建築デザイナーに理想の店舗デザインを依頼するときのポイント

愛知県名古屋の建築デザイナー 建築デザインイメージの伝え方

提案力のある建築デザイナーにまかせることで、理想の店舗になる確率はさらに上がります。実際に、建築デザイナーの方々に店舗のデザインを依頼するときは、どのようなポイントがあるのかご紹介します。

店舗のデザインとは

店舗のデザイン

実際にどういうものを作りたいのか、具体的な店舗デザインのイメージができていない人も多いと思います。まずは、店舗デザインがどういうものなのかを知っておきましょう。

一般的に店舗デザインとは、店舗の設計を意味します。デザイナーは、壁の色、店内の雰囲気、什器などを考えデザインします。さらに、店舗の広さを計算した上で家具の配置やレイアウトを決めたり、それを図面に落とし込みます。これらが設計という一連の作業です。

店舗デザインとは、厳密には実際に内装がどのような雰囲気かを考えてデザインし、図面に落としこむ作業を指しますが、それだけでは店舗は完成しないため、広い意味でとらえると店舗デザインは工事までの全て含んでよいと考えられます。

店舗が実際にできあがるまでにかかる期間

店舗ができあがるまでの期間

完成までにどれくらいの期間がかかるのかを知っておくことで、店舗完成までをスムーズに進めることができるでしょう。

打合せから見積もりができるまで

まず、施主とデザイン会社の間での打ち合わせからはじまります。どのような店舗のコンセプトなのか、予算はいくらかなど、施主の要望をデザイナーと共有します。

打ち合わせの内容を元に、デザイナーが完成予想図のスケッチや、3D作成ソフトによる店舗のデザインを提案します。そして、必要があれば何度か提案を行い、施主のイメージや予算とデザイナーの提案をすりあわせていきます。

決定したデザインの具体的な設計に入ります。ここで店舗の設計図ができあがります。デザイナーは予算内でどのような素材を使うか、どの部分を削るかなど、詳細まで決定してきます。

店舗デザインの設計図

 施工会社は自分で探すことも、もちろん可能ですが、デザイナーがそのまま紹介してくれるケースも多くあります。

各社が見積もりを出すのに通常1~2週間程度かかります。また見積書は専門的な要素が多いので、デザイナーなどの専門家とよく相談しながら選びましょう。最初の打合せから設計図と見積もりができるまで約1ヶ月ほどかかります。

着工から店舗完成まで

着工から店舗完成までの流れ

依頼する施工会社が決まり、契約を結ぶと、工事が始まります。店舗の内装工事には電気・排水・家具の業者や職人たちが関わります。施工会社が関係者をとりまとめ、予定通りに工事を進めるために全体の指揮をとります。

工事が終了し店舗がオープンできる状態になったら、水道・ガス・電気といった設備面や什器の使い勝手など、店舗の営業に必要なもの全てに問題がないことを確認し、引渡しとなります。

工事をはじめてから営業できる状態が完成するまでは、店舗の規模や工事の内容によって変わりますが、約2~3カ月かかります。打合せから店舗が完成するまでは、最短でも3ヶ月の期間が必要となります。

店舗のデザインを依頼するポイント

店舗デザインを依頼する際、準備しておくべきことは何でしょうか。

もちろん、施主は専門家ではないので、あらかじめ全てを把握することは難しいですが、ある程度準備しておくと、その後のデザイナーとの打合せがスムーズに進みます。

参考となる店舗デザインをいくつか用意しておく

参考となる店舗デザイン

はじめから自分の中に作りたい店舗デザインのイメージがあっても、それ言葉で伝えたり、絵に書いたりするのは難しいと思われます。

そこで、いくつか自分が作りたい店舗デザインに似ている内装の写真を用意しておくのがおすすめです。

インターネットやSNSで簡単に検索することができますし、デザイナーも施主のイメージを理解することができ、打ち合わせもスムーズに進めることができます。

予算を決めておく

店舗デザインの予算を決め

予めこの金額までという額を決めておくことで、その範囲で何が出来るかをデザイナーと一緒に考えることができ、効率的です。

店舗デザインを考えるときは、せっかく出店するのであれば、あれもこれもしたいとなりがちです。

またデザイナーや施工会社も予算を意識した提案を行うため、予算が決まっていないと実現可能性が低いプランになってしまいます。

納得できる店舗を作ることが大切ですが、貯金を大幅に切り崩したり、多額のローンを組んで資金計画が変わってしまうと、後々経営に影響が出ます。

ここまでは出せるけれどこれ以上になったら希望を削っていくなど、先のことも考えてまずは予算の上限をしっかりと決めておきましょう。

間取りや内装、設備などの細部までこだわるデザインの場合、どうしても高い商品を選んだりオーダメイドで作ることが増えます。予算と提案プランの見積りがかけ離れていたら、再考が必要です。

物件状態と契約形態の把握

店舗をオープンする予定の物件が壁や床以外何もない状態なのか、前の店舗の内装が残っている状態なのかによって店舗デザインにかかる費用は大きく上下します。

また賃料発生日により店舗がオープンする前に発生する賃料が発生する期間や、オープン日をいつにするかなど全体のスケジュールが大きく左右されます。

また賃貸のテナントの場合、店舗退去時の原状回復契約も確認しておく必要があります。壁や床に穴をあけたり、大きなパーテーションなどを設置した場合、修繕工事の費用や処分費用がかかりますので、気を付けましょう。

プランが店舗のコンセプトとあっているか

店舗のコンセプト

デザイナーから提案されたものがどんなに斬新であっても、どんなにおしゃれであっても、店舗のコンセプトとずれていたら意味がありません。

雰囲気に惑わされず冷静に、本来のこうしたいという思いとこのプランできちんと営業できるのかを判断しなければいけません。

たとえば、椅子やテーブルを入れたときも、

・きちんと歩けるスペースがあるかどうか
・商品などを保管するバックヤードのスペースは十分かどうか
・ホテルライクな洗面台は見映えはよいが、毎日使う場所としてお手入れの手間がかからないか

など、考えなければならないポイントはたくさんあります。

自分たちが働いているところを想像して、デザイナーから提案されたプランが本当に良いのかしっかり検討することが大切です。

まとめ

以上のポイントを抑えて、建築デザイナーにデザインを依頼しましょう。また、他にも内容でわからないところが出てきた際には積極的に質問して、納得のできる理想の店舗を目指しましょう。

店舗のデザインを検討中の方は、ぜひ私達におまかせください!

タイトルとURLをコピーしました