【飲食店】カウンターの種類まとめ内装デザインの要となるカウンターの種類を徹底解説します。

愛知県のカウンターのある飲食店のデザイン 店舗内装デザイン設計のポイント

飲食店には、ほとんどといっていいほどカウンターというものが存在します。今回の記事では、カウンターの役割を明確に示し、どのようなカウンターの種類があるのか説明いたします。

これから飲食店舗を出す予定の皆さまは、是非参考にしてみてください。

飲食店におけるカウンターの役割

飲食店におけるカウンターの役割

飲食店にあるカウンターには様々な役割があります。

カウンターから厨房がよく見える

カウンター席の中には、厨房が目の前にあるためお客様は料理風景を間近で見ること画できるので、安心することができます。

またお寿司を握ったり鉄板で、焼いたりする店のパフォーマンスを楽しんでもらうためにも飲食店におけるカウンターは重要です。こういったキッチンをオープンキッチンと言います。

料理の提供スピードを早く行える

カウンターと厨房は対面しているため、従業員が外に出なくても料理を目の前から渡すことができます。そのためスピードがあがり、効率よく料理の提供ができます。

従業員とお客様のコミュケーションがとりやすい

カウンターはお客様との目線の高さを意識して、設計することを意識しましょう。そうすることでお客様と顔を合わせて、料理を作りながらコミュニケーションを取ることができます。

ここで大切なのは、基本的にお客様を見下ろさない高さ設定をデザイナーがすることです。

カウンターの種類

飲食店のカウンターの種類

カウンターには、色々なパターンによって種類が分類されます。今回は、高さ、形、素材の違いによってみてみましょう。

カウンターの高さの違い

①ローカウンター

こちらは一般家庭で使われるダイニングテーブルと同じくらいで、高さは70センチほどになります。ローカウンターのメリットは座席が低く、足が地面につくためゆったりと座ることができて、お客様の快適さを追求しています。そのため、滞在時間も伸び、客単価の上昇にも繋がります。

ただし、調理スタッフの目線が高くなってしまい、お客様を見下ろすような設計になり、圧迫感を感じさせてしまうかもしれません。

カウンターは、お客様と厨房内の高さ関係を常に意識することが大切です。

②ミドルカウンター

こちらは、ミドルカウンターとハイカウンターの間の高さで、およそ95センチほどです。キッチンの流しくらいの高さです。足が地面につくか、つかないかの高さで、対応する椅子も少なく、ミドルカウンターを利用している店舗は、現状少ないです。

どうしてもこの高さ設定になってしまうときは、椅子で高さ調整をすることがとても大切です!

③ハイカウンター

ハイカウンターは、105センチほどあります。メリットは、調理スタッフと目線が合わせやすくなり、コミュニケーションも自然と増えるでしょう。

デメリットは、椅子が高く床に足がつかない状態になってしまうので、足置きを設置するなどの工夫を行い、お客様のリラックス出来る環境づくりを意識してみて内装デザインしてみましょう。

ここでのカウンタータイプの設定は、カウンター内と客席の床がフラットであることが前提の話です。

カウンターの形の違い

飲食店のカウンターの形の違い

①I字型カウンター

I字型は文字通り、お客様が隣り合わせに横一列に並ぶ机の状態になります。調理スタッフとは、お客様全員が対面で話せる内装デザインとなっています。

しかし幅を長くしてしまうとスタッフとの距離も出来てしまい、食事の進み具合を確認することがおろそかになってしまう可能性もあるので注意しましょう。費用も比較的安価で、スペースも取らないため、カウンターの内装デザインを迷っている方には手をつけやすい形かもしれません。

②コの字型カウンター

コの字型は、対面と両サイドにも座席をもうけるカウンターのデザインになります。調理スタッフから全方面のお客様を見渡せるため、様子を確認しやすいというメリットがあります。

そのため、最小限の移動や人員で抑えられて作業パフォーマンスの上昇も出来るでしょう。居酒屋のように、飲み物や料理の注文頻度が多いお店には向いていると思います。

③L字型カウンター

L字型カウンターは対面だけではなく、横からも調理スタッフの手元を見ることが出来ます。

そのため、魚を目の前でさばいてくれるお寿司屋さんや、お肉を焼いてくれる鉄板焼きなどのように調理の過程をパフォーマンスとして見せたい飲食店とは相性がいいでしょう。

カウンターの素材の違い

飲食店のカウンターの素材の違い

木製カウンター

合板

合板とはベニヤ板などを互い違いに重ねて貼り合わせた素材です。木の節などがあるため、価格は安くラフな印象のカウンターデザインが出来ます。

集成材

こちらは屑状の木材を接着剤で固めて板にして作り直した素材です。木の無垢材ではありますが、安い感じがでてしまい、風情は減ってしまいますが、木特有の反りが出にくいということが特徴です。

突板

突板は木材をうすく切ったものをベニヤに貼り合わせた素材です。木の皮を使用して作るため木の暖かみや風合いを出したい内装にはオススメの素材です。

無垢材

木材そのものを天板にします。重厚感や店舗の雰囲気を作るには抜群のカウンター天板です。

左官カウンター

こちらは、セメントやモルタルで作られたコンクリート状の素材です。無機質な印象を与えることが出来て、耐水性にも優れています。

左官の種類も多く、色や質感なども店舗の雰囲気にあったものを選ぶとよいでしょう。しかし、価格は高くなってしまうのという点や、衝撃によりひび割れなどのリスクもあるという可能性は理解しておきましょう。

メラミンカウンター(通称:フラッシュ)

メラミンとは人工的に樹脂で作られたプラスチック状のものです。

耐熱性・耐水性・耐候性に優れているという特徴があります。そのためメンテナンスも気軽に行えますし、左官や木製に比べて費用を安く抑えることが出来ます。

通称、フラッシュと呼びます。

カウンターを作るときの注意点

 

カウンターの種類について、高さ・形・素材で説明してきましたが、最後に注意点をまとめたいと思います。一般的に、一人当たりの幅は60センチほどであるため、カウンターの席同士の幅は75センチほどがよいでしょう。

コロナウイルスによる影響を考える

また、現在のコロナウイルスによる影響を考えると、ソーシャルディスタンスを取ったほうがよいため2mほどの感覚を取るくらいがよいでしょう。もしくは、仕切りを付けて飛沫が飛ばないような対策も必要です。

隣のお客さんとの声が聞こえないようにBGMをかける

カウンターを作る際に、どうしてもお客様同士の感覚が近いため、隣に座る人の会話が耳に入ってきてしまいます。それを、避けるためにも店内のBGMを流すことはお客様の快適具合をあげるために効果的になります。

カウンターの奥行きは料理がおけるスペースを確保する

奥行を決める際に、考慮しなければならないのはお客様が注文するであろう料理がすべて机の上に乗るかどうかです。平均的に45~50センチで統一している店舗が多いです。

まとめ

飲食店のカウンターのデザイン

これまでカウンターの役割や素材の種類、デザインについて紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

形や高さによって、飲食店の向き、不向きがあります。そのためどのような店舗を出したいのかをイメージしてからカウンターを決めるようにしましょう。

私たちは、飲食店の内装デザインのご相談をいつでも受け付けております。いつでもお気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました