【愛知県版】テイクアウト専門店を始めるために必要な許可とは?

駅前の小さな店舗のデザイン事例 コロナ禍での店舗デザイン

新型コロナウイルスの蔓延や、晩婚化による独身の増加が原因で、テイクアウト料理の需要が高まってきていると言われています。

テイクアウト専門店を開業したいと考えている人もいれば、今やっている飲食店でテイクアウト営業を始めたいと思っている人も多いのはないでしょうか。

しかし、テイクアウトをするためには許可が必要な場合があります。この記事ではどんな時に許可が必要になるのか、種類、許可が取れる場所について解説します。

テイクアウト営業の許可が不要なケース

すでに営業している飲食店の場合は保健所から特別な許可を受ける必要はなく、すぐにテイクアウト事業をはじめることが可能です。なぜなら、開業時に取得した飲食店営業許可の中に、テイクアウト業も含まれるからです。

テイクアウト営業の許可が必要なケース

愛知県のテイクアウト営業

これから初めて飲食店の営業をされる方は、お店でテイクアウト販売するのか、どこで調理するのか、移動で販売するのかなどによって、必要な許可は変わってきます。

飲食店のテイクアウト関連の許可を取り扱っているのは保健所ですので、必要となった時はテイクアウト販売をする場所の管轄の保健所へ許可をもらいましょう。

新しくテイクアウト専門店を開業する場合

新しく飲食店を開業するために飲食店の営業許可を取る必要があります。

飲食店を経営しているオーナーが、その飲食店とは別にテイクアウト専門店はじめるケースでも、新たな許可を取得してからでないと営業できません。

テイクアウト専用のメニューを新しく扱う場合

テイクアウト営業に必要な許可

飲食店の営業許可を得ていても、テイクアウト商品として新しいメニューを扱う場合は、改めて許可を取得しなければいけない場合があります。

何故なら、既に得ている保健所の許可は、お店で提供している商品に対する許可であるからです。ですので、テイクアウト用に新しくメニューを作ろうと考えている方は、最寄りの保健所に相談しておくことをオススメします

別途許可が必要な食品

テイクアウトをする食品によっては、飲食店の営業許可の範囲外であることがあります。ですので、こういった場合は営業許可とは別で許可が必要になります。別途許可が必要な食材を以下まとめました。

・ケーキやパン:菓子販売業
・ハム、ソーセージ、ベーコン:食肉製品製造業
・アイスクリーム:乳類販売業
・刺身:魚介類加工業

このような食品をテイクアウトで販売する時は保健所へそれぞえ対応する許可をもらいましょう。別途で許可がいるのか分からない場合は保健所へ問い合わせてみると良いでしょう。

調理する場所と販売する場所が異なる

保健所では申請を受けて厨房や店内の衛生状態等を検査し、食中毒などの問題がないことを確認して許可を出しているため、検査した場所以外で食べ物を扱うことができません。

ですので、例えば元々経営している飲食店の商品をテイクアウト専門店へ持ち込んで販売する時、既に得ている許可は範囲外になるので、新しく許可を得る必要があります

また、飲食店を経営する人がお店の厨房ではなく、自宅のキッチンで調理した商品をテイクアウトで販売する場合も別途許可が必要になります。

【愛知県】テイクアウト(食品営業)の許可を得ることができる場所

愛知県の営業許可書

以下、テイクアウト営業をするにあたって許可を得られる場所と申請書のダウンロードができるページです。管轄市町村などを参考に、保健所に許可を申請しましょう。

食品営業許可を受ける施設の所在地を管轄する保健所(愛知県)

愛知県の保健所 - 愛知県
県立の保健所について、保健所ごとに紹介します。

食品営業許可申請書・営業届(新規・継続)※エクセルファイルがダウンロードされます。

https://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/381367.xlsx

まとめ

テイクアウトを始めるために必要な許可が分かりましたでしょうか。無許可で営業をしていて「知らなかった」では済ませられないので、事前にきちんと確認しておきましょう。

もし新しい営業を開始するときや、迷ったときは管轄の保健所に相談することをオススメします。必要な許可をきちんと取得して需要の高いテイクアウトを上手く活用していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました