【店舗開業をお考えの方】スケルトン物件のメリット・デメリットについてご紹介します!

内装工事のポイント

店舗を開業するにはまず物件が必要ですよね。物件を探していると「スケルトン」という言葉をよく目にするかと思います。

意味は知っていても実際にどのようなものか詳しく知らない方も多いはず。そんな「スケルトン」について今回はご紹介します!

スケルトン物件とは

「スケルトン物件」とはコンクリート打ちっぱなしの状態で躯体だけが残っている物件です。

スケルトン物件の内観

スケルトン物件と居抜き物件の違い

スケルトン物件とよく比較されるのが居抜き物件です。居抜き物件とは以前のテナントの設備や内装がある状態を意味します。

スケルトン物件と居抜き物件の違い

スケルトン物件の店舗開業のメリット

そんなスケルトン物件を選んだ際のメリット・デメリットについて紹介します。

①自分の理想を実現できる

スケルトン物件はビル設備以外何もない状態です。そのためレイアウトを一から考えられることは魅力的な点です。店舗を開業するにあたって空間作りは重要な要素の一つです。

特に現在はインスタグラムを筆頭に素敵な空間で写真を撮ることが流行しており、飲食店であっても食事はもちろん、空間も素敵で快適であることが重要視されています。

そのためお客様と自分の理想の店舗を一から作り上げられることは大きなメリットです。

スケルトン物件のメリット

②設備管理が簡単

スケルトン物件はビル設備がありますが、前のテナントの設備は残っていません。そのため一から設備設置が可能です。

居抜き物件では設備がいつから使用されているかわからず、修理に出す際に困ることがあります。しかしスケルトン物件ではその心配はありません。

スケルトン物件と居抜き物件の比較

③イメージを一新出来る

居抜き物件の場合、どうしても以前のイメージが払拭しにくい傾向にあります。認知度があるといった点では良いかもしれませんが、新鮮なイメージを持たせるのは難しいでしょう。

一方でスケルトン物件ならば一からイメージを作り上げることが可能です。

スケルトン物件でイメージの一新

スケルトン物件の店舗開業のデメリット

続いてスケルトン物件を使用するにあたってデメリットも紹介いたします。

①費用がかかる

まず一から作り上げるため居抜き物件と比べて費用がかかってしまう点はデメリットの一つです。特に飲食店や美容院などの特殊な設備が必要な場合は費用が大きくなってしまいます。

スケルトン物件の内装改築

②開店まで時間が必要

スケルトン物件は一から作り上げるため工事期間が長くなることが多いです。ですので近いうちに開店したい等の要望がある方のにとってはデメリットであると言えます。

スケルトン物件のデメリット

③設備を一から用意

こちらはメリットで上げた点と逆の考え方で、一括で用意するので管理は簡単かもしれませんがその分全てを用意する必要があるので大変と感じる方もいるでしょう。

スケルトン物件の設備管理

④退去時に費用がかかる

スケルトン物件は返却時、原状回復が基本です。原状回復とは自分たちが店を借りる前まで状態を戻すことを言います。

そのため自分たちが設置したものや改修を加えたものは全て撤去する必要があり、工事費用がかかってしまいます。

スケルトン物件の原状回復工事

スケルトン物件はこんな方におすすめ

ここまでスケルトン物件のメリット・デメリットについて紹介して来ました。ここからはスケルトン物件がどんな方におすすめか紹介します。

①絶対に実現したい自分の理想がある方

店舗を開業される方の中には長い間夢見てきた理想の店舗がある方も多いはずです。このような方には一から店を作り上げるスケルトン物件がオススメです。

設備から装飾品などを理想をもとに作りお客様に満足してもらえる店舗づくりを行いましょう。

スケルトン物件による理想の店舗の実現

②店舗を共通のデザインにしたい方

中には複数の店舗を開業されており、全てを共通もしくは似たデザインにしたい方も多いです。

居抜き物件で似た物件があればそちらを改装するのが良いと思いますが、似た物件がない場合一から作る方が費用を抑えれる場合もあります。費用を比較して検討しましょう。

スケルトン物件による共通の内装デザイン

③特殊な業態、業種の方

飲食店や美容院などの一般的な業態ですと居抜き物件を利用出来ますが、特殊な業態をお考えの方にはスケルトン物件をおススメします。

居抜き物件を利用すると以前の設備を撤去するのに費用がかかってしまうので、スケルトン物件を利用した方が低コストで済む可能性が高いです。

スケルトン物件による特殊業態

まとめ

今回はスケルトン物件のメリット・デメリットについて紹介しました。メリット・デメリットはわかったけれど物件を探すにあたって自分がどちらが向いているのかわからない等の悩みを抱える方も多いはずです。

そんな時は弊社TOに気軽にご相談下さい。皆様の理想実現のため尽力させて頂きます。

タイトルとURLをコピーしました