おしゃれな居酒屋・日本料理店に共通する「和モダン」な店舗デザインを実現するコツとポイント

愛知県の個性のあるカウンターのデザイン 古民家改築のデザイン
こちらの記事で掲載している店舗の画像は、すべて私たち株式会社TOでデザインいたしました。気になるデザインがございましたら、お気軽にお問い合わせください

日本人のみならず、外国人をも惹きつける「和モダン」は、懐かしさとおしゃれを兼ね備えたデザインで、幅広い層に人気のスタイル。

おしゃれな居酒屋や日本料理店は「和モダン」をうまく取り入れ、お客さんのハートをガッチリつかんでいます。しかし「和モダン」と聞いても、どんなデザインなのか想像つかない方も多いのではないでしょうか?

この記事では「和モダン」の概要と、どんな点に気を付けたら「和モダン」のデザインに仕上がるか紹介します。おしゃれな店舗づくりを目指している方は、ぜひ参考にしてください。

「和モダン」とはどんなデザイン?

店舗デザインネオン管

「和モダン」とは、日本の伝統的な「和」を取り入れたデザインと現代的なデザインを融合させたものです。

特徴的なのは日本古来から使われている素材が使われていること。外装や内装の壁には白壁や珪藻土などを使い、低めの家具を取り入れるだけでグッと「和」の雰囲気をかもしだせます。そこに「洋」の素材をプラス。

「和モダン」は決まった定義はないため、店主の好みに合わせたデザインを自由自在に表現できます。よく使われているのは、自然を思わせるようなアースカラーや天然色です。

「和モダン」は安らぎが感じられるデザインで、年齢問わず親しまれています。

「和モダン」な店舗デザインにするためのポイント

おしゃれな「和モダン」を取り入れるため、以下に4つのポイントを紹介します。お店のコンセプトに合わせてうまく取り入れてみましょう。

外装デザイン

和モダンなデザイン

外装から「和モダン」を取り入れるなら、シンプルな見た目を意識しましょう。

外装に使う素材は
  • 白壁
  • 珪藻土
  • 無垢材
など「和」を思わせるものや天然素材を使うと簡単です。これだけだと「和」の主張が強すぎるため、随所に「洋」の素材を取り入れてみるといいでしょう。

タイルを使うと一気におしゃれ度もアップ。外観の照明は間接照明にすると、温もりのある印象に仕上がります。

内装デザイン

「和モダン」を簡単に作り出せるのが、温もりを感じる木材を使用すること。壁や床、天井など、一部に木材を使用するだけでも十分です。

内装で印象を大きく変える壁紙は、あえて「和」素材を使うのもおすすめ。和紙を使うとおしゃれ感も増します。

「和」の内装で欠かせない畳ですが、畳を使う場合も一工夫してみましょう。近年ではカラーバリエーションが豊富な畳。色の組み合わせを工夫して畳を取り入れてみるとモダンな印象に早変わりします。

店舗におすすめの畳は「縁なし畳」です。市松模様のように配置している店舗も多くあります。

インテリア

お店の雰囲気で重要な要素であるインテリアも「和モダン」らしさを演出しましょう。

簡単に雰囲気を出せるのが照明です。麻や竹、和紙などでできたランプシェードはたくさん販売されているので、これらを使うだけで一気に落ち着いた空間を作れます。

内装には雑貨を置きたいと考えている方は、以下の2つのパターンに絞ってみるのがおすすめです。

1つは自然素材でできた木や竹を使ったもの。もう1つはスタイリッシュさを出すために無機質なものです。どちらを使用しても「和モダン」テイストに仕上がりますが、どちらかに統一する方がすっきりした印象になります。

色使い

和モダンは色遣いが大切

「和モダン」で大切なのが色使いです。「和モダン」は温もりのある雰囲気が特徴なので、主張のある派手目な色は極力避けた方がいいでしょう

「和モダン」でよく使われるのが黒や白です。黒を使うとモダンで大人の雰囲気を感じられ、白なら万人受けする印象に。そのため白を使うお店が多いのも「和モダン」の特徴です。

自然素材を多く取り入れる「和モダン」ですが、使い過ぎるとナチュラルテイストになってしまいます。色の調和を考えながらスタイリッシュな印象に仕上げてみましょう。

まとめ

スタイリッシュな和風デザイン

「和モダン」は、懐かしさと温もり、スタイリッシュとさまざまな要素が融合したデザインです。特別な定義がないだけに、自分好みにカスタマイズできるのが魅力。

ただし、素材使いや色使いを間違ってしまうとデザイン性が変わってしまうので要注意です。今回紹介したポイントを元に、おしゃれな「和モダン」の店舗デザインを作り上げてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました