店舗の内装工事の坪単価や平均予算はいくら?費用の内訳を詳しく解説します

照明設置前の工事中の内装 店舗テナント契約時のポイント

店舗の立ち上げや改装で必要となってくるのが内装工事です。店舗の内装工事は細かく分けられているため、工事費用の内訳を知っておきましょう。

この記事では内装工事にかかる費用の内訳から、業種別の坪単価の相場を紹介します。坪単価や平均予算はあくまで目安となりますが、内装工事ではどのくらい費用が必要なのか、予算感の参考になれば幸いです。

店舗の内装工事にかかる費用の内訳

店舗の内装工事にかかる費用の内訳

店舗の内装工事は大きくわけると3つに区分されます。これから紹介する工事費の合計が、内装工事費として請求されるので、内訳をあらかじめ知っておけば削減できるところも見えてくるでしょう。

設計費やデザイン費

店舗の内装工事にかかる費用の内訳

内装工事にかかる設計費やデザイン費が内訳として計上されます。具体的には店舗のデザインや設備の配置を決め、パース画や図面を作成する為の費用です。

この費用は依頼する設計事務所によって算出方法が異なります。席数や人の動線から、コンセントの位置や棚のドアの数までもが基本的にここで決まります。

総費用から算出する場合

デザイン料を内装工事の総費用から算出する場合は、工事費の10~15%が相場です。この金額は、JCD(一般社団法人商環境デザイン協会)が提示するデザイン料の基準にもなっています。

坪単価から算出する場合

もう一つは坪単価から算出する方法です。こちらは店舗の坪数に設計やデザイン費の単価をかけ合わせたものが請求されます。この場合、「スケールメリット」という概念は覚えておきましょう。

スケールメリットとは、工事の規模が大きくなるほど、坪単価は低くなるという意味です。つまり、仮に物件の立地や状態などの条件が同じだとしても、10坪より50坪の方が坪単価は安くなります。

1坪=約3.3058㎡ 約畳2枚分

人件費から算出する場合

最後は人件費から算出する方法です。この方法はおもに特殊な技術が必要な場合に用いられることが多く、工事に関わった人数によって費用が決まります。また、特殊な技術を使うことから、技術料が別で追加される場合がほとんどです。

内装や設備工事費

内装や設備工事費

店内全体の工事が入る内装や設備工事は、坪単価から算出されることがほとんどです。坪単価は業種によって異なりますので、のちほど詳しく相場を紹介します。また、内装や設備工事費は、物件の状態によっても坪単価に変動があるのが特徴です。

スケルトン物件と居抜き物件の違い

スケルトン物件と居抜き物件の違い

まっさらな状態のスケルトン物件は、設備などをイチからそろえる必要があるため高くなりがちです。また、見落とされがちですが電気・水道・ガス・空調・排気などの設備工事も必要になります。その代わり、自由な設計ができるため、理想の店舗デザインにすることができます。

反対に、ある程度設備が整っている居抜き物件は、同業種であれば安く抑えられるのがメリットです。借りる物件の設備に大きな変動がなければ、工事費を抑えられるでしょう。ただし、レイアウトなどを大きく変更する場合は一度解体工事を挟むため、スケルトン物件より高くなってしまうケースもあります。

テナント物件の種類とメリットデメリット

メリット デメリット
スケルトン物件 ・デザイン設計の融通がきく ・内装や設備工事費用が高い
・工期が長い
居抜き物件 ・内装や設備工事費用が安い
・工期が短い
・デザイン設計の融通がききづらい

備品購入費

備品購入費

内装工事の一環として、備品購入費も請求に含まれます。設備機器によっては設置費も別に請求されるので、事前に相場を確認しておくといいでしょう。もし自分たちで用意できるものがあれば、見積もりのときに省いてもらうのといいですね。

飲食店で必要な備品を例にあげてご紹介します。なお、備品の揃え方は新品・中古での購入、リース契約といった方法があるため、どれを選択するかで価格は変わりますのでご注意ください。

(例)飲食店で使用される備品の価格相場

新品の相場 中古品の相場
ガス台 8~15万円 5~10万円
フライヤー 10~15万円 5~10万円
業務用冷凍冷蔵庫 30~60万円 20~30万円
製氷機 10~20万円 8~15万円
業務用食器洗い機 35~45万円 20~30万円
シンク 3~10万円 ~5万円

坪単価や施工費など店舗設計の費用区分に関しましてはこちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひこちらもご参照ください。

業種別に紹介!店舗内装工事の坪単価相場

ここからは業種別に内装工事の坪単価相場を紹介します。業種によって坪単価は大きく変わってくるので、自分の店舗がどの業種に当てはまるのか確認してみましょう。

飲食店の坪単価

飲食店の内装設計の坪単価

飲食店は展開する種類によっても、坪単価が大きく変わってきます。また、設備計画の内容にも大きく左右されます。一つの目安として、デザイン性と機能性を必要とされる場合の目安をご紹介します。

また、飲食店で内装工事を依頼する場合は、店舗の広さと必要な厨房設備によって大幅に変動することを覚えておきましょう。基本的に坪単価は、店舗が小さくなるほど上がります。

例:スケルトン物件から設備も含めた居酒屋を計画する場合

デザイン性と機能性を兼ね備えたこだわりたい:60万~80万
コスト重視でとにかく安く収めたい:40万~50万
坪単価20万などで店舗を計画された場合:ほぼ満足がいく店舗はできないでしょう

物販店の坪単価

物販店の坪単価

物販店が安く抑えられる理由は、特別な設備機器がほとんど必要ないこと。物販店で必要な設備といえば商品を陳列するショーケースなどですが、ほかの業種よりも比較的安いので工事費がそんなにかかりません。

とはいえ、宝飾品店など高級感を演出しなければいけないような店舗は例外です。そのような店舗は坪単価100万円ほどかかることもあります。物販店は扱う商品によって相場がかなり変動するのです

例:坪数10〜30坪のスケルトン物件から服飾品店を計画する場合

内装の素材に拘るなどデザイン性に富んだ設計にする場合:50万円〜
デザインがされており満足感が味わえる設計:40〜50万円
内装等に特にこだわりがない:坪単価30〜40万円

美容関係の坪単価

今回紹介する業種のなかでいちばん坪単価が高いのが美容関係。物販店と違い、美容関係は必要な設備が多いことが高い理由の一つです。とくにエステティックサロンの場合は大型機材がメインのため、美容室よりも高めになるケースが多くなります。

だからといって機材のランクや数を減らすのは、おすすめできません。あまりに質素だと集客へも影響してくるため、予算が足りない場合は内装をシンプルにするなど、ほかの費用で節約できないかデザイナーと話し合ってみてください。

例:坪数20~70程度の美容室を計画する場合

一般的な美容関係の坪単価:40〜80万円
ザイン性にこだわった高級店を設計する場合:80万円〜
坪単価30~40万円でも設計は可能ですが、色々と妥協する必要があるでしょう。

店舗の内装工事を考えるときの大切なポイント

工事の予算を決めておく

工事の予算を決めておく

内装工事を依頼する前に決めておきたいのが予算です。早い段から建築設計事務所に相談して、おおまかな予算感を把握しておきましょう。

予算が決まれば、基準点が見えるので、予算の組み換えもしやすくなります。なお、内装工事費用はローンが組めないと考えておきましょう。現金払いが難しい方は、金融機関から融資を受けるのが一般的です。

デザイナーとの打ち合わせは入念にする

デザイナーとの打ち合わせは入念にする

依頼するデザイナーが決まったら本契約を進める前に、入念な打ち合わせをしてください。お店のコンセプトはもちろん、客層やテーマなど考えていることを伝えるのは大切です。

デザイナーは依頼主の要望をもとにレイアウトや材料を選ぶので、納得いくまで話し合ってみましょう。ここで親身に真剣に相談にのってくれるデザイナーを選ぶようにしましょう。もちろん、私たち株式会社TOにもお気軽にご相談ください。

物件の状態を把握しておく

物件の状態によって費用が変わることを把握しておく

費用の内訳でも軽く説明しましたが、坪単価は物件の状態によっても大きく変わります。まずは契約する物件がスケルトンなのか居抜きなのか、ご自身でも把握しておいてください。

また、物件を借りるときは同業者が利用していたところを狙って探してみるのがいいでしょう。ただし、同業者が撤退した理由は必ず把握しておきましょう。同じ過ちを繰り返さない工夫が必要です。

店舗の内装工事は業種や坪数によって坪単価が大きく変わる

店舗の内装工事は、単に固定された坪単価から算出されるわけではありません。必要な設備や店舗のイメージによっても大きく異なるので、施工業者と話し合って決めていきましょう。

株式会社TO(ティーオー)は、店舗デザインを得意とするデザイン事務所です。お客様にとって「心地よい空間とはなにか」という問いに対して真摯に向き合い、お客様に最適なプランニングをしております。

ご相談いただくお客様の中には、店舗デザインに関わったことがない方も多くいらっしゃいますので、「要望の伝え方がわからない」という方も安心してご相談ください。

また、コロナ禍での店舗改装リニューアルや新規出店の記事やコラムはこちらでまとめています。こちらも合わせてご参照ください。

店舗テナント契約時のポイント建築デザイン設計費用の計算方法
私たち株式会社TOについて

株式会社TOは、愛知県名古屋市とニューヨークに拠点を構える建築設計事務所です。飲食店、居酒屋、寿司店、バー、オフィス、美容室、物販店、クリニック、古民家改築など、主に商業施設の建築デザイン設計を承っております。

当社は企画から施工までを一貫して請け負うことができる建築設計事務所です。施工については、私たちの信頼するパートナー企業や施工会社に、責任を持って発注代行いたします。新規オープン、リフォーム、リニューアルいずれも対応可能です。

私たちは「役に立つデザイン事務所」として活動をしています。建築デザインのご相談、開業手続き、物件の選び方、ターゲティング、開業資金の調達など、店舗開業に関する幅広いご相談を承っております。ご相談は無料で対応させていただいておりますので、メールまたはお電話にて、どなた様もお気軽にご連絡ください。
株式会社TOをフォローする
名古屋市の建築デザイン設計事務所株式会社TOのスタッフブログ
タイトルとURLをコピーしました