【開業・リニューアル】抑えておきたい飲食店の店舗デザインのポイント3選

愛知県の個性のあるカウンターのデザイン 店舗リニューアルのポイント

飲食店の内装デザインは、店舗の「雰囲気」を左右する重要なポイント。そのため「内装デザインにはとにかくこだわりたい!」と考えている方も多いでしょう。

しかし飲食店の場合、店舗の業態によって目指すべき雰囲気が異なるため、その業態にあった店舗デザインを選ぶ必要があります。その中でも居酒屋は、店舗のコンセプトによってさまざまなデザインがあるお店。

そこで当記事では、居酒屋の店舗デザインで抑えておくべきポイント3選と題して、居酒屋の空間デザインのコツをプロのデザイナーがお教えいたします。

居酒屋を開業予定の方や、飲食店の内装設計に興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

飲食店の店舗デザインの特徴

飲食店の店舗デザインの特徴

居酒屋のデザインを解説する前に店舗デザインの特徴を極簡単に解説します。

飲食店の皆さんは「飲食店」と聞いてどのような業態を想像しますか?多くの方が下記のような店舗を想像するでしょう。

  • カフェ
  • ファストフード店
  • レストラン
  • 居酒屋

これらの業態はすべて同じ「飲食店」であるものの、それぞれ特徴が異なります。そして内装デザインを考える際にはこれらの特徴を活かした設計が必要になるのです。

カフェの特徴

カフェの店舗デザインの特徴

カフェの場合は、居心地のよさやお客様の集客率を考えた店舗デザインが重要になります。

料金設定が低い場合は、より多くのお客様が座れるように席数を増やしたり、にぎやかで明るい印象を与えるデザインが好まれるでしょう。

一方で料金設定が高い場合は、座り心地のよいソファーなどを増やしたり、席数を減らしてゆったり過ごせる空間を演出しています。

ファストフード店の特徴

ファストフード店の店舗デザインの特徴

ファストフード店の場合は、回転率を重視した店舗デザインが好まれています。照明や店内は入店しやすいように開放的で、一人客用のカウンターなどが充実している点も特徴です。

またテーブルなどはお客様で自由に動かしやすいタイプが多く、少ない店員でオペレーションできる工夫が盛り込まれています。

レストランの特徴

レストランの店舗デザインの特徴

レストランの場合は、上記の業態よりも「食」を楽しむ場であるため、リラックスできる工夫が必要になります。

また多くのレストランではランチとディナーで単価が異なるため、照明などの明るさを時間帯で変更して空間を演出する店舗が多くあります。

また不特定多数の方が訪れる場所なので、お子様連れや足が不自由な方々への配慮も必要です。

居酒屋の特徴

居酒屋の店舗デザインの特徴

居酒屋の場合は、お店の客単価によってデザインのテイストが異なります。安さを売りにした大衆居酒屋であれば、にぎやかな空間を演出するために、客席を増やしたりお客様同士の席間隔を狭めたりします。

一方で高級感のある居酒屋の場合は、プライベート空間を確保するために個室を多くし、ゆったりとくつろげる設計が重要です。

このように業態によってデザイン上の注意点が異なるため、飲食店を設計するときには「業態」と「店舗コンセプト」が鍵となります。

とくに居酒屋の場合は、価格帯によって目指すべきデザインが大きく異なるため、まずはお店の基本情報をまとめましょう。

居酒屋の店舗デザインで重要な3つのポイント

居酒屋の店舗デザイン

居酒屋の店舗デザインの特徴の次に、店舗デザインの重要なポイントを解説していきます。大きなポイントは全部で3点です。

その1:回転率を考えた「レイアウト」にする

居酒屋にとって「回転率」は売上に直結する重要なポイントです。そのため単価や売り上げ目標を考慮し、店舗レイアウト(間取り)を決定しましょう。

席数だけでなくスタッフの人数を考慮したオペレーションなども検討する必要があります。

その点のプラン出しはプロのデザイナーの仕事なので、お客様は「こんな感じで使いたい」というご要望をまとめていただければ大丈夫です。

その2:お店のコンセプトにあった「内装」にする

居酒屋の店舗デザインコンセプト

お店の雰囲気を左右する内装仕上げ材は、店舗コンセプトに合わせて選ぶと居心地のよさが上がります。

落ち着きのあるお店を目指す場合は、少しトーンを落とした色味を使ったデザインがオススメで、にぎやかなお店を演出する場合は、明るい色味を使ったデザインが良いでしょう。

また予算の上限がある場合は、その旨をお伝えいただくとよりスムーズな設計が可能になります。

その3:雰囲気を演出するために「照明」にこだわる

内装仕上げ材と同様、照明は空間演出を左右する大切な要素です。そのため、業態に合わせて店舗の明るさや色温度などにこだわることをオススメします。

単価が高めの居酒屋の場合、あえて店内を暗くして料理が乗るテーブルにスポットを当てることもあります。このように照明設計を工夫すると料理がより美味しそうに見えたり、居心地のよい空間が完成するのです。

居酒屋の設計は「TO(ティーオー)」へご相談ください!

名古屋の居酒屋設計デザイン

弊社TO(ティーオー)は、内装を得意とするデザイン事務所です。お客様にとって「心地よい空間とはなにか」という問いに対して真摯に向き合い、お客様に最適なプランニングをしております。

なお弊社TOの設計実績はこちらよりチェックいただけますので、ご興味のある方はぜひご覧くださいませ。

株式会社TOのデザイン・設計(施工)事例一覧

皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました