コロナ禍でテイクアウト専門店の需要が拡大!店舗デザインのポイントからメリット・デメリットまで幅広く解説します!

テイクアウト可能な飲食店 コロナ禍での店舗デザイン
「飲食店の開業を考えているんだけど、テイクアウト専門店のメリット・デメリットを知りたい」
「テイクアウト専門店はどんな店舗デザインにしたらいいんだろう」

このように、コロナ禍で人気が出ているテイクアウト専門店の開業を考えているオーナーの方は、多いのではないでしょうか。

テイクアウト専門店は、開業がしやすく、コロナの影響を受けにくなど、メリットが多くあります。しかし、店舗デザインなどの戦略をしっかり練らないと、集客に失敗し、売上が伸び悩んでしまうでしょう。

そこで、この記事では、テイクアウト専門店の店舗デザインのポイントを紹介し、テイクアウト専門店を開業する際のメリット・デメリットを解説していきます。ぜひ最後までお読みください。

テイクアウト専門店の店舗デザインのポイント

店舗デザインのポイント

テイクアウト専門店の店舗デザインは以下5つを抑えましょう。

  1. コンセプトの明確化
  2. 競合店のリサーチ
  3. インパクトのある外観
  4. オープンキッチンの導入
  5. 注文と商品を渡す場所を分ける

上記5つのポイントを抑えることで、流行るテイクアウト専門店を作ることができます。積極的に取り入れてみてください。

コンセプトの明確化

流行るテイクアウト専門店

テイクアウト専門店を開業を描いている際には、販売したい商品は決まっていることでしょう。そこで重要なのが、ターゲット層の選定と立地選び、価格帯の設定です。

販売したい商品が、近くの住人や労働者、学生などとマッチしない場合、集客に苦しみ、売上獲得に繋がりません。まずは、販売する商品を元に、ターゲットとする層を明確化し、価格帯を決めてみてください。

ターゲット層と商品の価格帯が決まった段階で、ターゲット層となる人達が多く集まる場所(ターゲットがサラリーマンならビジネス街や工場地帯など)に、テイクアウト専門店に合う物件を探す流れがいいでしょう。

競合店のリサーチ

店舗デザインを決める際、見をとしがちなポイントが、競合店のリサーチをしないことです。テイクアウト専門店の開業だけを考え、店舗デザインを進めてしまうと、競合店とお客さまを奪い合ってしまう可能性があります。

テイクアウト専門店の場合は、提供する商品の単価が低いです。お客さまを奪い合ってしまうと、売上が取れず廃業になる、なんてこともあり得ます。

集客を成功させ、売上を獲得するためにも、立地を決める前に、競合店のリサーチをし、差別化を図った店舗デザインにする。もしくは、他の立地での開業がベストな手段でしょう。

インパクトのある外観にする

テイクアウト専門店は、他の飲食店より、外観を多少派手にすることをおすすめします。外観のインパクトから通行人の視線を奪うと、集客に成功しやすくなります。

一般的な飲食店の外観ではあまり使用されない、近未来などの独特なデザインやパステルカラーなどの目立つ色の使用が最近流行っています。

ただし、販売する商品のイメージとかけ離れ過ぎてはいけませんので、イメージを壊さない程度に、外観に派手さを出してみてください。

オープンキッチンの導入

たこ焼きや焼きそばなど、作る工程を見せられる商品の場合は、オープンキッチンにするといいでしょう。作る工程を見せることで、お客さまに安心感を与えるだけでく、人が集まってくる、集客効果が期待できます。

また、匂いに連れられ、ついで買いをしてくれるお客さまも現れるかもしれません。集客に影響する料理を作るパフォーマンスを見せられる点で、オープンキッチンは重要なポイントとなります。作る工程を見せられる料理の場合は、取り入れてみてください。

注文と商品を渡す場所を分ける

テイクアウト専門店で求められるのは、商品を提供するスムーズさです。早ければ早いほど、お客さまに喜ばれるでしょう。

考えるべきは、注文を受ける場所と商品を渡す場所を分けること。別々のカウンターを設置しておくことで、行列ができてもスムーズに対応ができます。

特に、観光客や労働者の昼食をターゲットとしている場合は、注文と商品を渡すカウンターを分けておくことで、売上が大きく変わるでしょう。より多くの売上を獲得するために、注文と商品を渡すカウンターを別々にしてみてください。

テイクアウト専門店のメリット

テイクアウト専門店のメリット

テイクアウト専門店を開業するメリットは、「開業資金・運転資金を抑えられる」「 客数を気にする必要がない」の2つが主に挙げられます。テイクアウト専門店を開業する際の重要なポイントなので、チェックしておいてください。

開業資金・運転資金を抑えられる

テイクアウト専門店の場合は、一般的な飲食店に比べ、内装費用や光熱費、人件費がかからないため、開業資金と運転資金が安くすみます。

一般的な飲食店の場合(仮に10坪程度とする)、開業資金(内装費用・設備機器・テナント料・初期運転資金など)が1,000万円前後かかるのに対し、テイクアウト専門店は300万円前後です。一般的な飲食店の3分の1程度で開業できるのは、魅力的なポイントでしょう。

また、テイクアウト専門店は、店舗自体が小さくすむため、テナント料や人件費などの運転資金も、一般的な飲食店に比べてかかりません。

収容人数を気にする必要がない

一般的な飲食店では、収容できる人数が決まってしまいます。しかし、テイクアウト専門店は、収容人数を気にする必要がありません。

予約対応などの手間のかかる業務が省ける他、コロナ禍でも、蜜に対する対策を気にする必要がありません。また、一般的な飲食店に比べ、1日の売上の上限に決まりがありません。集客が成功するほど、売上に比例していきます。

テイクアウト専門店のデメリット

テイクアウト専門店のデメリット

「参入障壁が低い」「メニューが限定される」の2つが、テイクアウト専門店の主なデメリットとして挙げられるでしょう。2つのデメリットを無くすためにも、店舗デザインに工夫を加えるといいでしょう。

参入障壁が低い

テイクアウト専門店の最大のデメリットは、開業資金が高くないため、参入障壁が低くくなること。開業資金が高くないのはメリットですが、競合店が増えやすいのが難点です。

競合店が増えても、売上を取れる店舗デザインが求められます。店舗のコンセプトを明確にし、独自性や工夫を凝らした外観が重要なポイントとなるでしょう。競合店と差別化をする方法は、いくらでもあります。対策をし、競合店に負けない店舗作りをしましょう。

メニューが限定される

テイクアウト専門店は、一般的な飲食店に比べると、提供できるメニューが限定されてしまいます。狭いテナントに対して、設置できる設備機器に限りがあることが大きな要因です。

提供できるメニューが限定されていても、売上を伸ばすポイントは、競合店のリサーチと出店する立地の調査をおこなうことです。

同じテイクアウト専門店だけでなく、同じ種類の料理を提供している飲食店や同じ価格帯の飲食店、コンビニエンスストアも必ずチェックするようにしましょう。デメリットを無くすには、リサーチが重要です。時間をかけて、慎重におこなってください。

まとめ

テイクアウト専門店の開業

この記事では、テイクアウト専門店の店舗デザインのポイントを紹介し、テイクアウト専門店を開業する際のメリット・デメリットを解説してきました。この記事の重要ポイントは以下です。

  • 店舗のコンセプトを明確にし、ターゲットが集まる立地に出店する
  • 競合店をリサーチし、差別化を図った店舗デザインにする
  • 独特なデザインや派手な色を外観に使用し、店舗を目立たせる
  • 集客を成功させるためにも、料理を作る工程を見せられるオープンキッチンを導入する
  • 注文から商品の提供をスムーズにするため、注文と商品の受け渡しカウンターを別々にす る
  • テイクアウト専門店は一般的な飲食店の3分の1の資金で開業できる
  • 参入障壁が低いため、競合店に負けない店舗作りが重要
  • 提供できるメニューが限定されるため、周辺の飲食を提供している店舗(コンビニエンス ストアを含む)を必ずリサーチする

テイクアウト専門店は、コロナ禍での需要が増えており、開業しやすいのがポイントです。しかし、何も考えずに出店してしまうと、失敗に終わってしまいます。上記のポイントを抑えて、テイクアウト専門店の開業を成功させましょう。

タイトルとURLをコピーしました