持続可能なお店づくりを一緒に考えましょう

コロナ禍で「続けていける店」と「閉店する店」の2極化が進み、街は変わりました。いま、店舗デザインは変革期を迎えています。これまでの「売れる」のみを目的としてきた店づくりから、「在り方」を考え、持続可能を目指す店づくりに変わってきています。私たちは、一過性の流行にとらわれない、長く続けていける店づくりを施主様と共に徹底的に考え抜きます。

TOのお店づくりの詳細はこちら
店舗内装デザイン設計のポイント建築工事の基礎知識建築工事業界の専門用語

造作工事(ぞうさくこうじ)とは?内装工事の基礎がそのまま仕上がりに直結します

内装工事の基礎の造作工事とは何か 店舗内装デザイン設計のポイント
この記事は約6分で読めます。

建物を建てる際の内装工事は複数の工程に分類されます。その中の建物の基礎を作る部分が「造作工事(ぞうさくこうじ)」です。造作工事を知らないと、建物の仕上がりが理想とズレてしまうことも。

この記事では、建築の仕上がりに直結する造作工事の基礎知識から、造作工事を依頼する際の施工業者を選ぶポイントまでを詳しく解説していきます。ぜひ最後までお読みください。

造作工事の他にもこれだけは知っておきたい!という建築工事の基礎用語についての記事をまとめております。是非こちらも合わせてご参照ください。

造作工事(ぞうさくこうじ)とは

造作工事とは

造作工事を簡単に説明すると「建物内部の下地を作る工事」です。読み方は(ぞうさくこうじ)です。同音異義語の造作(ぞうさ)と混同しないように注意しましょう。日本の場合、建物の内装には木材が使われることが多く、木材の加工がメインになっています。ただし、ときにはPB(石膏ボード)なども扱います。

具体的には、

  • 天井
  • 建具(障子やふすま)
  • 階段
  • 敷居
  • 鴨居

などの内装の下地を作る工事です。さらに、場合によっては、内装デザインに合わせた備え付けの棚、クローゼット、テーブル、椅子、カウンター、掘りごたつなどの家具やインテリアを作成することもあります。

建物で暮らす人と直接的に関係してくるのが、造作工事で施工される部分です。理想の内装になるかどうかが決まる重要な部分が、造作工事にかかっていると考えるといいでしょう。造作工事を担当する大工は下記の通り分けられています。

造作大工(ぞうさくだいく)

造作工事を担当する大工を造作大工と呼びます。造作大工は建築に使われる素材の特性をよく理解した上で、その特性を最大限に活かす材料の選定を行います。また、組み立てや加工には知識と経験に依る高い技術が求められます。

建て方大工(たてかただいく)

造作工事では、柱や梁など建物の構造部分の内装工事は行いません。柱や梁などの構造部分を作る工事は、建て方工事と呼ばれ、構造部分を作ることに特化した建て方大工が役割を担います。

施工大工(せこうだいく)

中には、造作工事と建て方工事の両方ができる施工大工と呼ばれる業者もあります。しかし、基本的には、造作工事と構造部分の建て方工事は、別に行われると覚えておきましょう。

造作工事と内装仕上げ工事の違い

造作工事と内装仕上げ工事の違い

造作工事とよく混同される言葉に「内装仕上げ工事」があります。それぞれの言葉の違いを明確にしておきましょう。内装仕上げ工事は、壁や床、天井などにクロスを貼ったり、キッチンやトイレ、お風呂場の設置や防音工事などをおこないます。以下の要領で違いを覚えておくといいでしょう。

造作工事 内装の基礎部分を作る工事
内装仕上げ工事 基礎の上に壁紙やクロスを貼り仕上げる工事

上記のように造作工事と内装仕上げ工事は別種類の工事です。しかし、造作工事と内装仕上げ工事は、密接な関係にあることも覚えておいてください。

造作工事の釘打ち次第で、壁や床、天井のクロスの貼りやすさや綺麗さが左右されます。また、建具の枠の設置次第で、スムーズに開閉できる扉や窓になるかが決まってきます。

具体的な造作工事の範囲

造作工事は以下4つ範囲を主に施工します。内装のデザインに合わせて着手する範囲は変わってきますが、これらが基本となります。どのような工事をおこなっていくのかをこれから詳しく解説していきます。

①窓枠や仕切り壁の設置

窓枠や仕切り壁の設置

外壁が完成した段階の内装は、柱と梁などの主要構造となる部分しかありません。造作工事は、柱と梁しかない内部に内装のデザインに合わせて、空間を間仕切る壁を設置し、部屋を作っていきます。

仕切り壁の設置の作業が終わると、みなさんがイメージする住宅や建物の間取りが、目に見えてきます。加えて、窓や扉などの建具の枠を設置することも造作工事の一つ。柱と梁しかなかった空間が、居住や働く場所の空間に変わります。

②野縁(のぶち)の取り付け

野縁(のぶち)の取り付け

天井に設置する配線や配管工事をおこなうのに必要なのが野縁(のぶち)です。造作工事で天井の裏側の骨組みである野縁を取り付けます。基本的な流れとして、天井に野縁が取り付けられると、天井裏に隠す配線・配管工事や断熱材を入れる工事がなされます。天井作りには、野縁の取り付けが欠かせないということを頭に入れておきましょう。

③石膏ボードの取り付け

石膏ボードの取り付け

室内の壁や天井の下地となる石膏ボードの取り付けも造作工事の一つです。設置した間仕切り壁や天井の配線や配管工事が終わると、断熱材をそれぞれに入れて石膏ボードでフタをします。石膏ボードでフタをすることにより、次のステップである内装仕上げの工程に入れるようになります。

石膏ボートは現代の建築物にかなりの頻度で使用されている重要な部材です。こちらの記事では石膏ボードに関して詳しく解説しております。こちらも合わせてご参照下さい。

④作り付け内部設備を設置する下地作り

作り付け内部設備を設置する下地作り

棚やクローゼットなどの作り付け内部設備は、石膏ボードで作られた壁や床の下地では設置ができません。作り付け内部設備用の下地作りも造作工事の一つです。

デザイン性の高い作り付け家具の場合は、専門の家具屋が工場で製作し運んで設置するパターンが多いです。一方で、デザイン性が低い作り付け家具は、造作工事をおこなう大工がその場で施工する。もしくは、家具屋の工場から送られてきたものを現場で組み立てます。

造作工事を大工に依頼する際のポイント

造作工事を大工に依頼する際は、「木材の特性を熟知しているか」と「実績があり専門性が高いか」という2つのポイントに焦点を当てて業者を選びましょう。

木材の特性を熟知しているか

造作大工の選び方

木材は多くの種類があり、どの部分にどの木材を使用するかは、造作大工の判断にゆだねられます。加えて、湿度によって伸縮してしまうのが木材の特徴。造作大工は、木材ごとの特性や特徴を熟知しているかがポイントになります。

また、必ず工事をする現場によって湿度の違いが生じます。湿気によって木材が膨張してしまったり、乾燥によって木材が収縮したりして、図面通りに組み込めない事態が発生する可能性も考えられるでしょう。依頼する造作大工は、現場で木材を加工してすぐに対処できるなどの、柔軟な対応ができるかを確認しておくといいでしょう。

実績があり専門性が高いか

実績があり専門性が高いか

こだわりのあるデザイン性の高い内装を考えている場合は、造作大工の実績を必ず確認しましょう。汎用性のある一般的な内装設計の造作工事であれば、どの造作大工でも施工できます。

しかし、オーダーメイドの作り付け家具や変わった間取りにしたい場合などは、緻密な作業が必要です。理想の内装にするためにも、実績が豊富な造作大工もしくは、理想の内装に近い造作工事をしたことのある造作大工を選びましょう。

優良な施工業者を選ぶには、施工業者とつながりの深い優良なデザイン事務所を選ぶことが近道です。こちらのページではデザイン業者の選び方に関する記事をご紹介しておりますので、合わせてご参照下さい。

造作工事は建物の仕上がりに直結する

造作工事と内装仕上げ工事の違い

造作工事が、建物の内装のできを左右する重要ポイントだというのを理解していただけたかと思います。造作工事のポイントを抑えて、理想の内装を実現できるようにしましょう。

株式会社TO(ティーオー)は、店舗やテナントを得意とするデザイン事務所です。多数の専門性のある職人と繋がりがあるため、こだわりの造作にも対応可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。

私たちTOのデザインの強みに関しましては、こちらのページにて詳しく解説しています。ぜひこちらもわせてご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました