【徹底解説】空間デザインとは?建築デザインやインテリアデザインとの違いをわかりやすく解説します。

大衆海鮮居酒屋の店内装飾とデザイン 建築工事の基礎知識

「デザイン」と呼ばれるものは、多くの種類があります。一般的によく耳にするのは、インテリアデザインや建築デザインではないでしょうか?

その中で現代社会に欠かせないのが空間デザインです。空間デザインは、必ず一度は目にしたことがあるというほど、多方面で取り入れられているデザインです。

しかしデザインに詳しくない方は、空間デザインと聞いても想像がつきにくいですよね。この記事では、空間デザインについて詳しく紹介します。

また、合わせてインテリアデザインや建築デザインとの違いも説明しますので、是非参考にしてみてください。

空間デザインとは

空間デザインの解説

空間デザインは、場所にとらわれないデザインのことです。室内、室外どちらの空間に対してもデザインを行います。

空間デザインが取り入れられている場所はさまざまあります。少し例を挙げるだけでも、

  • 商業施設
  • 飲食店やアパレルなどの店舗
  • 美術館のフロア
  • イベントブース
  • 住宅
  • 庭園

と多岐に渡ります。

空間デザインの特徴は、自由な設計ができること。この空間デザインを手掛けているのが、空間デザイナーです。

空間デザイナーは独創的なイメージを提案し演出してきます。自由な設計ということもあり、店舗設計だけではなく、インテリアなど細かい箇所まで手掛ける場合もあります。

インテリアデザインや建築デザインとの違い

インテリアデザインや建築デザインとの違い

ここで似たような業種のインテリアデザインと建築デザインについて説明します。

インテリアデザインは空間デザインと間違われることも多く一緒にされてしまいがちですが、実は大きな違いがあります。空間デザインとどのように違うのか、見比べながら確認してみてください。

インテリアデザインとは

インテリアデザインとは、主に住環境、店舗内装などの室内に対してのデザインを指します。一般的に想像しやすいのがマンションや住宅展示場のモデルルームではないでしょうか?

家具や雑貨に関する知識はもちろん、色や素材、コンセプトなど総合的な判断が取り入れられています。このインテリアデザインを職業としているのが、インテリアデザイナーです。

空間デザインとの大きな違いは、デザインを手掛ける場所。空間デザインは室内、屋外問わずデザインしますが、インテリアデザインは基本的に室内に限定されています。

建築デザインとは

空間デザインは内外問わない

建築デザインとは、建物の見た目や空間に対してのデザインを指します。おしゃれな建物から実用的な建物と、建築デザインはさまざまな建物が見られるのも面白いポイント。

建築デザインで有名な建物といえば、

  • 国立新美術館
  • 金沢駅
  • 富士山世界遺産センター
  • モエレ沼公園
  • 国立代々木競技場

などがあります。近代的な建物でありながら、それぞれのテーマに沿ったデザインに仕上がっているのはさすがですね。

この建築デザインを手掛けているのが、建築デザイナーという職種。とくに日本人は有名建築家が多く、国内外で活躍中です。

空間デザインとの大きな違いは、建物そのものをデザインすること。空間を活用しながら、コンセプトに沿って建物を設計していきます。

大きな箱(建物)ができ上がると、それに合わせてインテリアや照明など、内装はインテリアデザイナーが手掛けます。室内外の空間スペースは、空間デザイナーがテーマに沿ってデザインをして完成でず。

先ほど紹介した有名な建築は、これら3つのデザインが融合されて立派なデザインに仕上がっているのです。

まとめ

名古屋の空間デザイン""

デザインのことを少し知るだけでも、街歩きが楽しくなりませんか?

空間デザインはあらゆる場所で取り入れられています。独創的なデザインも多いので、空間デザイナーの主張を読み取ってみるのもおすすめです。

空間デザインは、建築デザインやインテリアデザインなどと重なると、さらなる魅力が生まれるのも特徴です。

もしかしたら、いつも行く場所にも空間デザインが使われているかもしれませんよ。

タイトルとURLをコピーしました