお店になってしまう可能性があります。そこでこの記事では、キャバクラで求められる、高級感のある店舗デザインにするポイントを解説していきます。ぜひ最後までお読みください。

こちらの記事で掲載している店舗の画像は、すべて私たち株式会社TOでデザインいたしました。気になるデザインがございましたら、お気軽にお問い合わせください

キャバクラの店舗デザインでまずやるべきこと

キャバクラの店舗デザインを決めるにあたり、最初にやるべきことは2つ。「キャバクラのコンセプトを決めること」と「キャバクラの人気店の内装をリサーチすること」です。事前に2つをしておくことで、キャバクラの店舗デザインの土台をしっかりと築くことができます。それでは、最初にやるべき2つのことを詳しくみていきます。

①キャバクラのコンセプトを決める

キャバクラのコンセプト

どのようなキャバクラにするかを決めることはとても重要です。価格帯やターゲットとする層を明確にしましょう。価格帯やターゲット層が明確になることで、内装で演出すべき雰囲気や、内装に使用する素材が変わります。

たとえば、価格帯が高い高級店にする場合は、高級感のある雰囲気を内装で出す必要があるため、高級感を連想させる素材や設備を使用することが重要です。

一方、価格帯を抑えたお店にする場合は、少し高級感を出しつつもカジュアルで入りやすい内装に仕上げるといいでしょう。価格帯やターゲット層などを明確にし、コンセプトをしっかり決めることで、キャバクラの内装作りの方針があらかた決まります

②キャバクラの人気店の内装を見て回る

キャバクラの人気店の内装を見て回る

お客さまや女性キャストに好まれるキャバクラの内装にするには、人気店のリサーチが欠かせません。キャバクラの人気店は、女性キャストの対応のほかに内装の雰囲気作りが上手いです。

内装のどこにポイントを置いているのかや、どのように内装で高級感を演出しているのかなどを、意識しながらリサーチするといいでしょう。取り入れられそうなポイントをメモで残しておくことが重要です。

メモしたポイントを開業するキャバクラの内装設計に活かすことで、より高級感や非日常感のある雰囲気を内装で作り出すことができるでしょう。

キャバクラの内装で高級感を出すポイント

キャバクラの内装で高級感を出すポイント

キャバクラの内装で高級感を出すには、以下3つに焦点をあてて内装作りをしましょう。

  • 照明
  • イス・ソファーの質
  • 見せ場作り

上記3つのポイントを意識しながら内装作りをすることで、女性キャストが映える、またお客さまに非日常感を提供できます。これから、3つのポイントを詳しく解説してくので参考にしてみてください。

照明

アールデザイン天井

照明はキャバクラの内装で一番重要なポイント。明るさ、色、配置でお店の雰囲気が大きく変わります。お店全体は明るさを薄暗くすることが重要ですが、客席にしっかりスポットライトがあたるように調整しましょう。

女性キャストが美しく見えるように、照明の色と角度を工夫すべきです。一般的に照明の色は、肌のつやをよく見せる暖色系を使用します。

照明の角度はまぶしすぎず、お客さまやキャストに影ができないように微調整を繰り返しながら、最適な位置を探しましょう。なお、店内の明るさは、風俗営業等の規制および業務の適正化に関する法律規則で定めがあるので注意しましょう。

イス・ソファーの質

イス・ソファーは素材と座り心地に焦点をあてて決めましょう。素材の部分では、高級感を連想させるレザー(フェイクも可)もしくはファブリック(布生地)が最適です。座り心地は、お酒の提供や会話のしやすさ、長時間座ることを考慮しましょう。

座り心地は女性キャストの接客にも大きく関わります。さらに、ソファーの座面高さが重要です。女性キャストの膝が少し上むく角度が大切ですお客さまと女性キャストの双方が、心地よく話せる形状や材質のイス・ソファーを選ぶようにしてください。

見せ場作り

キャバクラのVIP席

VIP席など優位性のある見せ場の席を作ることも、高級感のある内装にするには重要なポイント。VIP席を作らないとしても、なにか一つ特化した部分を作ることでお店独自の魅力につながり、他のお店と差別化を図ることができます。

見せ場があることにより、お客さまの楽しみも増えることでしょう。お客さまの目を引くポイントを作ることを意識して、印象に残る見せ場作りをしてみてください。

飲食店の照明に関しましては、こちらの記事で詳しく解説しています。ぜひこちらも合わせてご参照ください。

キャバクラの内装を作る上で気をつけるべきポイント

キャバクラの内装を作るさいに気をつけるべきポイントは、

  • 居抜き物件を使用しない
  • 内装設備の状態
  • キャバクラの内装デザイン実績のある業者に依頼する

の3つです。3つのポイントを押さえておくことで、キャバクラの内装作りでの失敗を防ぐことができます。それでは、3つのポイントを詳しくみていきましょう。

居抜き物件を使用するときは気をつける

内装工事の費用を安く済ませるために、居抜き物件を活用しようと考えている場合は、注意が必要です。居抜き物件は、経営不振になり廃業してしまった場合が多い物件です。立地の悪さやお客さまからの印象が悪く残ってしまっている可能性があります。

前のお店のイメージがついてくることで、開業しても集客が上手くいかない、なんてことになってしまう可能性があります。お客さまは、目新しさに引かれる傾向にあります。集客のしやすい立地を考慮しながら、新しい場所での物件の契約も考慮しましょう。

内装設備の状態

物件を選ぶさいは、内装設備に目を向けることが重要です。排水管が使用できるかや電気容量、ダクトの有無など、使用する内装設備をひとつひとつ必ずチェックしてください。

いざ使用するときに排水管が使用できなかったり、電気容量が足りなかった場合、お店を一時的に閉めて再度設備工事をしなければなりません。設備工事費用が余分にかかり売上がなくなるのは痛手ですよね。失敗を避けるためにも、必ず物件選びのさいに内装設備の状態を確認しておきましょう。

キャバクラの内装デザイン実績のある業者に依頼する

キャバクラの内装作りは複雑かつ技術が重要となります。キャバクラの内装デザインの実績がある業者に依頼しましょう。また、内装設計・内装工事の業者にも得意・不得意な内装演出があります

思い描いている理想のキャバクラに似ている内装施工の実績があるかを確認しておいてください。キャバクラの運営を成功させるには、内装設計・内装施工の業者選びがカギを握ります妥協せず時間をかけて最適な内装設計・内装施工の業者を探しましょう。

まとめ

この記事では、キャバクラで求められる高級感のある店舗デザインにするポイントを解説してきました。この記事の重要なポイントは以下です。

  • キャバクラのコンセプトと人気店のリサーチを内装設計の前に必ずおこなう
  • 暖色系の照明を使用しお客さまとキャストの影ができないように配置する
  • イスとソファーは高級感を連想させる素材にし座り心地に焦点をあてて選ぶ
  • VIP席など優位性のある見せ場作りがお店独自の魅力につながる
  • キャバクラは目新しさが重要となるので居抜き物件を使用するときは工夫が必要
  • キャバクラの物件選びをするさいは内装設備の状態を必ず確認する
  • 理想のキャバクラの内装にするには内装設計・内装施工業者の実績を重要視して考える

キャバクラの内装は、一つのポイントがずれてしまうと高級感が薄れてしまいます。上記のポイントを参考にして、高級感のあるキャバクラを内装で演出しましょう。

株式会社TO(ティーオー)は、内装を得意とするデザイン事務所です。お客様にとって「心地よい空間とはなにか」という問いに対して真摯に向き合い、お客様に最適なプランニングをしております。みなさまからのお問い合わせを、心よりお待ちしております。

また、来店を増やすと同時にリピーターも獲得することが大切です。リピーターを増やすポイントはこちらの記事で詳しくまとめています。ぜひこちらもご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました