店舗の内装工事を依頼する前に準備しておくべきこと。リノベーションの流れとスケジュールも合わせて解説します。

内装工事のポイント

店舗を開業するにあたってまず必要作業が内装工事です。内装、物件は経営するにあたって非常に重要な要素だからこそ、大変でも満足のいく内装工事を行いたいですよね。

今回は内装工事を依頼する前の準備とリノベーションの流れについて詳しくご紹介します。

内装工事を依頼する前に準備すること

内装工事を依頼する前に準備すること

店舗の概要を決める

内装工事に関する予算、店舗の概要を決めることで、内装業者にも具体的に説明することができ、スムーズに作業を進めることができます。

最初に店舗の内装のイメージや全体の予算を考えます。店舗のコンセプトを明確にするのも必要な作業です。

例えばカフェを経営するにしても、ターゲットとなる客層、コンセプト、利用動機、立地などお店を経営するにあたって、何がこだわりなのか考えましょう。

店舗の設計やデザインに関しては、内装工事業者にまとめて依頼する方法と、デザイナーや設計専門の業者に別で依頼する方法があります。

内装工事の全体の予算を決める

内装工事の全体の予算決め

店舗のイメージが決まったら、それに合わせて予算を決めます。

内装工事にかかる費用の内訳は、設計・デザイン、設備工事などの施工費用に加え、物件取得費用、備品・機材などが挙げられます。

また、内装工事は工事の途中で、追加で工事を行う可能性もあります。不測の事態に備えて余裕をもって予算を決めることがお勧めです。

店舗のコンセプトに合わせて物件を探す

店舗のコンセプトと予算が決まればそれに合わせて物件を選びます。物件選びはその店舗の経営にかかわる大切な作業です。インターネットだけでなく、実際に現地に詳しい建築デザイン会社や不動産屋に足を運んで相談しましょう。

物件取得費用に関しては、敷金、礼金、仲介手数料、保証金などが必要になります。また、オープンした後の、家賃、人件費、光熱費など今後の費用も含めて検討してください。

内装工事業者を選択・依頼する

内装工事業者の選び方

内装工事業者の種類は「分離」と「一括」に分かれます。「分離」はデザインや設計と施工をそれぞれの別の業者に依頼すること、「一括」それらすべての作業を一つの業者が行うことです。

「一括」で内装工事を行う場合は、設計と施工を同じ企業で行うため、完成に向けての認識のズレがなく、打ち合わせや見積もりなども最小限に抑えることができますが、費用が高くなる傾向にあります。

一方で「分離」で内装工事を行う場合は、工事を安く請け負ってもらえる業者を探せたり、設計も施工もそれぞれ担当者がつくため、より綿密で満足度の高い内装工事が期待できます。

しかし、これらの作業を別で行うということは、設計ができるまで工事の見通しが立たなかったり、見積もりや打ち合わせの回数も増えるので時間と労力がかかります。

店舗リノベーションの流れ

リノベーションの流れ

店舗の内装工事全体の目安として準備を含めて約4~5ヵ月ほどかかります。開業の日程を確認して早めに準備を進めましょう。

内装工事に関するヒアリング・見積もり

まずは、内装工事業者に店舗のコンセプトや事業計画のヒアリング、見積もりを立てます。今後の工事を円滑に進めるためにも、希望やこだわりは細かく伝えましょう。

もし契約済みの物件があれば、図面を持参することで業者側も、より具体的に工事のプランを提案できます。

物件の現地調査

ヒアリングが終われば実際に内装工事業者が現地調査を行います。希望するリノベーションを行うことができるのか、実測と調査を行います。

申し込み・契約

工期、施工内容、費用などすべての内容が決まり次第、契約を締結します。

施工

内装工事の契約を締結

リノベーション工事開始。工事は内容にもよりますが1~2ヵ月が目安です。工事が始まる前にご近所への挨拶回りも済ませます。

施工中は定期的に現地へ足を運びましょう。施工完了前に気になることや変更したいところが発生しないよう業者とよく話し合って工事を進めましょう。

工事完了・お引き渡し

工事が完了したら、追加で依頼したい部分がないか再度確認。必要な場合は手直しを行います。すべて完了したらお引き渡しです。

まとめ

内装工事に関する準備と工事の流れ

内装工事に関する準備と工事の流れについてご紹介しました。内装工事には時間と費用もかかるため早めの準備が必要です。まずは簡単なご相談からでもお気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました