【飲食店編】看板の色と第一印象の関係性。色選びのポイントとコツを徹底解説します。

内装工事のポイント

飲食店の集客に大きな影響を及ぼす看板。看板のデザインを決めるときは色も重要なのはご存じでしょうか?看板の色の使い方を間違うと、お客さんの目にも止まらず集客を逃してしまいがちです。

この記事では、色の効果から見える看板におすすめの色選びを紹介します。看板作成時の注意点もありますので、ぜひ参考にしてください。

こちらの記事で掲載している店舗の画像は、すべて私たち株式会社TOでデザインいたしました。気になるデザインがございましたら、お気軽にお問い合わせください!

飲食店の看板を決める前に知っておきたい色の効果

ネオン管の看板のデザイン

まずは色がどんな効果をもたらすのか知っておきましょう。どの飲食店をするかによっても色の使い方が変わってきますので、看板づくりの参考になります。

赤や黄色の効果

赤や黄色の看板デザイン

赤や黄色といった暖色系は、食欲増進の効果があるとされています。またエネルギーを感じる健康的なイメージで、食べ物をおいしく見せる効果が期待できます。

街を歩いたとき、飲食店の看板を注意して見てみてください。多くの飲食店は暖色系を使っているのがよくわかります。

夜の和食店では赤い提灯を使っているのも、温かみのある雰囲気で自然に立ち寄りたくなるのは、まさに色のおかげ。

注意したいのが、暖色系は食欲増進の効果はありますが多用すると落ち着きがなくなります。大人の雰囲気を出したい飲食店には、色の割合に気をつければ問題ありません。

青や緑の効果

青や緑の看板デザイン

青や緑は、爽やかなイメージを想像する方も多いと思います。緑は自然を連想させる色とあって、癒やしやリラックス効果が期待できます。エステサロンや美容系で多く使われているのもそのせいです。

青は集中力を高める効果が期待できる色で、人の気持ちを落ち着かせます。淡い青色は、薬局や病院でよく使われる色です。

実は青や緑といった寒色系の色は、飲食店には向いていないといわれています。その理由は後述で説明しますね。

ピンクの効果

女性らしい印象のピンクは、親しみやすさややさしさを強調する色といわれています。そのため、女性や子どもがよく利用するお店で使われています。

ピンクは飲食店でも使うことが多く、とくにスイーツ系のお店では積極的に取り入れています。ただしほかの色との組み合わせによっては効果が発揮しにくいので、コントラストに注意して利用しましょう。

黒の効果

かっこよく男性的なイメージが強い黒。黒は、男性的なイメージのほか、高級感を演出したいときに取り入れられます。

とくに利用されるのがアパレル系。セレクトショップや高級ブティックでも、黒を基調とした看板を目にします。飲食店も例外ではなく、高級感を演出するお店ではよく使われています。

黒はかっこよく高級感ありますが『喪』の色としても使われるため、縁起を担ぐようなお店では使わない方がいいでしょう。

飲食店におすすめな看板の色

飲食店におすすめな看板の色

飲食店におすすめな看板の色は、ズバリ暖色系。暖色系は食欲増進の効果以外に、高揚感も与えるとされています。

飲食店のコンセプトやテイストにもよりますが、暖色系を木目調と合わせるのもおすすめです。日本人は古くから木造住宅で暮らしてきたため、自然と親近感が湧くといわれています。

木目調は暖色系の仲間なので、落ち着いた雰囲気がかもし出せるのがポイントです。

飲食店の看板作成時に気をつけること

飲食店の看板をつくるときは、色選びのほかに注意する点があります。色の使い方によっては逆効果になりますので気をつけましょう。

寒色系の使い方に注意する

一概にはいえませんが、飲食店は寒色系の看板はおすすめできません。青や緑には癒やしやリラックス効果がありますが、とくに青は『冷たい』や『固い』というマイナスイメージがついているのも事実。その理由は、自然界の食べ物に青がないためです。使い方によっては食欲を減衰させてしまいます。

ただしイタリアン料理店では使われているのも目にしませんか?地中海や鮮魚といった膿を想像させる飲食店なら、積極的に取り入れてもいいかもしれません。

看板に使う色を絞る

飲食店のおすすめな看板の色

看板に使う色は2~4種類に絞るのも大切なポイントです。使う色を多くしてしまうと、うるさい印象になり、お客さんの目に看板の内容が入ってきません。看板は、一目でどんなお店なのかイメージできることが大切です。

お店によっては看板を複数使うところもあるでしょう。その場合は、看板の雰囲気を統一すると、スッキリ収まります。

周辺と同化させない

周辺と同化させない看板デザイン

看板を作るときは、周囲の景観にも気をつけてください。周辺にお店が多い場合、色がかぶってしまうと看板が引き立ちません。

また緑が多い地域だと、緑の看板を使ってしまうと同じように目立ちにくくなります。看板の色選びも重要ですが、周辺の色も事前に調査しておいてください。

料理のジャンルを明記する

看板を作るとき店名を全面に出す飲食店もありますが、店名や色によっては料理のジャンルがわかりにくいこともあります。そのような飲食店を運営するのであれば、ジャンル名も記載するとお客さんにもわかりやすいです。

看板は色も重要ですが同じくらい文字も大切なので、お客さまがすぐ気付くようなデザインを考えてみてください。

飲食店は看板の色選びで集客が見込める

看板デザインの色選び

飲食店の看板を考えるときは、色がもたらす効果を知っておくことが大切です。料理のジャンルやお店のコンセプトに合わせて色を選べば集客も見込めるでしょう。

色選びと同時に気をつけたいのが周辺の環境です。下調べをしっかりし、業態と環境にマッチしたサイン計画をすることで、ターゲットにささり、集客が確実に可能になります。

目に留まるサインデザインをしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました