【バー・居酒屋】居心地のいいカウンター席の高さと作り方 つい座りたくなるデザインのコツ

愛知県名古屋市のカウンターのある飲食店のデザイン 店舗内装デザイン設計のポイント

最近では居酒屋やバーで、おひとり様や少人数の利用が増えています。

「一人で静かに飲みたい」「友達と落ち着いて語りたい」というお客様の需要に答えるため、テーブル席だけでなく、カウンター席を取り入れているお店も少なくないでしょう。

しかしカウンターは、店舗にあった「高さ」が重要であり、高さ設計が曖昧になってしまうと、居心地よい空間は完成しないのです。そこで当記事では「居心地のいいカウンター席」と題して、カウンターの高さについて解説します。

ここでのカウンターの設定は、カウンター内と客席の床がフラットであることが前提です。

カウンターの高さには3つの種類がある

「このカウンターなんだか座りにくい」という思いを皆様も一度は経験したことがあるのではないでしょうか。実はカウンターには高さ別に3つの種類があり、それぞれ特徴が異なるのです。まずはカウンターの種類について解説していきます。

こちらの記事で掲載している店舗の画像は、すべて私たち株式会社TOでデザインいたしました。気になるデザインがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
株式会社TOのデザイン事例一覧ページ

ローカウンター 

ローカウンター

【カウンター高さ:700mm程度、椅子の高さ:400mm程度】

ローカウンターは、カウンターの中でも天板位置が一番低いカウンターを指します。これは家庭用のダイニングテーブルと同じ高さのため、座った時に足が床に着く設計になっています。

メリットは長時間座っても疲れない点ですが、その一方で調理人がお客様を見下す形になるデメリットがあります。このデメリットを是正するために、厨房と客席の高さを変える必要があります。

(注)厨房と客席の高さが同じ場合、2段カウンターにする必要があります。ただし、厨房と客席の床高を変えて、希望通りのカウンターの高さに設定することが、最適の方法です。

②ミドルカウンター

ミドルカウンター

【カウンターの高さ950mm程度、椅子の高さ650mm程度】

ミドルカウンターは、キッチンの天板と同じくらいの高さのカウンターです。座ったときにギリギリ足のつま先が付く高さ設計になっており、ローカウンターよりも調理人との目線が合いやすくなるメリットがあります。

居心地を良くするために、足かけをつけるなど工夫をするといいでしょう。

③ハイカウンター

ハイカウンター

【カウンターの高さ1050mm程度、椅子の高さ750mm程度】

ハイカウンターは、バーやスタンディングの店舗などの天板と同じ高さのカウンターです。座った際に従業員との目線が合う高さに設計されているため、足がつかないくらいの高さになっています。

小柄な女性の場合、座ることさえ大変になるので、ミドルカウンター同様に設計上の工夫は必須です。この場合、ステップを設置するのが必須です。

居心地のいいカウンターは「高さ」で決まる!デザインのコツとは

居心地のいいカウンター

最後に、カウンターデザインのコツをご紹介します。

単価の高い居酒屋やバーでは、一般的にミドルカウンターやハイカウンターが好まれる傾向にあります。ローカウンターでは、お客様を見下す形になってしまうため、印象上よくないとされています。

そこで、厨房と客席の床高を変えて、希望通りのカウンターの高さに設定しましょう。それによって、どのタイプのカウンターも居心地よくできます。居酒屋やバーでも座り心地を重視する場合は、ローカウンターも十分考慮する対象になります。

このように、物件の条件に合わせて、デザイナーと入念に相談することが大切です。

こちらの記事ではカウンター以外の内装デザインのポイント、デザインの伝え方ついて解説しています。こちらの記事も是非ご参照ください。
店舗デザイン設計の進め方。こだわりあふれる理想のお店づくりを実現しましょう!

バーや居酒屋の設計は「株式会社TO(ティーオー)」へおまかせください!

バーや居酒屋のカウンター設計

弊社、株式会社TO(ティーオー)は店舗デザインを得意とするデザイン事務所で、お客様のと繋がりを第一に、居心地のいい空間づくりを行っています。

またTOでは飲食店に関する依頼が多く、高級料理専門店、居酒屋やバーなどの実績も多数ございます。やはり高級料理専門店、居酒屋やバーは、様々なお客様が様々な用途でいらっしゃる場所です。大人数で楽しく過ごす方もいれば、二人で落ち着いて語り合いたい方もいるでしょう。

使いやすさを考えたエンドユーザー目線の設計は、お客様の満足度を高め、売り上げアップやリピーター増加に結びつくとTOは考えています。

飲食店(高級料理専門店、居酒屋やバー)の空間設計でお悩みの方はぜひTOまでご相談ください。皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

カウンター以上に飲食店で重要なテーブルと椅子の高さに関しては、こちらで詳しく解説しております。是非こちらもご参照ください。
バランスが重要!お客さまの居心地を左右するテーブルと椅子について解説します
タイトルとURLをコピーしました