名古屋で繁盛する店舗デザインのポイントをご紹介します!“縁起”を意識して商売繫盛する飲食店を目指しましょう!

名古屋の繁盛店の焼鳥屋 店舗内装デザイン設計のポイント

せっかく飲食店を開業するのであれば繁盛する店をつくりたいと思う方も多くいると思います!繁盛する店に必要な条件として、立地や接客はもちろんそのほかに店舗の内装デザインも関係しています。

今回は名古屋の傾向をもとに繁盛する店舗デザインのポイントをご紹介していきます。

「繁盛店をつくりたいけど、どんなことを意識してデザインをしてもらえばよいのか?」と新規で飲食店の開業をお考えの方はぜひ、最後までご覧ください。

繁盛する店舗デザインのポイント

コンセプトにこだわる

店舗のコンセプト設計

繁盛店の1つ目の“カギ”はコンセプトです!コンセプトとはお店を開業からその後までの軸となり、一貫した目標や考え方となるもののことです。

繁盛店を生み出すためにはオーナーの店に対する願い想いのこもったコンセプトをつくることです。さらに深いコンセプトにするポイントとしては、願いや思想にプラスしてもう一つ何かをリンクさせることです!

例えば暦(こよみ)と願いを結びつけるとより、コンセプトに厚みを持たせることができます。ぜひ、色々な想いをコンセプトにのせてみてください。

名古屋城をイメージしたデザイン

名古屋で開業を考えている方必見!繁盛するために抑えておくべきポイント

名古屋の歴史をモチーフにしたデザイン

名古屋ならではの名古屋城の歴史を意識してコンセプトの由来や願いにリンクさせると話題のきっかけにづくりになると思います。もし、興味があれば一度歴史を調べてみて下さい!

名古屋城をコンセプトにした店舗デザイン

決定したコンセプトをもとに、内装デザインをしていきます。そうすることでさらにお店全体に統一感が生まれ、繁盛するお店に繋がります

ぜひ、新しくお店を開く際には自分のお店やお客様に対する願いや思想を込めたこだわりのあるコンセプトをつくりましょう!

縁起物を意識した模様を取り入れる

麻の葉の縁起物模様

皆さんは商売繁盛の願いが込められている模様をご存じでしょうか?日本の伝統的な模様で代表的なものは、六角形の対角線を結んで出来ている麻の葉亀の甲羅の形をした六角形で出来ている亀甲柄があります。

これらには商売繫盛の意味があります。皆さんもどこかで目にしたことがあるのではないでしょうか?想いをカタチに表すことは集客に繋がります。その模様は、ロゴ店舗デザインに取り入れることが可能です。

では、実際に縁起物の模様を店舗デザインでどのように取り入れることができるのでしょうか?次に縁起物の模様を取り入れた事例3つをご紹介していきます。

縁起物の模様を取り入れた店舗デザイン事例

1.模様入りのパーテーション

パーテーション壁の間接照明

間仕切りのパーテーションとして組子細工などでできた模様をガラスの中にいれて取り入れることも可能です。間接照明と組み合わせると上品な空間を演出できます

2.壁に模様を埋め込んだデザイン

縁起物模様の間接照明

シンプルな壁にアクセントととして模様を埋め込んだデザインをすることができます。模様を組子細工で表現し、間接照明で照らすことで落ち着いた雰囲気を演出することもできます和モダンがイメージのお店にピッタリです!

3.ドアに模様入りのデザイン

和モダンな模様入りのドアデザイン

オリジナルでドアに模様を埋め込むことで普段とは違った雰囲気になります。ドアの向こうに入るのがワクワクするような店内をつくることができます。

このようにあらゆる形で店舗デザインに縁起物の模様を取り入れることができます。ぜひ、機会があれば一部分にでもデザインを施してみてください。

こちらの記事で掲載している店舗の内装の画像は、すべて私たち株式会社TOでデザインいたしました。気になるデザインがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

今回は名古屋で繁盛する店舗デザインのポイントについてご紹介しました。内装にも“縁起”を意識してデザインすることができることがわかったと思います。

弊社TO(ティーオー)は、店舗の内装を得意とするデザイン事務所です。飲食店のご依頼も多数頂いております。

「繫盛するお店をつくりたい」などとお考えのお客様はぜひお気軽にご相談ください!皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました